ショップ

2020年10月 3日 (土)

アルコール洗浄用品の氾濫(No.5046)

202009171206430 棚に所狭しと陳列されている。

ジェルタイプ、液体タイプ、ティッシュタイプ等、どれを選んだら良いか選択が難しい。

今年前半コロナが広まると同時に店頭から姿を消し、入荷待ち状態が続いたが今はどこでも必要なだけ購入できる。ジェルタイプが多いように感じますが消費者の好みによるのかどうか。今後当分の間コロナとの共存が続く限り需要はあるのでしょうが、問題は終息後。各社が一斉に供給したために市場にだぶつき、値崩れや処分の問題が出るのではないか。需要と供給のバランスをとるのは難しいとつくづく思います。

【KAZの視点】消毒以外の用途開発が進む、または異なる商品への変換技術が生まれる。

【今日のダジャレ句】 洗浄品 市場だぶつき 戦場に

2020年9月24日 (木)

子供服簡易試着(No.5038)

202009171217350 子供服売り場にあった鏡と目盛り。

鏡の前に立つとおよその身長が分かり、試着品の品定めがしやすい仕組み。

子ども達は特に着替えるまでもなく、袋に入れたままで似合うかどうかを確かめるレベルで良い。但しある程度大きさの確認が必要、ということで鏡の前に立てばおよその身長を読み取れる。大人の試着室は空間確保が必要ですが、この場には不要、鏡くらいは壁に設置すれば良い。それではサービスとして不足感があるので考え出されたのかもしれません。水平スペースセービングをしつつ、壁という垂直スペースは活用している。

【KAZの視点】画像合成等デジタル技術により多彩化精度向上可能だがアナログが良い。

【今日のダジャレ句】 試着せず 身長測る 新調時 (>_<)

2020年9月19日 (土)

ご当地ラーメン大集合(No.5034)

202009171114260 日本全国のインスタントラーメンの展示販売。

北は北海道から南は沖縄まで選りすぐりのご当地ラーメンが並ぶ、浜松loftで27日まで。

日本最大のインスタントラーメン専門店「やかん亭」が企画。「ランキングで選んでもよし、パッケージで選んでもよし。あっさり・こってり・変わり種、様々な種類から食べ比べてみよう。」とアピールされている。ネーミングやパッケージなどどれをとっても珍しいものばかり、その場では味をイメージするしかない。ラーメン好きの日本人、ラーメン店の無い街は無いと言えるくらいの日常食、インスタント市場も凄いと思いました。

【KAZの視点】展示品中10種を選んで有料で一口試食できるサービスがあれば嬉しい。

【今日のダジャレ句】 全国の ご当地麺を 工面して

2020年9月15日 (火)

水の自販機(No.5030)

202008201540530 写真のような自販機。

特徴のある4種類の水が2Lまたは5L購入できる、全国に2000台設置されているらしい。

和食におすすめ深海ミネラル軟水、飲料におすすめ深海ミネラル中硬水、洋食におすすめ深海ミネラル硬水、スポーツ専用水(栄養機能食品)プレミアム硬水の4種から選べこの順に高価になる。マグネシウムを豊富に含むプレミアム硬水は「お水のサプリ」で、栄養機能食品に認定され、美容と健康を意識する人に最適とPRされている。サプリ効果を実感するには飲み続ける必要がありそう、素人には価値が分かりにくいです。

【KAZの視点】人工的なものより自然に湧き出る水に必要な成分が含まれているのでは。

【今日のダジャレ句】 硬水で 作ってみたい 雑炊を

2020年9月12日 (土)

ぽち菓子各種販売(No.5028)

202007301120300 小袋に入れて選択組み合わせ自由な菓子販売。

昔ながらの駄菓子風お菓子や、ナッツ類などのお菓子を、取り揃えてある。無印良品で遭遇。

「寸志」と言った感謝の気持ちを伝えるシーンで使われるのが「ぽち袋」。「ぽち」には「小さい点、少しだけ」と言った意味があり、お菓子を小袋に詰めて、「ぽち菓子」と名付けられたらしい。オール税込み99円で売られており、『お菓子の百均』。安くて手頃な量でバラエティーも楽しめる点で魅力的です。小分けすればするほど包装資材を使うのでゴミが出やすい、この点ではSDGsの観点からは好ましく無いのですが。

【KAZの視点】回転寿司システムを使い菓子を食べてもらえば包材消費削減できるのだが。

【今日のダジャレ句】 ぽち菓子の 均一価格 可視化され (>_<)

