アミューズメント

2019年11月 4日 (月)

フライトオブドリームズ(No.4762)

201910281119350 新感覚の飛行機テーマパーク。

ボーイング787機の展示がメイン。写真は館内全体の映像と音楽のショー。

機体一機をまるまる収納する建屋内にショップやレストランが複合した施設。全体を暗く出来るのでこのような演出が可能となります。本写真は4階の観覧エリアで撮影。左方がショップとレストランエリアで米国のシアトルをイメージして「シアトルテラス」と名前がついている。1階は各種体験ゾーンで構成される。初号機は運行には使えないようでこれは一種のリサイクル、余生を有効活用といった感じです。セントレアで遭遇。

【KAZの視点】船のテーマパークを作るとすれば水槽内をイメージした施設になるかな。

【今日のダジャレ句】 飛行機を 主役に楽器 弾こうかな

2019年11月 3日 (日)

飛行機貯金箱(No.4761)

201910281406580 写真のような貯金箱。

コインを機体の背のスリット部に置き、左手前の車を押すと動作する。

離陸モードで機体が斜めにせり上がりコインが下部のストック部に落下する。この際機体下部に前輪と側輪が収納される。その後着陸モードで元に戻る際に車輪が元の位置に戻る。動作中に予め準備された「皆様ご搭乗下さいまして誠にありがとうございます」等の6種類の機内アナウンスが流れる。単なるおもちゃとして遊んでも面白いが、貯金箱機能をつけているのが特徴。ANA版とJAL版がある。

【KAZの視点】エンジン部から風を吹き出し扇風機として使えるようになれば良い。

【今日のダジャレ句】 飛行機を 貯金に使い 飽きん箱

2019年10月24日 (木)

子供用電動乗用バイク(No.4757)

201909301308070 写真のような本格的おもちゃ。

スイッチを入れてペダルを踏むと動く、倒れないように補助輪が付いている。

なかなかかっこよく細部まで本物のスクーターもどきのおしゃれなデザイン。対象年齢3~6歳、適応体重25Kg以下、走行速度2.5Km/時、充電時間8~10時間と表示されていました。我々の子供時代は三輪車か小型自転車で、遊園地にでも行かないと電動の乗り物はありませんでした。今やモータリゼーションが子供にも及んでいる。もしもタイムトリップして過去に持って行ったら喜ばれるでしょう。

【KAZの視点】トラクターや重機を小型にしたおもちゃを売れば男の子には人気が出よう。

【今日のダジャレ句】 子供用 電動バイク 乗れば行く(>_<)

2019年10月23日 (水)

パブリックビューイング(No.4756)

201910202023130 ラグビーワールドカップの集団応援。

日本VS南アフリカ戦をエコパで観戦、主催者の準備企画もあり。

最近流行のパブリックビューイング、今回エコパスタジアムで急遽開催が決まったイベントにてモノコト研しました。基本はメインスタンドから左右のモニター2基を使ってのビューイング。グランドの一部にも飲食禁止の観戦ゾーンが準備され、前半戦終了後の休憩時間帯にヤマハラグビーチーム選手によるトークショーが設定される等、無料にもかかわらず、観客に配慮したサービスあり。観戦者数は7500人とのことでした。

【KAZの視点】一人で見るより家族で、更には仲間と共に、大勢で見るのは楽しい。

【今日のダジャレ句】 観戦を 楽しむ方法 感染し

2019年10月20日 (日)

ノスタルジックジャパン(No.4753)

201909101712130 ミニチュアドールハウスの組み立てキット。

昭和の懐かしいお店のディテールを再現したキット。看板等の小物が郷愁をさそう。

茶屋、蕎麦屋、たばこ屋さんのようなお店、柴又のうなぎ屋、ナニワのたこ焼き屋など固有名詞の修飾がかかった物、等がある。昭和生まれは既に中高年、様々な過去を持っており昔の印象的なドールハウスを作りながら懐かしく思い出すことが出来るはず。ドールハウスは16世紀のヨーロッパで子供の玩具として作られてきた物で今では老若男女が身近に楽しめるホビーとして普及しているもよう。

【KAZの視点】 昭和の家電製品の縮小モデルを組み立てて楽しめるキットも希望。

【今日のダジャレ句】 郷愁の 組み立てキット きっと良い

2019年10月10日 (木)

