日用品

2020年1月15日 (水)

カッパの足(No.4824)

201912011645170 携帯用長靴。

ビニール製で簡易底とファスナーのついたカバーからなる。

用途としてはガーデニングや自転車・バイクの乗車時、通勤・通学、急な豪雨・雪道、洗車時、またはスポーツ観戦などが考えられている。靴を履いたまま使えるのがミソ、というか靴の機能は別に必要で、雨とか泥よけの機能を付加するイメージ。携帯用〇〇とか簡易型〇〇という表現をよく見かけますが、常時必要で無い機能をその時だけアシストすると商品化できる例。ソール部の滑り止めや後部の反射シートもついている。

【KAZの視点】「水、雨」から連想される「カッパ」がネーミングに使われたのは面白い。

【今日のダジャレ句】 長靴を 携帯すると 名が苦痛 (>_<)

2020年1月 7日 (火)

アロマデガード(No.4818)

201912011653380 汗汚れを防止するシート。

Yシャツの襟の内側に貼って使い、使用後捨てるもの。いくつかの香りを含ませてある。

襟の汚れは厄介で洗濯にも骨が折れる。そんなニーズから生まれた商品。部分的に補強するとかカバーするという発明の手段がありますが、まさにその方法で発想されたたといえる。汚れたら剥がして別なものを貼れば良い。但し昨今の使い捨て文化への警鐘に対しては弱いかも。香りを含ませるのは自然の成り行きで、清潔感を香りにより助長する意図がある。かつ香りを長続きさせることは難しいのでこのような使い方がフィットする。

【KAZの視点】数枚重ねたタイプができれば、一枚ずつ剥がして使えるようになる。

【今日のダジャレ句】 襟汚れ アロマデガード 香りまで

2020年1月 5日 (日)

折りたたみ式メガネ(No.4816)

201910281326460 写真のようなメガネやサングラス。

中央で折り畳めコンパクトになる。専用のメガネケースも共に販売されている。

折りたたみ式の物は世の中に溢れており小さくなれば持ち運びや収納に良いことが多い。メガネは元々大きなものでは無いですがそれでも小さくしたいニーズがあることを示している。使用時の力のかかり方を考えるとこのように中央部から手前に向けて曲がるように設計するのが自然かと思いました。若干デザイン上悪化するとか重さが増すとかデメリットもあるでしょうがそれ以上にコンパクトさを大切にする消費者には受け入れられる。

【KAZの視点】ワンプッシュで閉じたりひろがったりする機構ができたら凄い。

【今日のダジャレ句】 折りたたみ 購入許可が おりたかな

2020年1月 1日 (水)

エコ湯たんぽ(No.4812)

201912011715360 かわいい外観の蓄熱式。

20分間の充電で最長8時間ぽかぽか。カバーはふわふわとしたもこもこ素材で肌触りが良い。

湯たんぽは既に死語だと思っていましたがまだ使われている。但しお湯を入れて使う原始的な方法からかなり進化している模様。充電と蓄熱の詳細仕様は不明ですが、蓄熱材として「弱塩化ナトリウム水溶液」を使っている模様。要は塩水だと思うのですがその温め方と保温にどのようなノウハウが隠されているのか興味深い。持ち歩きが自由になるように熱や電気を貯める仕組みを考えた成果だと思います。外観はバラエティー化可能。

【KAZの視点】電気ならぬ元気を体内に貯めておける方法を身につけたい。

【今日のダジャレ句】 蓄熱し ぬくぬくできる 群を抜く

2019年12月14日 (土)

ロングカクタス(No.4799)

201912011646200 写真のような形をした靴べら。

外観がサボテンのように見える、遊び心のある商品でスタンド付き。

サボテンをじっと見ていたらこれが靴べらに見えた方がおられたのか?この商品の誕生ストーリーが知りたいです。通常靴べらは扱いやすいように柄の部分を上にして吊されている事が多いですが、これはサボテンの鉢をイメージしたスタンドに立てて保管し室内のインテリアに使いたいため逆方向。よって使用時にひっくり返す手間が増えるのが玉に瑕。「明るく楽しく彩ります」とPRされていて、靴べら機能は二の次かも。

【KAZの視点】靴べらとして使う先端部以外の葉の部分の使い方も提唱してほしい。

【今日のダジャレ句】 カクタスが かくのごとくに 機能足す

2019年12月 4日 (水)

