面白商品

2021年11月22日 (月)

ジッパーバイト(No.5391)

202111191743060 ジッパーに噛みつくアクセサリー。

ペンケースやポーチ、リュックのジッパーに取り付けて、身の回りの物をかわいくデコレーションできる。

通常はキーホルダーのような形式で小物のどこかにつけるもの。ジッパーにつけるとは目の付け所がグッドです。それも動物や漫画のキャラクターがジッパーに噛みついているように見えるのがユニーク。サルやパンダなどのアニマルキャラ、ワンピースやクレヨンしんちゃんの登場人物キャラ等があり選択肢が多い。「”お口チャック”をしたどうぶつたちがあなたの日常生活に溶け込みます♪」とPRされていて笑える。

【KAZの視点】噛みついているとお口チャック状態でしゃべれないシャレがグー。

【今日のダジャレ句】 ジッパーに 噛みつきキャラが やみつきに

2021年11月17日 (水)

ミズクラゲの傘(No.5387)

202111051255350 写真のような外観の傘。

YOU+MORE!(ユーモア)雨空を泳ぐミズクラゲの傘と表示されている。

山形県の加茂水族館とのコラボ商品とのこと。透明傘の透け感を利用し、クラゲの持つ雰囲気がデザインされていて面白い。ミズクラゲの水管の美しい並びや、傘のつゆ先を感覚器に見立てるなどクラゲ飼育員さんの細かなこだわりがあふれているらしい。美しい水色のグラデーションデザイン、雨の日に濡れるミズクラゲの姿にドキドキすること間違いなしとか。クラゲ好きな人には良いかもしれないが刺された人には敬遠されそう。

【KAZの視点】四角い傘を作って「かくの傘」なんちゃって、売れないだろうな。

【今日のダジャレ句】 ミズクラゲ 傘に変身 名を貸さん

2021年11月12日 (金)

いくらアイマスク(No.5383)

202110281039390 いくらの外観のアイマスク。

ホットもアイスもできる万能アイマスク、贅沢にいくらで目を癒やす極上の快楽をとPR。

「勇気と度胸さえあればどこでも使える逸品」とキャッチコピーがついている。使用対象者としては、・目の疲れが気になる方、・ホット&アイス両用が良い方、・好感度に差をつけたい方、・寿司の中でいくらが好きな方、等が挙げられている。ホットもアイスもできるのは珍しいのでは。何故「いくら」キャラが使われたのか不明、周囲をびっくりさせたい場合に使い、受け狙いの商品であることは間違いない。

【KAZの視点】正札ラベルには「時価」と表示されているが通常価格、これも面白い。

【今日のダジャレ句】 アイマスク イクラが担う いくらかな

2021年7月 2日 (金)

おもしろクリアファイル(No.5271)

202106111440060 写真のような外観のクリアファイル。

ちょっと見はまさに「花かつお」や「焼きのり」だが、クリアファイルの一面に印刷してある。

このようなクリアファイルに重要書類を入れて会議に出席するとどんな反応があるか、想像すると楽しい。不謹慎と叱られるか?場をリラックスさせ会議の盛り上げ役だと褒められるか?・・・どんな方が考えたのか興味深いです。本来透明なクリアファイルに会社のPRやロゴを印刷したものはたくさんあります。印刷するモノをちょっと変えただけなのですが、透明なところに商品が見えれば、中にそれが入っていると人の脳は捉えるわけです。

【KAZの視点】もしも材料のプラスチックに内容物の匂いを付けられたら価値が増す。

【今日のダジャレ句】 プリントで クリアファイルが こりぁいいね

2021年6月30日 (水)

雑草栽培セット(No.5269)

202106291226490 写真のような商品。

道ばたや壁の隙間から生える雑草の姿をイメージした栽培セット。嫌われ者が商品化されるとは。

「育て方は雑草の種がセットされたオリジナルの栽培ブロックに水をかけるだけ。何種類もの雑草が芽をだし、それぞれの生き方で生長していく過程を観察できます。」とPRされている。この時期、庭の周りの雑草対策に悩まされている私にとってはとんでもない商品ですが、まさしく逆転の発想というもの。いかにもアスファルトの一部を思わせるブロックを使う演出は流石で、「雑草魂」をうたう点も心憎い。

【KAZの視点】我が家に来ていただければ、いくらでもお裾分けできますよん!ぜひ!

