アミューズメント

2020年1月16日 (木)

商品体験展示(No.4825)

201910061113430 写真のような商品体験展示。

高圧洗浄機の展示、水を外部に飛散させるわけにはいかず容器の中で実感してもらう。

商品を購入してもらう場合、それに関して理解してもらっていることが大前提。価値を認めてもらわないと買っていただけない。身近なものであれば誰でも実感しているが、この商品のように滅多に使ったことが無いと不利。そこでこのような仕掛けを作り実感してもらう作戦。実際に自分で持って噴射時の反動を感じたり、その時の音を聞けば水圧の強さを実感出来るはず。透明にして中を見やすくし、穴の部分を極力小さくしてある。

【KAZの視点】バーチャルリアリティー技術が進めば反動や音を人工的に作り出せる。

【今日のダジャレ句】 水圧の 体験展示 拝見し

2020年1月13日 (月)

ロコモーティブ3D立体パズル(No.4822)

201912011706310 写真のような木製立体パズル。

木を材料として精密にレーザーカットされた部品を組み立てる楽しみが味わえる。

レーザーで焼き切る際に断面が焦げるので、あたかもツートンカラーでエッジが強調されたおしゃれ感もある。複雑な部品をマニュアルに沿って組み立てるらしい。男女共用で6歳以上の年齢層向きとあります。作業中に手、目、頭が鍛えられ、コーディネーション、応用力、集中力、理解力、思考力、創造力などのトレーニングの役に立つとのこと。実際にギアが連動して動くのが特徴で大きなセールスポイントだと思います。

【KAZの視点】材料のみが与えられた工作でこそ、本当の創造力や思考力が養われるはず。

【今日のダジャレ句】 組み立てる 過程楽しむ 見たて良く

2020年1月 6日 (月)

映像と噴水ショー(No.4817)

201912011755080 噴水の背後に大型ディスプレイの演出。

池袋サンシャインシティー噴水広場で遭遇。音楽も加わり、なかなかの迫力エンタテイメント。

大型ビジョンの大きさは縦4.3m×横15.4m、ジェット噴水の数は164本、7.1chの立体音響というのが定量的なデータ。まあ実際に現地で体験しないと数字からだけでは実感しにくいです。軽快な音楽に合わせ、大型ビジョンのカラフルな映像とダンスを踊るような噴水がシンクロするのは興味深い。写真は水中シーンと連動する噴水。いくつかのバージョンがあるようで、他のものもできたら見てみたい。

【KAZの視点】噴水で様々な外形を作り、プロジェクションマッピングを投影すれば面白い。

【今日のダジャレ句】 映像と 噴水コラボ こら、ええぞ~

2020年1月 4日 (土)

歩く馬の乗り物(No.4815)

201912071052480 子供用の乗り物、上下動作で前進する。

客寄せのための子供遊戯広場で遭遇、乗って上下運動をすると足が前後し前に進む。

詳細な機構は不明ですが、子供達が乗馬した状態で、身体を上下させシートに力を伝える。これにより前脚2本が前に出たり後ろに戻る。この際前後の脚の車輪が一方にはロックされ一方にのみ回転する構造になっており馬は前に進む。単に車輪がついていてこれが回転することで進むのでは面白くない。馬らしく脚が動くことで前進すれば子供達は喜ぶはず。イベント広場は「ふわふわ」が全盛ですが、このような企画に拍手です。

【KAZの視点】こちらがぎゅっと抱きしめると相手が抱き返すパンダ人形が生まれる。

【今日のダジャレ句】 馬さんの 歩行動作は 上手いもの

2019年12月10日 (火)

スティックスタック(No.4795)

201912011628460 写真のようなバランスゲーム。

袋から引いたスティックの色に合わせてタワーの上に置くゲーム。

タワーの付け根はバネで支持されているので上部トレイの重心により傾きやすい。スティックを置く場合にトレイのエッジ部の色に合わせる制約がありなかなか水平を保つようには置けない点がミソ。「3分で始められるタクティカルバランスゲーム」とPRされている。ゲームの中で「バランスゲーム」は大きなジャンルと言え、様々なものが開発されていると思いました。重力のある地上だから楽しめる。

【KAZの視点】政治の世界でも多くのしがらみの中でバランスゲームが進行中なのかな。

【今日のダジャレ句】 バランスを とる運だめし ウンだめか?

