未分類

2019年9月18日 (水)

日本のお土産(No.4721)

201908251248400 写真のような商品。

ラグビーワールドカップの公式グッヅのひとつとして売られている。

袖の無い羽織とでも呼ぶのでしょうか、柄や襟の形、縁取り等が和の雰囲気で外人さんには好まれそう。ベストとか羽織とかちょっと上から着るタイプの服は各種ありますが、これは保温性や風をよける機能はほとんど無く一種のアクセサリーのような物。但し身にまとうことにより、自己主張は可能。胸に公式エンブレムが付いているので価値が増す。やはり応援に来日する外国人には価値がある?

【KAZの視点】外観がラグビーボールに見える上着のデザインはできないものか?

【今日のダジャレ句】 お土産に 和風の羽織 吾は居り(>_<)

2019年9月14日 (土)

セブンハーツ(No.4717)

201907201144020 七色の入浴剤のセット。

お湯に入れるとカプセルが溶けて湯色が乳白色になり香りがバスルームに広がる。

植物の葉や花、果実などから抽出されるエキスや植物油を取り入れた入浴料。ラベンダー・ローズ・シトラス・アプリコット・グレープフルーツ・グリーンアップル・ベリーの7種類の香りも楽しめるとのこと。プレゼントに使える商品といえる。7種なのでちょうど一週間で使い切れるとか、ラッキーセブンのセブンにも通じる。虹の七色とはちょっと異なり紫が無くピンクが加わっている。

【KAZの視点】スペードやクラブは成形が難しい、ダイヤは面白みが無い、ハートに落ち着く。

【今日のダジャレ句】 ハート型 はっとするよな 入浴剤 

2019年9月 7日 (土)

寄りかかり椅子(No.4712)

201908261233390 写真のような仕様の椅子。

座れるわけではないか中腰で寄りかかれる、東京モノレール10000形車両で遭遇。

椅子をつけるだけのスペースは無い、といって背もたれだけではサービス精神が無い。という背景でしょうか、中腰でもたれかかれば少しは楽です。東京モノレールは当初は羽田空港利用客が主たる顧客だったようですが、近年は沿線に様々なエリアが形成され通勤客が増えたようです。乗車時間も短いことから座席の確保より立ったままでの移動でも快適な環境を作りたい意識の表れかも。

【KAZの視点】身長や体系により有難味が異なる、高さが変えられる仕様ならよりグッド。

【今日のダジャレ句】 寄りかかる 設備費用は よりかかる(^_^)v

2019年9月 6日 (金)

ロールアップドラム(No.4711)

201908251805290 スピーカー内蔵の電子ドラム。

丸めて持ち運びが容易、全9パッドと2つのフットペダルからなる。

様々な電子楽器がありますが、ドラムセットほど外観を変えるものは無いのでは。別途アンプを準備する必要は無く、持ち歩いた先で容易に演奏を楽しめる。ヘッドホンを利用すれば音を出せない環境下でも周りを気にせず演奏できる。子供も大人も楽しめるおもちゃという触れ込み。スマホから好きな音楽を飛ばしてセルフセッションしたり単なるスピーカーとしても使える。

【KAZの視点】電子楽器があるのなら電子キャンバスとか電子彫刻で芸術活動が身近になる。

【今日のダジャレ句】 電子式 ドラム喜ぶ どら息子(>_<)

2019年9月 4日 (水)

ウォールランプスティッカー(No.4709)

201908251757560 壁に貼り付ける豆ランプ。

写真のような絵柄が印刷されているスティッカー、振動で点灯。LED製。

振動でスイッチが入り30秒後に自動消灯するシロモノ。ドアノブの近くに貼っておくと、振動を与えることにより30秒間光ってくれるので暗がりでの使い勝手が良くなる。使用する際は離型紙を剥がし、絶縁シートを引き抜くとスタンバイ状態になる。約1000回点灯可能で電池交換はできず使い捨て。ランプスタンドやウォールランプのデザインが各種そろっておりそのシルエットが楽しめる。

【KAZの視点】筋肉痛用の湿布にランプを内蔵し定期的に点灯するガジェットは売れない?