大釜をかき混ぜる魔女(No.4743)

201909301311470 写真のようなハロウィーングッズ。

魔女がスープを作るためにかき混ぜるシーンを再現する大型オモチャ。コストコで遭遇。

毎年この時期になるとハロウィーングッズが出回ります。年々浸透するにつれ、このように本格的な商品も売れているようです。魔女はハロウィーンには欠かせないキャラクター。この商品は釜の中にモーターが付いていて杖の先端を動かし、結果として魔女がかき混ぜているように見える。赤外線モーションセンサーが反応してLED製の目が光り、魔女の口が動いて不気味な声が聞こえてくる。高さ182cmはインパクト大。

【KAZの視点】魔女が作るとされる、蛇やコウモリを入れたスープのオモチャもできる?!

【今日のダジャレ句】 かき混ぜる 魔女の人形 まぁえーじょ(>_<)

2019年10月 5日 (土)

フォトスポット(No.4738)

201909291655070 パネル前で記念写真が撮れる仕掛け。

ラグビーボールが描かれているのでそれを持ったようなポーズが撮れる。

JR愛野駅前のおもてなしゾーンで遭遇。SHIZUOKAとRUGBYの文字と共に、富岳百景をベースにした構図に競技場のエコパを配している。外国から来られた方には魅力的な撮影背景だと思いました。もちろん県外から訪問された日本の方にも喜ばれるはず。競技場におりたつとか、ボールを持ってプレイするとか、普通ではできないことを疑似体験させていただけるかも。

【KAZの視点】後ろ側に立つ顔出しパネルは至る所にありますが前に立つのもありと認識。

【今日のダジャレ句】 撮影用 なりきりパネル これ、えーよう!

2019年10月 2日 (水)

スノーバイク型ソリ(No.4735)

201909301257200 写真のような子供用のソリ。

ハンドルとブレーキがついている、6歳以上40Kgまで対象。

スノーバイク(モビル)は雪上を走る乗り物としてちょっと運転してみたくなる対象です。子供としても同様の願望をもつと思われ、動力を有さない、重力あるいは牽引により走るおもちゃとして開発されたのでしょう。しかしなかなか格好が良い。モデルとなる本物がヤマハから販売されているのでブランドを活用。使用しない時はコンパクトに収納できるので持ち運びにも便利らしい。

【KAZの視点】同様に水上バイクの子供用おもちゃに期待するが、坂のある水面は無く・・・

【今日のダジャレ句】 バイクソリ 反りが合わねば アイムソーリー(>_<)

2019年10月 1日 (火)

太鼓カム(No.4734)

201909291640010 合成画像による盛り上げ。

ラグビー試合開始前のひととき、観客席を撮影し電光掲示板に合成画像を映し出す。

競技場の巨大ディスプレイの使い方は、会場を盛り上げるために色々工夫されています。観客席を撮影して投影すると、自身が映っていると気付いた観客がはしゃぐ姿が楽しいです。本事例は観客の前に太鼓の写真を配置し、場内アナウンスでは「太鼓を叩いて下さい」と呼びかける。映った事にびっくりするあまり、叩くポーズをとられる方はごく少数でしたが、それはそれなりにサマになり楽しめました。

【KAZの視点】投影した場面の写真を帰りに貼り出し当事者にお土産にプレゼントして欲しい。

【今日のダジャレ句】 太鼓カム めでたい行動 ウエルカム

2019年9月23日 (月)

ラグビーふわふわ(No.4726)

201909201639170 写真のようなエア遊具での体験。

左側ではキック、右側ではパスのゲームが出来る。共にラグビーボールを使って楽しむ。

駿府城ファンゾーンの体験エリアで遭遇。通称”ふわふわ”なるエア遊具が様々な場面で使われるようになりました。ラブビーワールドカップのブームに乗って登場か。調べると本装置は「ラグビーキック&パスゲーム」と称して販売されている。中央にゴールに見立てた黄色いオブジェがあり、ここを目がけてボールを蹴る遊びができる。私もトライしましたがあさっての方向に飛んでいきました。

【KAZの視点】超軽量の巨大ラグビーボールを使ったラグビーゲームを楽しめないか。

【今日のダジャレ句】 エア遊具 遊び創出 ユーはグー(>_<)

より以前の記事一覧