2019年11月 4日 (月)

フライトオブドリームズ(No.4762)

201910281119350 新感覚の飛行機テーマパーク。

ボーイング787機の展示がメイン。写真は館内全体の映像と音楽のショー。

機体一機をまるまる収納する建屋内にショップやレストランが複合した施設。全体を暗く出来るのでこのような演出が可能となります。本写真は4階の観覧エリアで撮影。左方がショップとレストランエリアで米国のシアトルをイメージして「シアトルテラス」と名前がついている。1階は各種体験ゾーンで構成される。初号機は運行には使えないようでこれは一種のリサイクル、余生を有効活用といった感じです。セントレアで遭遇。

【KAZの視点】船のテーマパークを作るとすれば水槽内をイメージした施設になるかな。

【今日のダジャレ句】 飛行機を 主役に楽器 弾こうかな

2019年11月 3日 (日)

飛行機貯金箱(No.4761)

201910281406580 写真のような貯金箱。

コインを機体の背のスリット部に置き、左手前の車を押すと動作する。

離陸モードで機体が斜めにせり上がりコインが下部のストック部に落下する。この際機体下部に前輪と側輪が収納される。その後着陸モードで元に戻る際に車輪が元の位置に戻る。動作中に予め準備された「皆様ご搭乗下さいまして誠にありがとうございます」等の6種類の機内アナウンスが流れる。単なるおもちゃとして遊んでも面白いが、貯金箱機能をつけているのが特徴。ANA版とJAL版がある。

【KAZの視点】エンジン部から風を吹き出し扇風機として使えるようになれば良い。

【今日のダジャレ句】 飛行機を 貯金に使い 飽きん箱

2019年10月24日 (木)

子供用電動乗用バイク(No.4757)

201909301308070 写真のような本格的おもちゃ。

スイッチを入れてペダルを踏むと動く、倒れないように補助輪が付いている。

なかなかかっこよく細部まで本物のスクーターもどきのおしゃれなデザイン。対象年齢3~6歳、適応体重25Kg以下、走行速度2.5Km/時、充電時間8~10時間と表示されていました。我々の子供時代は三輪車か小型自転車で、遊園地にでも行かないと電動の乗り物はありませんでした。今やモータリゼーションが子供にも及んでいる。もしもタイムトリップして過去に持って行ったら喜ばれるでしょう。

【KAZの視点】トラクターや重機を小型にしたおもちゃを売れば男の子には人気が出よう。

【今日のダジャレ句】 子供用 電動バイク 乗れば行く(>_<)

2019年10月23日 (水)

パブリックビューイング(No.4756)

201910202023130 ラグビーワールドカップの集団応援。

日本VS南アフリカ戦をエコパで観戦、主催者の準備企画もあり。

最近流行のパブリックビューイング、今回エコパスタジアムで急遽開催が決まったイベントにてモノコト研しました。基本はメインスタンドから左右のモニター2基を使ってのビューイング。グランドの一部にも飲食禁止の観戦ゾーンが準備され、前半戦終了後の休憩時間帯にヤマハラグビーチーム選手によるトークショーが設定される等、無料にもかかわらず、観客に配慮したサービスあり。観戦者数は7500人とのことでした。

【KAZの視点】一人で見るより家族で、更には仲間と共に、大勢で見るのは楽しい。

【今日のダジャレ句】 観戦を 楽しむ方法 感染し

2019年10月20日 (日)

ノスタルジックジャパン(No.4753)

201909101712130 ミニチュアドールハウスの組み立てキット。

昭和の懐かしいお店のディテールを再現したキット。看板等の小物が郷愁をさそう。

茶屋、蕎麦屋、たばこ屋さんのようなお店、柴又のうなぎ屋、ナニワのたこ焼き屋など固有名詞の修飾がかかった物、等がある。昭和生まれは既に中高年、様々な過去を持っており昔の印象的なドールハウスを作りながら懐かしく思い出すことが出来るはず。ドールハウスは16世紀のヨーロッパで子供の玩具として作られてきた物で今では老若男女が身近に楽しめるホビーとして普及しているもよう。

【KAZの視点】 昭和の家電製品の縮小モデルを組み立てて楽しめるキットも希望。

【今日のダジャレ句】 郷愁の 組み立てキット きっと良い

より以前の記事一覧