【今日のダジャレ句】 貼り付けて ランプ点灯 店頭で

2019年8月30日 (金)

滑走路の構造(No.4704)

201908282214070 羽田空港D滑走路南西部の下部構造。

埋め立て時に多摩川の流れに影響を与えないよう無数の金属柱で支える構造を採用。

先日の東京湾観光で遭遇、海上から見ると一目瞭然でした。空港のキャパシティーを上げるために滑走路を増やすには埋め立てしかない、但し生態系保護のために多摩川の流れをせき止めるわけにはいかない。北東部は普通に埋め立てて陸地にすれば良いが、こちらは上記方法を採用(説明図のブルーの部分、左側から多摩川がそそぐ)。実際に潜水調査した結果、多くの魚が泳ぐ生態系が維持できているとのこと。

【KAZの視点】ぐるりと回りを支持して海面に浮いた滑走路はやはり無理なのかな。

【今日のダジャレ句】 滑走路 橋桁式の 発想で 

2019年8月29日 (木)

記念ラグビーボール(No.4703)

201908251247030 写真のようなラグビーボール。

来月から始まるラグビーワールドカップのオフィシャルショップで遭遇。

2019年ラグビーワールドカップ公式レプリカミニボールというシロモノ。いくつかデザインがあり参加国名が入っている。オフィシャルショップは大賑わいで、ラグビーボールは象徴的なグッズといえる。何せラグビー自体がまだ日本ではマイナー、格闘技とも言える激しいスポーツをやったことがある人はまれでしょう。この機会に一体どんなボールを使っているのかレプリカでも接してみたくなります。

【KAZの視点】空気を入れない状態で流通しているのは賢明、保管場所による選択可能。

【今日のダジャレ句】 記念品 勝利祈念し やる気ねん!

2019年8月27日 (火)

オサメット(No.4701)

201906181322520 携帯式防災用ヘルメット。

伸縮式なのでコンパクトに収納できる。書店平積み展示で遭遇。

折りたたみ式のコップのような構造、しかし一般的なヘルメットの外観にこだわった商品。組み立てられるということは折りたためるということで強度的に大丈夫なのか気になるところ。やはりコンパクトで収納しやすい点は魅力です。通常のヘルメットの場合大半が空間なので場所をとり扱いにくい、この問題を解決している。ネーミングも面白く、「収める」ヘルメットを意味しているのでしょう。

【KAZの視点】同じく防災用の掛矢(大型木製ハンマー)も折りたたみ式にできないか。

【今日のダジャレ句】 オサメット 小さく収め 見納めか(>_<)

2019年8月24日 (土)

霧吹き扇風機への給水(No.4700)

201908081158140 タンクに水を補給する作業。

霧吹き扇風機の足下にあるタンクに水を補給する。定期的に巡回している。

昨今の猛暑の中で屋外イベント等で重宝されるのが霧を吹く設備。パイプから圧力で噴き出すものや、扇風機と一体となって霧を風で飛ばす本事例のものなどを見かけます。常設型や規模の大きいものであれば水道管を使って常時給水する方法も考えられるますが、仮設として移動を可能にするためには足下にタンクを有する方式となる。タンクを満タンにすれば装置の重心が下がり安定する。

【KAZの視点】補給する水に少し混ぜるだけで冷却効果の上がる鼻薬はできないものか。

【今日のダジャレ句】 霧吹き用 水の補給は 不器用に

2019年8月23日 (金)

ミニアイロン(No.4699)

201906181304070 写真のような超小型のアイロン。

大きさが10×6×5センチで重さが250グラム程度、携帯に便利。

これほど小さいアイロンが売られていると知りました。「コンパクトにする発想」は大抵のものに通用します。片付けるのに場所をとらない、持ち運びできるので旅行用に使える、等が主たる理由でしょう。トレードオフとなる制約があるのが一般的で、本製品の場合、ハンドルの強度が落ちる、温度が上がるまでに時間がかかる等の制約がありそうです。それらのデメリットを承知で使えば有り難いものになります。

【KAZの視点】電熱器を使わず、光とか超音波で熱くする方式のアイロンが生まれる。

【今日のダジャレ句】 ミニアイロン とても身軽な 身に会いて

より以前の記事一覧