技術

2021年11月 5日 (金)

自動車用バッテリー(No.5377)

202108041029370 写真のようなバッテリーのラインナップ。

車が進化しそれぞれの特性を持つとそれに適したバッテリーが開発され選択が必要となる。

先日我が家の車のバッテリーが上がってしまい、買い求めた際の陳列状況をみて驚きました。一般的なバッテリー以外に、「充電制御システム搭載車用」「アイドリングストップ搭載車用」「ハイブリッド車用補機」の区分があり、それぞれの区分内にグレード毎に製品が展示されている。自分の車がアイドリングストップであることを思い出し、なるほど頻繁にモーターでスタートさせるにはタフなバッテリーが必要だと気付きました。

【KAZの視点】脱炭素化により自動車の動力が変化すると区分はどのように変わる?

【今日のダジャレ句】 バッテリー 機能多様化 したようだ

2021年9月20日 (月)

バーミキュラーライスポット(No.5339)

202109161412320 写真のような外観の調理機。

炊飯器の機能以外に、無水調理、炒め物、低温調理、等ができる。保温機能は無し。

「炊飯のために進化した鋳物ホーロー鍋と、火加減調節を自動化する理想的な熱源の組合せによって、鍋炊きご飯の美味しさを手軽に楽しめる究極の炊飯器」とPRされている。理想の炊飯には一般的な炊飯器にある保温用の蓋を無くす必要があったとか。熱の伝わり方をコントロールするトリプルサーモテクノロジーとかまどのように立体的に加熱するラップアップヒートテクノロジーが採用されているとか。

【KAZの視点】専門的な分析で「美味しさ」と「炊き方」の相関を説かれても???

【今日のダジャレ句】 炊飯器 技術進歩し 垂範し

2021年8月18日 (水)

ポータブル発電機(No.5311)

202107221058300 写真のような機械。

緊急時に活躍するガソリン/LPガス両用可能発電機、50/60Hz切り替え可能。

大型大電力発電機なので、行政機関や企業の備蓄としても使える。何せ始動時8750ワット、稼働時7000ワット(ガソリン使用時)という迫力。重量は約90Kg、タイヤ付きで一応「ポータブル」と表示されている。生活や仕事や娯楽、何でも使えるとPRされている。まあこれだけ容量があれば使い道は色々です。エンジンサイズは389CC、4ストローク、ガソリン容量23.1Lで最大9時間稼働とか。コストコで遭遇。

【KAZの視点】大は小を兼ねる、一家に一台は贅沢で数軒で共同購入が良いかも。

【今日のダジャレ句】 発電機 実績出れば 初伝記 (>_<)

2021年5月22日 (土)

畝立てマルチ作業(No.5234)

202105121047150 トラクターを使った農作業。

畝が形成され、同時にマルチが被され効率的に作業が進む。我が家の前で遭遇。

畑作りにおいて、「畝」は排水性や通気性が良くなり野菜を作る際必要です。その上に被せる「マルチ」は地温を上げる、風雨等による土の飛散流出防止に効果がある。本事例は二つの畝を同時に作ってしまう方式で更に効率が良い。専用のツールがあるのだなと感心しました。ロール状のマルチ材を繰り出し、成形した畝に被せた後に両サイドから同時進行で土を被せる機構。右側の人はその付随作業をしているらしい。

【KAZの視点】植え付ける部分のマルチへの穴開けや苗植えも同時に済むようになるかも。

【今日のダジャレ句】 畝づくり マルチ同時に 良さそうね

2021年5月 4日 (火)

自動車による給電(No.5220)

202105031812310 会場電源を自動車から供給している。

屋外で開催中の MUSIC LIVE で遭遇。燃料電池車MIRAIから給電コードが出ている。

GW期間に駿府城公園で行われている「SHIZUOKA PICNIC GARDEN」で遭遇。トヨタの「MIRAI」は水素を燃料とするFCV(燃料電池車)、その性能をアピールするには良い機会です。会場の照明や音響の電源をサポートしている模様で、傍らには宣伝のためののぼり旗が立っている。停電時には威力を発揮し、給電設備のない場所でのイベント開催には有益だと実感。但しまだまだ我々の身近に感じる価格では無いです。

【KAZの視点】脱炭素社会の原動力となるよう、技術開発と低価格化に期待。

【今日のダジャレ句】 待望す 車の未来 来るまでは

2021年4月24日 (土)

芝刈りの無人化(No.5212)