2020年9月 3日 (木)

手荒れ対策品販売(No.5022)

202008201513010 写真のような商品展示。

「エタノール消毒で手荒れていませんか?」、あるある感が伝わってくる。

コロナ禍で消毒とか除菌剤が溢れており、感染防止対策として建物や各店舗入り口ではアルコール消毒が必要になる。何ごとも程度問題、消毒頻度が増えれば皮膚にも負担がかかりそう。その対策品をまとめて展示すれば顧客は自分にあったものを選択可能。陳列されたものには、「プロ業務用ハンドクリーム」とか「爪・指先にもツヤやかにうるおう」等のPRが。クリーム以外にミストタイプもあり多様性に感心します。

【KAZの視点】装着感が無い特殊手袋ができればこのような対策品は使わずに済むのだが。

【今日のダジャレ句】 消毒の 手荒れ対策 何であれ

2020年8月15日 (土)

「獄激辛」のアピール(No.5006)

202007301102570 ”激辛やきそば”の陳列アピール。

とにかく辛いらしい、それを強調するために思いつく限りの表現を使って訴えている。

中央には辛さレベルを不等号を6回重ねて示している、「激辛、辛さMAX」を基準にしているのも凄い。説明には「辛すぎる」「エンマもびっくり」などがある。下段には「舌を抜きたくなる辛さです」「胃と肛門弱いなら要注意」などの過激な表現もあり笑ってしまいます。猛暑の中、これだけ一度に展示され、メッセージを投げられると更に暑苦しくなって熱中症にかかりやすくなるのではと心配にもなります。

【KAZの視点】同様に”激甘ケーキ”をアピールする展示棚が隣にあればバランスか。

【今日のダジャレ句】 激辛の 檄を飛ばして 声からし

2020年8月11日 (火)

沖縄物産展(No.5002)

202007301518520 現在静岡市のセノバで開催中のイベント。

ちんすこうや紅いもタルトなどお馴染みの商品が展示販売されている。8月21日まで。

他にお菓子、飲料、食材、雑貨など、沖縄の商品が盛りだくさん 。通常なら沖縄に行った際のお土産に買ってくる物。買い物をする人が動くか、買われる物が動くか。コストを考えたら後者の方が効率的なので、人気の企画になる。特に現在はコロナ禍で移動自粛が続いているので価値が出る。毎年どこかでやっている企画に「北海道物産展」がありこれは根強い人気です。区域が広く対象となる商品が個性的で多数あるからでしょう。

【KAZの視点】各地の常設展が期待されるが、期間限定で開催するから価値が出る。

【今日のダジャレ句】 物産展 沖縄土産 大きな輪

2020年7月25日 (土)

カートの傘立て(No.4988)

202006291049410 カートに付属した機能。

傘や杖を持参したお客さんがショッピングカートに乗せて買い物できる仕掛け。

なんてことは無い工夫ですが、自重を支える部分と倒れを支える部分をカートに作っておけば機能する。同じモノが左右に一対あり、傘と杖を共に持参した人は両方とも支持できる。手前上部の表示板にはその使用をすすめる説明と共にカート使用上の注意も記されている。何か機能を付加した際にはその内容を明示しないと使用者に伝わらない可能性があります。と共に免責条項も書いておかないと後からトラブルに発展する可能性もある。

【KAZの視点】それを使いたいがためにその店を選びたくなる特殊カートができないか。

【今日のダジャレ句】 傘立てを 付加することで 価値重ね

2020年7月 3日 (金)

漫画本のPR(No.4969)

202006251656590書店における写真のような商品展示。

4種類の動物の尾を模し、もふもふ感を感じさせるサンプルが書籍の上部に展示されている。

売られていたのは「こはる日和とアニマルボイス」という漫画シリーズ、たくさんの動物が登場するストーリーのようです。モデルとなった動物は、左より順に、犬、猫、ウサギ、アライグマ、らしく特徴は捉えられている。この展示を見ると、大半の人は触りたくなるはずで、私もその一人でした。その後、一体この展示は何を訴えているのかと考え、相手の意図を理解するワケです。書店で注目してもらうのは大変で、各社知恵を絞っている。

【KAZの視点】ストレスを与えずにペット売り場で身体の一部を触れないものか。

【今日のダジャレ句】 もふもふ感 尾に触らせて 鬼騒ぐ (>_<)

より以前の記事一覧