日用品

2023年1月23日 (月)

あつさ3ミリのサイフ(No.5713)

202301021552560 写真のように売られている財布。

わずか厚み3mm、重さ40gの超軽量のシンプル財布。薄さが最大のウリ。

日本の1万円札の大きさに合わせたサイズに、カードを6枚縦一列に並べた斬新なデザイン。横長に広い小銭入れは、見た目よりも収納力があり取り出しやすく収納もしやすい。流行のミニバッグに入れても場所をとらず、スーツの内側のポケットに入れても膨らみにくい。" 厚くて重い財布は、もう持たない "とPRされている。最近はキャッシュレスの流れが増し、現金を多く持ち歩く必要性が無くなり、注目されニーズが増す可能性がある。

【KAZの視点】ネーミングがそのまま、しゃれた名前を付けたくなるがこれが良いのかも。

【今日のダジャレ句】 薄さウリ 財布の厚み 差異不屈 (>_<)

2022年12月28日 (水)

ドリップ電気ケトル(No.5705)

202212051132310 写真のような電気ケトル。

湯量を調節しやすい細口ノズルと、1℃単位で温度調整が可能な点が特徴のケトル。

1250Wのハイパワーですぐに沸きやすく、湯沸かし後選べる自動保温や、安心の空焚き防止機能、自動電源OFF機能などがついている。ドリップ用途に使いやすいように設計されている。赤ちゃんのミルクをつくりたい場合は100℃で沸騰後、ダイアルを操作し70度に設定し、HOLDボタンで保温時間を選ぶ。スタートボタンを押せばお湯の温度が100℃から自然に下がり、70℃になったら保温を開始する。電子ケトルも進化していると感じます。

【KAZの視点】水の性質(軟水、硬水)も自動的に変えられるケトルもできるかな。

【今日のダジャレ句】 ドリップに 電気ケトルは いけとるな (>_<)

2022年12月26日 (月)

タマゴっつん(No.5703)

202211291157380 半卵型のタマゴ割り器。

本物そっくりな見た目に近づけるため、陶器で卵の質感を再現している。

卵同士をぶつけると、片方の卵だけ横方向にヒビが入り割りやすくなる原理を応用。底面にタマゴの黄身と白身模様を入れたシリコーンシート加工を使用して滑り止めを施すことにより、滑りやすい場所でも扱えるようになっている。キッチンのアクセントにもなる商品。テレビ番組でケーキ職人が卵を早く割るために、卵同士をぶつけて割っている様子を見たことが開発のきっかけとなったとのこと。タマゴ独特の曲面が忠実に再現されているもよう。

【KAZの視点】自分の殻に閉じこもっている人がごっつんできる仕掛けができないか。

【今日のダジャレ句】 ごっつんで 殻を割りたい がっつんと

2022年12月23日 (金)

2wayこたつ(No.5701)

202212051125130 高さが変えられるこたつ。

ソファでも床に座っても使える2WAYこたつ。工具不要で高さが変えられる。

高くするとソファでPC作業や食事をするのに便利な高さとなる。低くすると和式となりみんなで囲ってくつろげる。高さは65cmと40cm、工具不要、継脚で変えられる。天板が固定できるので、こたつを使用しない春夏シーズンにはこたつふとんを使わずに天板と本体を一体化して通常のデスクとして使える。コード収納スペース付きなので、こたつを使用しないときに便利。 コードフック付きなのでこたつの中がすっきりする等がPRされている。

【KAZの視点】日本人のライフスタイルが和洋折衷になり本製品のようなニーズが生まれた。

【今日のダジャレ句】 高さ変え こたつの利用 ふたつでき (^_^)v

2022年12月14日 (水)

ポケモンテール(No.5693)

202212051118310 写真のようなマグネットフック。

ピカチュウなどのキャラクターの後ろ姿のフック。テール部分が自由に曲がりフックになる。

何てことないアイデアが面白い。後ろ姿でもそれと分かる有名キャラでないと受けないが、テール部分をフックにするとは。鉄板入りのテイルは折り曲げ自由で容易に曲げられる。かつ曲げた後もある程度の強度は確保できる。嵩張る商品は運搬や陳列時に場所をとってしまうが、本方式のように販売まではフラットなままで、使用時に曲げる発想は受け入れやすい。本製品はマグネット式ですが、吸着式で貼りはがしカンタンなぺったりフックもある。

【KAZの視点】くっつける、ひっかける、は物の整理の要素で本製品は両機能を有す。

【今日のダジャレ句】 ポケモンの テール折り曲げ 知っている?

