面白商品

2024年7月22日 (月)

食ボンだま(No.6065)

202407211255580 食べられるシャボン玉。

空中に飛ばしたシャボン玉に食いついて味わえる。ブドウ味とコーラ味の二種類。

子どもの頃に食べ物で遊ぶなと注意されたもの、食事のマナーとして正しい指摘。しかしこれに反して遊ぶために作られたお菓子もある。本製品は空中に浮遊するシャボン玉に口でアタックして食べられる。食べると言うより味わう程度だが、二人以上でゲーム性を持たせたりすれば楽しめる。20年くらい前にも類似の商品があったらしいがあまり大きく膨らまなかったとか。本品は材料開発に注力した結果でしょうか10㎝程度に膨らむらしい。

【KAZの視点】単に味わうだけでなく、空腹感を減じる機能も持たせて欲しい。

【今日のダジャレ句】 シャボンだま 飛ばして食べて だまされず

2024年7月11日 (木)

ふんばるず(No.6059)

202407071652430 ねこぜを助けてくれる商品。

机から落ちないようにふんばっている、ねこぜなどうぶつのぬいぐるみ。

「机とおなかの間に挟むことで、ねこぜなあなたを助けてくれる」とPRされている。『ふんばるず』を落とさないよう、おなかと机でしっかりと挟み込むため、自然と背筋が伸び、良い姿勢になるのだとか。『ふんばるず』自身もちょっぴりねこぜというのが笑える。ぬいぐるみの中にはハート型のクッションが入っており、疲れを軽減させてくれるらしい。会議中に使えばピリピリしてしまう会議も和やかな雰囲気になる作用もあるともPRされているが・・・

【KAZの視点】会議中に使うのには勇気がいるかも、ただし効果を確信できれば使えよう。

【今日のダジャレ句】 ふんばるず ねこぜ対応 頑張るね

2024年6月17日 (月)

すき家ミニチュアコレクション(No.6045)

202405161353030 写真のようなミニチュア。

牛丼チェーンのすき家の代表的な商品がミニチュアになったもの。

内容は1.すき家の看板2.牛丼(みそ汁、お箸付き)3.とろ~り3種のチーズ牛丼(サラダ、赤さじ付き)4.テイクアウトセット(紅しょうが・七味・お箸付き)5.牛カレー(トレイ・麦茶・スプーン・紙ナプキン付き)とよりどりみどり。現実の世界のあらゆるものがミニチュアになる時代なのか。本件ガチャガチャ用の商品が店頭で箱入で売られているらしい。カプセルを開けたときの楽しみを損なわないため、カプセル付にて発送するオンライン販売もある。

【KAZの視点】「すき家公式監修」という表記が目をひく、PR効果を兼ねた商品といえる。

【今日のダジャレ句】 ミニチュアの すき家商品 隙は無し

2024年4月15日 (月)

フォーミングボディーソープ(No.6009)

202312161646060 泡が飛び出るボディーソープ。

トリガー式で水鉄砲みたく泡ソープが飛び出し、浴室内で楽しく遊べる。

泡の色がほんのりブルー、グリーン、ピンクがあり、それぞれバブルガム、グリーンアップル、ストロベリーの香り付き。お風呂嫌いな子どもでもキャッキャと楽しめるらしい。勢いよく細く泡が出るのでお絵かきも楽しめ、着色もしないので、ただ流すだけとのこと。子ども達のプレゼントにも使える。最近はやりの大型フロートの表面に吹き付けると、良く滑るので水に浮かせた状態で遊ぶとスリリングで楽しめそう。トリガー式というのが良い。

【KAZの視点】大人でも遊べるはず、多分上手な遊び方を考えている人もいるのでは。

【今日のダジャレ句】 トリガーで 泡が飛び出て アワードか


2023年12月20日 (水)

だし汁の湯(No.5949)

202312161647080 ちょっと奇抜な入浴剤。

様々な食べ物をイメージしたもの、どのような香りがするのか関心があるも・・・。

数年前に発売された当時は、「カレー、ラーメン、牛丼、味噌汁、ヤキソバ、チゲ鍋」の湯、といったそこそこ標準的なもの。それが時と共に進化して今では、「しょうが、レモンサワー、かに汁、ビール」の香り湯、といった飲食物は何でもありかと思わせるほど。更には、「草むら、タタミ、荒波、森林」の香り湯、にも広がっているもよう。リアルに近づけば良いわけでもなく、気持ち良く入浴できる条件を満たしているのか気になるところ。

【KAZの視点】リラックスの入浴タイム、手軽に新たな体験をしたいニーズが高まっているか。

【今日のダジャレ句】 食べ物が 入浴材で 食う欲が (>_<)

