未分類

2019年12月31日 (火)

コックピット見学(No.4811)

201910281129050 ボーイング787初号機の操縦室の見学。

セントレアのフライトオブドリームズで遭遇、最新式の計器類が実感出来る。

男性なら大半の方は飛行機を操縦してみたい欲求を持たれるのでは。実際どんな装置と計器があってどんなことを考えながら操縦するのでしょうか。最近はフライトシミュレーターなるものがありちょっとした真似事は可能。あれだけの大きな機械をこの一箇所で全てコントロールするのですから大変です。但し最新式は電子化、自動化、IT化が進み、人間工学的な配慮もあり個々の説明を受けられたら研究ネタは尽きないでしょう。

【KAZの視点】宇宙ロケットやステーションの操縦室展示と疑似体験を味わいたいもの。

【今日のダジャレ句】 操縦の 雰囲気分る そう十分

※今年も当ブログにお付き合いいただきありがとうございました。良いお年をお迎えください。

2019年12月29日 (日)

路面電車コーナー(No.4809)

201912160951120 図書館内に設置された特別コーナー。

富山市立図書館で遭遇、全国的にも特徴のある街づくりのPRにもなる。

富山市の路面電車は新型車両の導入が進み、全国的に有名です。市民の意識を高めたり、観光客に公開する等価値のある施設だと思いました。全国や海外の路面電車、鉄道史など路面電車にまつわる本が約200冊あるほか、ポートラムの模型が展示されている。富山市の路面電車は他にセントラム、サントラム、の名称があり、低床式でカラフルな車体が特徴。図書館という公共の場に知識のストックがあればPR効果が高まる。

【KAZの視点】ユニークな街おこしをしている自治体が同様な活動をおこす。

【今日のダジャレ句】 図書館の 特別区画 意味深く

2019年12月28日 (土)

メディキュア(No.4808)

201912060857430 写真のような入浴剤。

「特に疲れがたまった時に」と呼びかけ、「高濃度炭酸」効果を訴求している。

通常のバブより一回り大きな固形剤で、確かに若干泡の発生量が多く感じました。但し疲れへの効果はなかなか実感レベルでは感じられない。世の中の商品には特別にパワフルな仕様にしたと訴求するものが多いです。やはり効果に満足しきれず、強い成果を期待する人間の心理の表れでしょう。外観が大きいとか、見た目に分るようにしないと消費者にはメッセージが届かない。メディカルとキュアの造語のメディキュアもしかりです。

【KAZの視点】「強さ×長さ」で総量が決まるので持続時間の長さもうたって欲しい。

【今日のダジャレ句】 高濃度 効果高める 効能度(^_^)v

2019年12月27日 (金)

移動式サウナ(No.4807)

201912161109100 サウナトレーナーの商談販売。

普通自動車で牽引可能な仕様、薪式サウナヒーターを装備したトレーナー。

中は一坪ほどの空間、ヒーター以外に木製ベンチが装備されていました。左右二輪式で前後に自立用の足がついている。これを使って出先でサウナビジネスをするのでは無く、個人的にでかけるキャンプ場で使うものらしい。サウナ発祥の地フィンランドから輸入している。よほどサウナが好きな方でないと購入はできないかも。寒い冬にキャンプ場に出かけ自然の中でサウナに入るなんて、なかなかできない贅沢だと思います。

【KAZの視点】大型バスにサウナ施設、湯船等一式を装備し、高級銭湯の出前ができないか。

【今日のダジャレ句】 移動式 買うなと言うな サウナ風呂 

2019年12月25日 (水)

観光ガイド装置(No.4805)

201912161106350 写真のような外観のガイド。

手前の円盤のハンドルを時計回りに10回回すと充電されガイド機能を使える。

インストラクションは以下のようになっている。「①音声ダイヤルを6つの言語から選択する、②ハンドルを10回回す、③ガイドを聞きたい5箇所のボタンを押す、④ランプが点滅⑤音声案内が始まる、」。大した電力は不要で通常の電気を供給する選択もあるでしょうが、自家発電にこだわったようです。最近でこそSDGsと称されそのニーズは高まっていますが一昔前からも省エネは意識されている。富山城址公園の入り口で遭遇。

【KAZの視点】数名で力を合わせ夜のライトアップを行う設備が主流になる?