2022年12月 2日 (金)

スリッパン(No.5685)

202211291158120 フランスパンの外見のスリッパ。

外見だけで無く内側もフランスパン然としている、手が込んだ商品。

食べ物をぞんざいに扱うなと親には教えられたことを思い出します。オモシロ商品としてはそこがウリですが。履き心地は、程よいクッション感があるとのこと、多分本物のフランスパンではそうはいかない。商品説明としては、「美味しそうな本物のパンみたいなスリッパです」や「本物そっくりの見た目にふかっとした手触りがたまりません」や「かごに入れてインテリアとしてもおススメです」等がある。まあその気になれば宣伝文句は作れる。

【KAZの視点】鼻緒の部分が眉毛状に見える「まゆげた」なるネーミングの下駄ができるかも。

【今日のダジャレ句】 スリッパが パンの外見 体験し

2022年11月16日 (水)

アニマルグラス(No.5671)

202211151253350 写真のような透明二重構造耐熱グラス。

二重構造のため断熱性が高く、透明で外形が動物の形をしているので楽しめる。

冷たい飲み物を入れる際は水滴がつきにくくなり、熱い飲み物を入れる際は熱すぎて持てないことが無くなる、等のメリットがあり、かつ断熱効果で温度を維持しやすい。動物の顔が逆さにはなるものの、入れる液体の色で顔の外形がくっきり出るのが面白い。比重と色が異なる液体をいれればまた違った効果を楽しめる。最低限のマーキングで表情は構成される。子どもと一緒にゼリーやプリンなどを作ったり、デザートカップとしても使えるらしい。

【KAZの視点】使う状態で逆さになっているのが玉に瑕、うまく蓋をして反転させたい。

【今日のダジャレ句】 動物の 頭浮き出て ウキウキし

2022年8月26日 (金)

マルチリング(No.5609)

202208210654020 スマホに容易に取り付けられるリング。

保持サポート+ストラップ機能があり、スマホケースの充電用穴を上手に活用している。

この手のアクセサリーは元々スマホにある穴を使うか、ケースにある穴を使うのが普通。本件、スマホ下部の充電用の穴から突き出させる点がユニーク。T字型のプラスチック製シート部品をスマホとケースの間に挟み、そこで発生する摩擦力と、T字部のひっかかりにより抜けないようにしてある。リングはT字型シート下部にある空間に後から通せば良い。上記により容易に装着可能で、その結果このリングにストラップを通したり指で保持できる。

【KAZの視点】上手いことを考える人がいるもんだと関心、使い心地もなかなかグッド。

【今日のダジャレ句】 アクセサリー 取り付け容易 用意でき

2022年8月15日 (月)

ウォールクロック(No.5599)

202203101352210 写真のようなデザインの掛け時計。

機能よりまずインテリアとしてのデザインが重視されており、見るからに自己主張している。

傍らに「スタッフお勧めランキング」が表示され、人気度が分るようになっている。最近ではデジタル式が幅をきかせているものの、壁掛けタイプは長針と短針で構成されれるアナログタイプの方が主流かと思います。ここに展示されているものは中央を除いて時刻を読み取りにくく、機能よりデザイン重視であることは明らか。スマホを始め各種機器に時計も付属しており、本製品群も主はインテリアで従が時計なのかもしれません。

【KAZの視点】丸型の本製品の中央部にデジタル表示時計を埋め込むとやはり不自然。

【今日のダジャレ句】 掛け時計 デザイン以外 ほっとけい

2022年8月 5日 (金)

スマホもメガネもふけるハンカチーフ(No.5591)

202202031426400 写真のようなふつうのハンカチ。

マイクロファイバー糸を使用しているので汚れが簡単に拭き取れます、とPRされている。

マイクロファイバー糸は平滑面についた汚れをそぎ落とすと一時流行になりました。しかし現在ではこのように当たり前に身近な素材として使われているようです。本商品のポイントは「スマホも」と表示されていること、メガネをしていない方はたいさんおられるでしょうが、スマホを持っていない方は最近では少ないのでは。従来は手や顔を拭く道具だったものがスマホにも使えることに価値を見出すユーザーも多いのではと推測します。

【KAZの視点】主従が逆転し、将来は「手も顔も拭けるハンカチ」とPRされる?!

【今日のダジャレ句】 ハンカチは スマホも拭ける わしゃ老ける (>_<)

より以前の記事一覧