2023年7月17日 (月)

ジョーズカチューシャ(No.5849)

202305301009100 写真のような商品。

頭につけるとジョーズにかみつかれたような状況になるカチューシャ、USJで遭遇。

「みんなの注目を集めちゃおう!お友だちとお揃いにするのもオススメ!」とPRされている。単に髪の毛を整えるという機能以外に、何かを取り付けるとそれが頭部にとりついている、あるいは頭部から生えているかのように見せられるのはカチューシャのなせるワザ。他にも様々なおもしろバージョンがそろっており見ていて飽きない。目と背びれと尾、それに最大の特徴である歯を上手にデザインしてあり、頭につけた状況を見た方は思わずニヤリとしてしまうのでは。

【KAZの視点】目が光り、背びれや尾が動き、叫び声を発生させれば更に注目度は増す。

【今日のダジャレ句】 頭上には 鮫食いつくも 冷めた顔

2023年5月 3日 (水)

醤油鯛ペン(No.5795)

202304191907110 写真のような外観の水性ペン。

誰でも知っている「醤油鯛」の形状を忠実に再現した水性ペン。カラーは醤油色。

幕内弁当やお寿司には欠かせない、「醤油鯛」が筆記具に変身したもよう。もちろんインクは醤油いろ。書くほどに醤油の香りも楽しめるのだとか。ほぼ原寸大でちょっと書きにくそう、かわいいサイズのペンにはボールチェーンストラップが付いているので、筆箱やバッグ、ポーチにぶら下げられる。姉妹品は「空っぽ鯛」、充填されたインクが透明で空っぽに見えるが、筆記するとケチャップ色となり、当然ながらケチャップの香り付きとのこと

【KAZの視点】醤油とかケチャップの香りは芳香とは言えず、あくまで遊び心の発想。

【今日のダジャレ句】 醤油鯛 筆記具だけど 香るんだい

2023年4月21日 (金)

マジックふりかけ(No.5785)

202304191908120 写真のように売られているふりかけ。

あのマジックインキがペンタイプのふりかけになって登場!とPRされている。

「どんなものにも良く掛ける」ときたもんだ。ペンを振ると日本の名物味のふりかけが出てきて、みんながハッと驚く。魔法のペンタイプのふりかけは、テレビやSNSで話題らしい。ゴルフコンペや忘年会の景品、プレゼントに超オススメの話題のアイテムとのこと。『この商品はふりかけです。筆記はできません』とか『中身のふりかけは補充可能、お好きなふりかけを』などオモシロ商品らしい。すき焼き以外におかか、わさび、などもラインナップ。

【KAZの視点】?マークのマジックインクは超馴染み深く、文具が食品に変身インパクトあり。

【今日のダジャレ句】 ふりかけに マジック掛かり ひっ懸かる

2023年2月17日 (金)

おにぎりん具(No.5735)

202301011537340 写真のような外観の商品。

おにぎり型のケースの中に具材の指輪が入っている。入れ物も中身も食品もどき。

「 鮭といくら 、チャーハン 、赤飯 、トロたく 、うなぎめし 」の全5種を取り揃えているらしい。写真は鮭といくら。まあ宝石のような高価なものに飽き足らず、とんでもないものが指輪についたものです。他のシリーズではツナマヨ、天むす、煮卵、オムライス、唐揚げ、焼きたらこ、大粒いくら等もあり、キリが無い。どうもガチャガチャ用に生産したものを単独で販売しているもよう。食品が身近にあると空腹時に紛らすことができるのか。

【KAZの視点】「おにぎり」と「リング」を合成し更に道具の具を使ったネーミング。

【今日のダジャレ句】 食べ物が 指輪になった 呼びは何

2022年12月 7日 (水)

ケントブレッドハット(No.5687)

202212051412080 写真のような外観の帽子。

メロンパンなどをモチーフにした様々な形状の帽子。受注生産、納期は約1ヶ月。

パンやスイーツモチーフの帽子をひとりで制作している帽子職人ケントさんによる商品。めざしテレビ等で紹介され、現在15カ国からオーダーが来るらしい。KENT BREAD HATの帽子を身に付ける事で、会話や笑顔、新しい出会いが生まれるコミュニケーションツールになればと考えているとのこと。制作工程は独特で、型に素材を被せて少しずつ形を作っていく。遊び心をミックスしたユニークな帽子で、今後も奇抜なものを生み出して欲しいもの。

【KAZの視点】靴に細工をしても目立たず汚れる、帽子なら目立つし汚れない、流石。

【今日のダジャレ句】 ユニークな ブレッドハットに はっとする

より以前の記事一覧