飲食物

2019年11月13日 (水)

様々な塩(No.4771)

201910291851380 集められる限りの塩が売られている。

沖縄の塩、日本の塩、世界の塩、と区分されており種類の多さを実感。

石垣島にて遭遇。「石垣の塩」というブランドもあるようにこの地区は塩の資源が多いようです。自然に満ちた山から栄養分をたっぷり含んだ川の水が海に流れ込み、良い塩の原料となる海水がとれるらしい。塩分は採りすぎると身体に良くないですがカリウム等の身体に良い成分は大切。数ある塩をいくつかなめて見ましたが一番印象的だったのが「温泉の塩」、温泉卵の味がしてすぐそれと感じられました。

【KAZの視点】さすせそ:砂糖、酢、醤油、味噌も個性的な物を集めて比較販売できないか。

【今日のダジャレ句】 各種塩 仕置きされても しおれない (>_<)

2019年11月12日 (火)

八重山そば(No.4770)

201910291238210 写真のようなそば。

トッピングに石垣島の形を切り抜いたかまぼこが乗っている。

沖縄県の八重山地方で食されている「沖縄そば」、観光客には大もてです。一般的な沖縄そばと共通点もあるが、細めで縮れのないストレート麺が用いられ、黄色く着色されたものもある。一般の中華麺とは明らかに異なる食感があり、美味でした。ピパーツ(島胡椒)と呼ばれる香辛料を好みに合わせ使い、醤油で煮た豚の赤肉とかまぼこを細切りして乗せるのが特徴。島の形を目前にするとイヤでも石垣島にいることを実感させる。

【KAZの視点】島の形をした板チョコでデコした八重山ケーキはあまり受けないかな?

【今日のダジャレ句】 トッピング 島の形を 食しましょう

2019年11月 7日 (木)

世界のやまちゃん菓子(No.4765)

201910281342560 写真のようなラインアップ商品。

世界のやまちゃんブランド品がずらりと並ぶ。基本は手羽先なのにイカもある。

お膝元のセントレアで遭遇。地元ブランドなので何ら不自然さを感じさせないのでしょうが、県外から訪問した者にとっては珍しく感じられる。ネットでは当たり前のように販売されおり、展示されているもの以外にも”あられ”や”ふりかけ”や”うまか棒”など多種ある。やはりブランドの価値を感じさせ、キャラクターが全ての包装にプリントされている。ではどうしたらブランドを認知してもらえるか、これは難題です。

【KAZの視点】食べ物のブランドを衣料品や日用品に転用できたらすごいことだが!?

【今日のダジャレ句】 地元にて ブランド活かし 味もっと

2019年10月22日 (火)

シャンパントリュフボトル(No.4755)

201909301420210 写真のような商品。

シャンパンボトルを模した容器に個装されたトリュフチョコが詰められている。

シャンパン香料が入った大人っぽさのある味わいらしい。玩具っぽさが興味深い、底側が蓋になっておりボトルの先端部分はそのまま保管できるので再利用も可能。ギフトにするにはちょっと抵抗があるかもしれませんが、お子さんのいる家庭であれば喜ばれるでしょう。個装の形態やチョコ外観、テイストも数種類提供されている。通常は液体を入れる容器に、きれいに個装した固体を入れているのがポイント。

【KAZの視点】気体用のスプレイ缶の外観容器に液体の清涼飲料を入れて売れないか。

【今日のダジャレ句】 個装品 ボトルに詰めて 勝ち越そう

2019年9月16日 (月)

柿のタネ菓子(No.4719)

201909091829370 柿のタネをベースにしたバラエティー菓子。

上段は各種コーティング、下段は各種ミックスによりバラエティー化している。

上段はA製菓製、わさび味のNo.003,チーズペッパー味のNo.004,カレー味のNo.005といった感じ。下段はO珍味堂製、×豆×かりんとうの「柚三昧」、×あげパスタ×チーズスナックの「スパイシー三昧」といった感じ。成熟した社会では単なる「柿のタネ」だけでは飽きられてしまい、様々な味付けや、多種菓子とのミックス品が欲しくなるものでしょうか。組み合わせにより品種数は増します。

【KAZの視点】A製菓製の7種類のうちから3種類をピックアップしてミックスした商品は!?