202104241504170 自動芝刈り機が活躍している。

芝刈り機能を有す小型車が縦横無尽に庭園内を走行中、袋井市の北の丸で遭遇。

家庭内には自動掃除機が普及してきましたが、それの芝刈り機版。過去にある展示会で装置そのものを見ましたが実際に稼働している姿を目撃できました。従業員の方にお聞きすると、園内の各ポイントに信号授受装置が配置されており、正確に無駄なく動くらしい。池の縁ギリギリまで到達するが落ちる不安は無いとのこと。黙々と動く姿を見ると少々愛おしくもなりました。人が作業していると邪魔に思えるのに機械だけだとそう感じない不思議。

【KAZの視点】敢えて障害物を設置しアクロバティックに動くショーにして客を喜ばせたい。

【今日のダジャレ句】 芝刈り機 無人の助け しばし借り

2021年3月12日 (金)

パルスオキシメーター(No.5175)

202102201111560 血液中の酸素濃度測定器。

原理は簡単でLED光を指先にあてその透過度を測定する、指先の動脈の量や脈拍数も把握出来る。

酸素を運ぶヘモグロビンが酸素と結合すると色が変わり、光の透過度が変化する、これを演算して酸素飽和度(SpO2)を算出表示するらしい。また環流指標(PI)は指の先まで動脈がまわっているかを示す数値とのこと。脈拍数は一般的。後者二つは動脈は厚みが変動するが静脈はほとんど変化しないことから算出するということを知り、なるほどよく考えられたなと感心。コンパクトな装置にこれだけの機能を詰め家庭でも使えるとは凄い。

【KAZの視点】鼻をクリップすると花粉症反応を数値化できるアレルギーメーターが欲しい。

【今日のダジャレ句】 指で知る 酸素濃度は 能動的

2021年2月16日 (火)

自動調理機(No.5154)

202102021156190 写真のような円筒状の設備。

内面の壁に一枚の羽根が取り付けられた円筒が熱せられ回転する。某中華料理店で遭遇。

あれは何だろうと眺めていると店員さんが内面に油をひき、野菜と調味料を投入後間もなくして完成。黒いハンドル部を手前に倒すと用意した皿に野菜炒めが払い出される仕組み。別の場所には内部の羽根の形が異なるものがあり、こちらはヤキソバを調理していました。なるほど野菜と麺では動き方が異なり、同じ仕様では上手に調理ができないのでしょう。専門家が試作、研究により編みだした最適な条件で設計されていると推測します。

【KAZの視点】自動化が更に進み、AIが駆使され完全自動の調理機が出来る。

【今日のダジャレ句】 調理機が 自動で料理 超利器よ

2021年1月19日 (火)

工事用コーンのライト機能(No.5130)

202101081528200 コーンに取り付けた灯りの制御機能。

所定の時間になると一斉に点灯する、消費電力は日中にソーラー発電で蓄える。

商品名「ソララ電波セレナイト」と表示されている。最上面にソーラーパネルがあり、日中に蓄えた電力を使い暗いときに点灯することは容易に想像できました。調べてみると電波時計の受信機能を有しており正確な時間を把握出来るので、設定した時間に点灯、消灯ができる優れものだと判明。複数個の工事灯が同期して点滅するとは流石です。これらは連結されていないのに連動する、ちょっと不思議な感じになります。

【KAZの視点】自動車にもこの機能を持たせれば夕方一斉にヘッドライトを点灯させられる。

【今日のダジャレ句】 セレナイト 機能を磨き 競れないと

2021年1月12日 (火)

ミニハウス骨組み設置作業(No.5124)

202101081438060 特殊機械を使って行う作業。

ミニビニルハウス用の骨組みをアーチ型に変形させて地面に打ち込む、専用機械が活躍している。

葉物野菜を育てる際、簡易型ハウスで覆う必要があるようです。四輪を備え定ピッチで前進しながら骨組み素材を一本ずつ打ち込んでいく。”定ピッチで均一の曲げ方をしながら”作業するには人間の力ではかなりの負荷になり、専用機械の出番なのでしょう。作業をしている方がスイッチを入れることによりギュっと曲げて同一の力で地面に突き刺す。ニーズがあれば専用の機械が開発供給されるのだなと思いました。

【KAZの視点】この後ビニルを被せたり、収穫後撤去する作業の機械化は無理かも。

【今日のダジャレ句】 骨曲げて 打ち込む作業 ほね折れる

より以前の記事一覧