02コト

2020年8月 8日 (土)

モノコト研究5000回達成(No.5000)

Photo_20200808183201 毎日1件コツコツと続けて5000件目の記事アップ。

2006年422日に始めた本ブログ「ドキターKAZDr.KAZ)のモノ・コト研究所」で本日めでたく達成。

お読みいただいている方々には厚く御礼申し上げます。本日まで14年と4ヶ月、5222日が経過、アップ率は95.8%を達成、「継続は力」を実感しています。記念すべき第1回目の内容、毎回カテゴリー分けした結果分布、ブログ進化の歴史、ブログ開始前の試行、書籍化の記録、等懐かしく振り返ってみました。今後も好奇心を持ち続けられる限り10000回を目標に楽しみたいと思います。引き続きごひいきのほど、よろしくお願いします。

【KAZの視点】今後“モノコト研究”を趣味とする方が増え、モノコト研究学会が生まれるかも。

【今日のダジャレ句】 五千回 まだ先がある GOせんかい

Photo_20200808183501

 

 

 

 

Photo_20200808183502

 

 

 

 

 

Hp

 

 

 

 

 

Photo_20200808183503

 

 

 

 

 

 

2020年8月 6日 (木)

トラクターによる芝刈り作業(No.4998)

202007160000000 写真のような機材による作業。

芝刈り機能をもったトラクターで芝面をスウィープ、後方のBOXに集塵される。

焼津市陸上競技場にて作業に遭遇。広いエリアはこのような機材を使わないととてもやりおせない。集められた芝くずは近くの処理スペースに廃棄される。我が家の電動芝刈り機は集塵BOX一体式で、手押しにて刈り込む方式ですが、これを自走式にしたものと言える。この時期芝の成長は速く、定期的に刈り込むのは大変な作業でしょうが、労力をかければ美しさを保てる。手入れされた芝面は目にも優しく価値があります。

【KAZの視点】家庭用の自走式掃除機と同様に、将来はAI搭載の無人トラクターが出現する。

【今日のダジャレ句】 芝刈り機 走行式が 奏功し (^_^)v

 

2020年8月 4日 (火)

10連電子看板(No.4996)

202007301514180 写真のようなデジタルサイネージ。

縦長のディスプレイが10個連続して設置されている、新静岡セノバ前地下通路で遭遇。

たまたま本日の静岡新聞朝刊に「広告の無料掲出募集」という記事が出ていました。新型コロナウィルス感染拡大の影響を乗り越えようと取り組む企業などを応援する「ガンバロウシズオカ!」プロジェクトの一環とのこと。15~30秒の動画か静止画を提出すると掲出してもらえるらしい。メッセージを伝えることは容易ではないですが、目立つ場所に目立つように出せば効果は出るはず。目立つためには大きくするか多くするかだと思いました。

【KAZの視点】音で目立つ(耳立つ?!)方法もあるが騒音問題になりかねない、映像は最強か。

【今日のダジャレ句】 看板の 量を講じて 良好に

2020年8月 1日 (土)

誘導マーク(No.4994)

202007301047320 写真のような足跡のマーク。

通行中の人を少しでも呼び込みたい仕掛け、静岡市情報発信コーナー「しずチカ」で遭遇。

地元の観光情報やイベントの案内などが発信されているスペース。入り口は2か所ありそれぞれに色の異なる足跡がついている。既に中に入った人の痕跡?透明人間が歩行中にも思える?形と大きさは同じ、男性用靴跡なので女性はお呼びでないのかしらん?ハイヒールや裸足の足跡もつければ賑やかになるのでしょうが、手間がかかるのでこれで良しでしょう。黄色が一部剥がれておりこちらから入室される方が多い証拠かも?

【KAZの視点】送風機を使って外から中への風の流れを作って誘導する手は無理かな?

【今日のダジャレ句】 足跡で 中へ誘導 YOUはどう (>_<)

2020年7月30日 (木)

投影式ディスプレイ(No.4992)

202007021813020 写真のような大画面による表示。

店内天井に設置されたプロジェクターによる投影画面をPRに使用している。

デジタルサイネージが普及し、大型液晶画面がいたるところで活躍中。但し大型になるほど価格はアップするので、本方式はありがたいはず。但し原理を考えれば、解像度や輝度は落ちる。輝度を挙げるには投影板を透明にしたいところですが、透明だと画像が浮き出ない。若干曇りガラスのようにして光を散乱することで目に見えるようになる。もちろん映像は左右逆転させてから投影しているのでちょっと手間はかかります。

【KAZの視点】投影側から見ても不自然にならないように文字の使用は極力避けたい。

【今日のダジャレ句】 投影で 画面目立つか 問う、ええか?