【今日のダジャレ句】 柿のタネ 夏季は無くとも よかったね(>_<)

2019年9月 8日 (日)

ワンハンドポテチ(No.4713)

201908251809280 写真のような包装形態のポテチ。

カギ型の袋の形をしており、この部分から口の中に流し込めるのがウリ。

細切りスティック状のポテトスナックを米国生まれのソースで味付けしてあるスナック菓子。スマホを操作しながら食べても手を汚さないのが特徴とされるドンキとヨシダソースとのコラボ商品。「大口を開けて片手で流し込める。現代のライフスタイルに応えた商品」とPRされている。理屈は分りますが食べやすいかどうかは主観が入りそう。スマホの普及がお菓子の包装も変えてしまう世の中とは。

【KAZの視点】画面にタッチする指を汚さないために表面の乾いたスナック菓子が主流に。

【今日のダジャレ句】 大口を 開けて流して 愚痴は無し

2019年9月 1日 (日)

監督選手プロデュース弁当(No.4706)

201908251725450 おかずに特徴がある弁当群の販売。

ジャイアンツの人気選手がプロデュースしたとされる、東京ドームで遭遇。

原監督のヘルシー和懐石重、エース菅野の牛・豚・鶏・三球三振弁当、坂本の贅沢鶏づくし弁当、などよりどりみどり八種類。監督のものが高価で他の値段は横並びというのもありえるハナシ。野球観戦客はひいきの選手のものを選ぶのか、あくまでおかずの内容で選ぶのか気になるところ。国技館での大相撲でも同様な企画がある。プロスポーツでは選手や力士の人気をあおるために必要な施策かも。

【KAZの視点】サッカーJリーグやプロバスケットボール観戦時にもあるのかな?

【今日のダジャレ句】 選手作 弁当各種 推薦種

2019年8月31日 (土)

昆虫食(No.4705)

201908251813570 昆虫が原料の食べ物。

今注目されているローカルフード。これからの世界の食糧問題を考えると貴重な食材。

左端は味付シルクワームとバッタの串刺し、2番目はシルクワーム、3番目はバッタのミックス。サンプルは代わりに昆虫のプラモデルが使われていたのはご愛嬌。世界各国では昆虫食は当たり前らしい。日本でもハチの幼虫やイナゴの佃煮は食されているので慣れの問題。とはいえやはり普及するには時間がかかりそう。昆虫を育てるには環境への負荷も少なく未来食として宇宙食としても注目されている。

【KAZの視点】工場で野菜を生産するように昆虫も自動的に生産され流通するようになる。

【今日のダジャレ句】 昆虫食 無視されないで 蒸しされる(>_<)

2019年8月17日 (土)

薔薇のチョコレート(No.4693)

201905310936240 写真のような外観のチョコレート。

4つのパーツのチョコレートが重なって薔薇になっている、おしゃれなチョコ。

ハンター製菓のメサージュ・ド・ローズというプライベートブランドで売られている。4つのパーツは味が異なり、ビター、セミビター、ミルクチョコ等で構成されているのも面白い。3つのパーツからなる製品や、セパレートタイプではなく全体が一つでできた薔薇のチョコレートもあるほか、薔薇の葉っぱやつぼみの形状をした商品もあり、薔薇にこだわったチョコレートを販売している。

【KAZの視点】プラモデルならぬチョコモデルとし、組み立ててから食べる商品はどうか。

【今日のダジャレ句】 薔薇のチョコ パーツ分かれて ばらばらに

2019年8月 9日 (金)

給食のじかん(No.4685)

201907131606300 チロルチョコの最新セット売り。

冷凍みかんときなこあげパンチョコの二種類詰め。ネーミングがユニーク。

チロルチョコは常に進化している。対象となる味の研究や食感の再現に挑戦していることが分かり応援したくなります。確かに冷凍みかんの懐かしさが思い出せました。きなこあげパンも楽しめます。これらをセットにして「給食のじかん」とは流石です。但しもう少しヒンヤリ感を出せたら素晴らしい。世代によって響き方が異なるのは仕方ないですが、買って食べてみたくなるのは私だけでは無いでしょう。

【KAZの視点】冷凍みかんとセット売りにする”ホット汁粉”チョコを希望。

【今日のダジャレ句】 給食の 冷凍みかん 未完かも

より以前の記事一覧