【今日のダジャレ句】 雑草に 素直に言えず あっ、そう!と

2021年5月14日 (金)

ムスタッシュ歯固め(No.5229)

202105031704550 赤ちゃん用のユニークな歯固め。

手前はヒゲの形をしたもので男の子用、背後はダイヤモンドの形をした女の子用。

小さな手でも握りやすいフォルムと見た目のインパクトで、おもちゃとしても赤ちゃんの興味を引くかも。周りにいる人までほっこり笑顔にしてくれるアイテム、お友だちとセットにしたり、お祝いなどの贈り物にピッタリと紹介されている。男の子にはトレンディーなおヒゲモチーフ、将来は立派なヒゲが似合う魅力的な男性に育つように、女の子には皆が憧れるダイヤモンドの指輪がモチーフとか。男女の差は生まれたときからある!?

【KAZの視点】未来を想像するような仕掛けは商品化できる?過去を振り返るのは無理か?

【今日のダジャレ句】 赤ちゃんに ヒゲが似合うか 卑下せずに

2021年1月27日 (水)

タピオカスライム(No.5137)

202101211420430 スライムにタピオカもどきが入った商品。

独特の触感を楽しむアイテム。姉妹品として左側のジェリースライムもある。

タピオカスライムには、写真のアイスティー、いちごミルク、以外に紫芋、抹茶、ミルクティーなど6種類があり個々に粘度や香りが異なるようです。単に色と香りを変えたスライムではつまらないと最近流行ったタピオカもどきを入れて面白さをアップしている。用途は何かといえば、触って感触を楽しむ、に尽きるのでしょうが。もちろん外装には「食べ物ではありません」と厳重な注意書きがあることは言うまでもありません。

【KAZの視点】触覚を使って楽しむ商品は珍しい。硬度の異なるタピオカを入れたら面白い。

【今日のダジャレ句】 タピオカの もどきスライム ただ可笑し

2021年1月22日 (金)

ペヤング超大盛り(No.5133)

202101211433370 超大きな容器に入ったカップヤキソバ。

中身は超大盛りやきそば1個とオリジナルタオル、縦20センチ×横30センチ以上。

「超大盛りやきそば」は通常の大きさの倍だそうで、麺二個分、かやくやソースも二袋からなる。これにオリジナルタオルとはタオルを使って水増しした感じで面白い。イベントの賞品などに使えそう。ヤキソバだけで大型化を目指す商品も売られており、「超超超大盛り、GIGAMAX」は2142Kcal、「超超超超超超大盛り、ペタマックス」は4184Kcal分だとか。いやはや大変、とても一人では食べきれず、売れればメーカーは超うれしい。

【KAZの視点】「大きいことはいいことだ♪」とCMソングのあった高度成長期が懐かしい。

【今日のダジャレ句】 大盛りに 超が冠され 調子よく

2020年9月11日 (金)

便器の形のカレー皿(No.5027)

202007301110500 写真のような面白グッズ。

確かに和式便器の外観をして皿の機能がある、カレー皿というのがなんともはや。

まあ考えた方は頭の柔らかい人だろうと感心します。便器も陶器製で、色や質感はそのもの。食事をする際、人が機能として要求するのは美味しそうに見えるとか、豪華な感じがするとか、食器が使いやすく食べやすいとか色々ありますが、これはどれにも該当しそうにない。でも客人をもてなす際に驚きや笑いを提供することはできる。ところで金隠しの部分は人に見られたくない食べ物を盛り付けるのに使うのかしらん?

【KAZの視点】洋式便器の形を使えば「ジンジャエール用カップ」とでも命名されるかな。

【今日のダジャレ句】 カレー皿 更に楽しむ 加齢かな (>_<)

2020年5月19日 (火)

MEGAアゴ(No.4930)

202005111049230 写真のような仮装面。

鼻から下のハーフマスク、メガネとセットで売られ、三種類が商品化されている。

顔のパーツを一部デフォルメすることでこんなに面白くなるとは新鮮な驚き。メガネを掛けることで境目が分かりづらくなりリアルさが増すらしい。猿男、歯ぐき、しゃくれ、とそれぞれ個性的。ネット情報ではこの時期コロナ対策マスクの代わりにもなるとPRされている。人の変身願望を満たし、周囲の人に喜んでもらえそう。その場合全てが他の人格になってしまっては誰がかぶっても同じなので、このようにハーフ面とするのは価値がある。

【KAZの視点】頭、目、鼻、耳など部分的に変えるものは多い、これは組み合わせの妙。

【今日のダジャレ句】 仮装して 洒落を効かそう 受け高そう

より以前の記事一覧