2020年7月28日 (火)

水位観測所(No.4990)

202007161137130 写真のような設備。

無人でリモート式で川の水位を測定している、地元探検中にとある橋で遭遇。

数十年に一度といわれる災害が最近頻繁に起こっています。地球温暖化が影響しているようですが困ったものです。我々に出来ることは災害の予兆を知って避難することくらいでしょうか。リアルタイムで正確な情報が欲しいとなればこのような設備を設置しておくしかない。超音波を使って水面からの反射時間を測定して水位を把握するらしい。実際には要所に設置されたモニターカメラも見ながら集中管理されている。

【KAZの視点】現在の治水技術ではもはや水害は防げない領域に入ってしまったのかな。

【今日のダジャレ句】 水位知り 治水技術は 推移する 

2020年7月25日 (土)

カートの傘立て(No.4988)

202006291049410 カートに付属した機能。

傘や杖を持参したお客さんがショッピングカートに乗せて買い物できる仕掛け。

なんてことは無い工夫ですが、自重を支える部分と倒れを支える部分をカートに作っておけば機能する。同じモノが左右に一対あり、傘と杖を共に持参した人は両方とも支持できる。手前上部の表示板にはその使用をすすめる説明と共にカート使用上の注意も記されている。何か機能を付加した際にはその内容を明示しないと使用者に伝わらない可能性があります。と共に免責条項も書いておかないと後からトラブルに発展する可能性もある。

【KAZの視点】それを使いたいがためにその店を選びたくなる特殊カートができないか。

【今日のダジャレ句】 傘立てを 付加することで 価値重ね

2020年7月22日 (水)

クラウンメロン栽培③(No.4985)

202007021203020 受粉と果実サポート。

右側は受粉作業の様子、左側は紐を使って果実の自重を支えている様子。

受粉しないと結実しないので頃合いをみて人が行っている。昆虫の助けを借りる方法もあるようですが、確実性を期すためにはこまめな作業が必要になる。一方大きくなれば幹にかかる負荷も増え自然にまかせると外観形状にも影響してしまう。そこでへたのT字部分に紐をかけ、上部の支えから吊してあるかのように保持している。果物は味が一番大切な要素ですが外観の美しさにも配慮しないと商品価値が上がらず管理はたいへんです。

【KAZの視点】ちなみに写真の果実の表面は割れ始めている、美しい網目の管理も課題。

【今日のダジャレ句】 外観で 差別化図る 違い感

2020年7月21日 (火)

クラウンメロン栽培②(No.4984)

202007021203010 地面とは隔離したパンで栽培する。

写真のように東西方向に苗が定ピッチで植えられるパンは地面とは離れている。

地面に直接植えると降雨等により自然の水分の変動により、補給する水分量の管理が出来なくなるため。植物を育てる際に水は大きなファクターで日々観察しながら給水量を管理されるらしい。また苗床の中にはパイプが貫通しており、収穫終了後次の苗を植える前に水蒸気を吹き込み消毒する等、様々な配慮がされている。写真から分るように苗一本には果実一個だけを残し複数個の子メロンは摘果される。

【KAZの視点】水やりの自動化は現時点では難しそう、将来はAIによる自動化が実現か?

【今日のダジャレ句】 果実には 給水管理 確実に

2020年7月20日 (月)

クラウンメロン栽培①(No.4983)

202007021221430 写真のような形の温室で栽培する。

日照条件を少しでも良くするために南側の屋根を大きくしてある。安井農園さんで遭遇。

メロン購入でお世話になっている袋井市の安井農園さんで、栽培の様子を見学させていただきました。ずらりと並んだ温室は全て南側を向き、左右対称では無い。その内部はというと6列に並んだ栽培パンがひな壇のように北側に向かって高くなっている。これにより北側の日照条件を少しでも良くできる。苗を植えるピッチも南側と北側では微妙に変えているとのこと。長年にわたって蓄積されたメロン栽培のノウハウを感じました。

【KAZの視点】左に並んでいるのは重油タンク、寒い時期にボイラーを焚いて温度調節する。

【今日のダジャレ句】 温室の 日照条件 良いにしよう (>_<)

より以前の記事一覧