【今日のダジャレ句】 手回しで 電力おこす 全力で 

2019年12月24日 (火)

スノーグリッパー(No.4804)

201912011644490 雪道対策グッズ。

右のものは雪道用スパイクタイプ、左は簡易タイプ。共に普通の靴に被せて使う。

部分的に改質するのは発明の常套手段。必要な時だけこれを被せれば良いので重宝です。雪の質やレベルによって靴の底の最適形状は変わるので選択肢があるのも頷ける。しかし今年は極端な暖冬であまり雪が積もっていないらしく、このような商品は大きな打撃を受けるのでは。基本的に黒いゴム製、ゴムというのは弾力の王様で摩擦力もあり我々にとって無くてはならない材料だと感心します。タイヤができなければ車も走れない。

【KAZの視点】その日の要求にあわせて表情を作るお面ができたら面白い。ゴメン!

【今日のダジャレ句】 雪道用 機能着脱 役立つね

2019年12月13日 (金)

デラックストイレ(No.4798)

201910312111140 写真のようなトイレ空間。

ガラス越しに生活空間が再現されている。刈谷ハイウェイオアシスで遭遇。

ネットで調べると様々なシーンが出ており、定期的にこのスペース内の配置物やレイアウトを変えているもよう。実際にガラス越しの空間で人が生活しているのでは無いのですが、とても奇妙な気分になります。もしも人がいるなら彼らに向かってする気分、向こう側の人はどんな気持ちでこちらを見つめるのだろうか。遊び心であることは確かですが、単なる壁では無くスペースがあるということで開放感を生み出している。

【KAZの視点】いっそのこと陶磁器の便器も透明なガラス製にしたらどうか?

【今日のダジャレ句】 ガラス越し 見られるトイレ 引ける腰 

2019年12月12日 (木)

笙(しょう)(No.4797)

201911251152500 雅楽に欠かせない楽器。

頭(かしら)と呼ばれる椀型のものに17本の竹を差し込んだ形、リードが振動して音を出す。

ある神事でこの音を聞いて惹かれるものがあり、奏者の方に現物を見せていただき説明を受けました。一番関心があったのが音が途切れずどのように息継ぎをしているのか。答えは簡単、吸っても吹いても音がでる、ハーモニカと同じ原理でした。邦楽器の中で唯一和音を奏する楽器らしい。但しリードが湿りやすく演奏前に電熱器などで暖めないと良い音が出ないらしく維持管理がたいへんそう。ちなみに左側にあるのは楽譜で素人には解読不可能。

【KAZの視点】雅楽とその楽器を保存すべく、身近な音楽教室で流行らせてほしい。

【今日のダジャレ句】 しょうの音の 使用機会を 維持しよう

2019年12月 9日 (月)

大嘗宮一般参観(No.4794)

201912010930520 大嘗祭が行われた建物の一般公開。

令和天皇の皇位継承の宮中祭祀が行われた場所を一般人が見られる機会、昨日で終了。

めったに無い機会なので大変な混雑でした。私が参観した12月1日は約7万人が訪れたとのこと、多数の警備担当者が人混み整理に苦労されていました。「写真撮影は動きながらお願いします」とか「後から来る方は皆さんが動くのを待っています」等々様々なメッセージが発せられていましたが、効果は不明。近くに行くと自分の意思では動けないような状況。フィルムカメラの時代だったらさぞかし写真フイルムが売れたろうにと感じました。

【KAZの視点】参観期間を増やせば皆ハッピー、でもその分価値が下がるという見方もある。

【今日のダジャレ句】 人混みで うまく避けたい 詰め込みを

2019年12月 8日 (日)

ミニチュアハウス(No.4793)

201912011643050 家や店などのミニチュアができる手作りキット。

材料や道具がすべてセットされ、切って貼ってで完成する、多種揃っている。

内容物は、紙・木・布などの材料、LED電球・配線・ボタン電池、絵の具・筆・液体のり・ピンセット、等々。説明書通りに工作すれば完成する。家具・小物の配置や花の数・布のアレンジなどは自由にでき、個性を主張できる。写真は「ミニハウスルーフトップ」という製品ですが、『日を浴びるソファータイム、フラワーステアーズに上って露天バルコニーでくつろげる時間』などをイメージしながら楽しめる。

【KAZの視点】各航空会社のファーストクラスを再現できる「ミニチュアキャビン」を希望。

【今日のダジャレ句】 ミニチュアの 手作りキット きっと見に

より以前の記事一覧