石焼きいも黒ホイル(No.4789)

201911171957520 美味しい焼き芋がつくれるホイル。

このアルミホイルに包んでオーブントースターで焼くだけで石焼き芋のように甘く焼ける。

普通のアルミホイルの片面が黒色で、熱を吸収しやすくなっている。黒い面を外側にして使用する。さつまいもは加熱するとデンプンが分解され麦芽糖に変化する。この分解を促進する効果が得られるらしい。普通のホイルより甘く焼ける以外に短時間で焼けるメリットもある。電気代を節約してかつ美味しい物がいただけるとはありがたい。デジタル全盛の時代にこのようなアナログ商品は貴重だと思います。

【KAZの視点】効率的に気持ちよく健康的な汗のかける「サウナホイル」はできないか。

【今日のダジャレ句】 黒ホイル 焼き芋つくり 胃もはいる

2019年11月25日 (月)

スマホカバー(No.4781)

201910291909370 様々なデザインのスマホカバー。

石垣島の土産物店で遭遇、沖縄らしさが伝わるデザインで趣向が凝らされている。

観光地で売られているお土産はその地に行ったと自己主張ができるもの。その証拠が身近で持ち歩けるものでアピールできれば売りやすい。最近のトレンドで言えばスマホカバーは大きな候補、というわけで賑やかでした。「NAHA」とか「okinawa」のように直接的なものや、名物の「オリオンビール」などをデザインしたもの等なんでもアリ。ただ機種によってサイズが異なり共用できないのが泣き所かも。

【KAZの視点】周辺観光地も含めた数種の格安カバーセットにすれば着替えて楽しめる。

【今日のダジャレ句】 土産物 自慢できたら 見上げ物 (^_^)v

 

2019年10月26日 (土)

ドラゴンバイトスタンド(No.4759)

201908251806460 端末をグリップし固定する道具。

スマホやタブレットPCに使える。柔軟なアームにつけて使い方色々。

アームは結構太く硬いので曲げるのに力が必要、但し剛性が高いので空中でしっかり固定できる。長さは70センチあり自由に角度を変えられる。カメラに使う三脚のように動画や写真を撮る際に使える他、これを利用して固定すればスマホを寝ながら使え、手が疲れずに済む。グリップは12~19センチ幅をバネにてつかむ。天板厚最高8センチまでネジで締め付けて挟める。基本的に、挟む物のある屋内で使う。

【KAZの視点】屋外で使うには三脚のように自立しかつ挟める部分のあるものが必要。

【今日のダジャレ句】 柔軟に 角度を変えて 確度上げ

2019年10月18日 (金)

衣類スチーマー(No.4751)

201906181305430 スチームを発生する電化製品。

左はアイロンとスチーマー兼用品、右はスチーマー専用品、ティファール製。

アイロンにスチームはつきものですが、スチームだけの製品もある。シワの原因は絡みついた状態で乾燥した繊維、これに水分を与えてほぐすことでシワを伸ばす原理。繊維の奥深くまで浸透する大量スチームを発生する機能がある。取り外し可能な水用タンクを下部に有し、効率的にスチーム化できる。アイロンタイプは台が必要ですが、スチーマータイプはハンガーにかけた状態のまま吹き付ければ良いのがウリ。

【KAZの視点】もつれた人間関係をほぐしたり、顔のシワを伸ばしてくれる道具を希望。

【今日のダジャレ句】 スチーマー 絡みをほぐし 辛味無し(>_<)

2019年10月 8日 (火)

水洗トイレ用芳香洗浄剤(No.4741)

201909301250460トイレタンクの排水口の上に設置して使う。

中央にある白い容器にセットして使う。液体が滴下して洗浄、芳香効果を発揮する。

三種類の香りが提供され、好みに応じて楽しめる。白い専用容器にカセットを押し込みセットすると適量がタンク内に滴下して所期の効果を発揮するらしい。効能としてうたわれているのは、洗浄、防汚、黒ずみ防止、ピンク汚れ防止、芳香と欲張りです。専用容器2個と付け替え品6個がセットになって割安で販売されている。1個で約1ヶ月使えるらしい。流れる水は無色とのこと。

【KAZの視点】セット販売するとカラフルで目立ちやすく、個々に包装するより無駄が無い。

【今日のダジャレ句】 芳香剤 今後に示す 方向性

より以前の記事一覧