02コト

2023年2月 4日 (土)

家康のごはん(No.5724)

202301301412400 現在名古屋城で開催中の企画展で公開。

名古屋城西の丸御蔵城宝館企画展で展示されていた食事メニューのサンプル。

「家康とごはん、名古屋城でいただきます」とPRされている。令和5年1月1日~3月5日開催。「祝い膳手、複製」として展示されていた内容は、”御向”は、うなぎ、鯛、”本膳”は、御煮物(焼ききす、角麩、いんげん茸、かわ茸、長芋)、御なます(赤貝、鯛、しらが栗、ぼうふう、金柑)、御香之物、ごはん、御汁。左右には御二の膳、御三の膳もあり、かなりのボリューム。魚を主体に季節の薬味や野菜を多用した豪華なメニューに違いない。

【KAZの視点】実際にメニューを再現して食べる企画も各地で行われている模様。

【今日のダジャレ句】 家康の ごはん再現 提言し

2023年2月 2日 (木)

客室タブレット(No.5722)

202301300757350 ホテル室内機器の手元コントロールを可能にする。

タブレットで部屋の照明、空調の調整が可能、新聞閲覧、インターネット閲覧が利用できる。

”IoT”の実例として興味深い。室内機器についてはそのスイッチの役割があり、通常のインターネット利用端末としても使える。面白いところでは新聞閲覧(契約した特定の新聞の一部)が出来たり、宿泊アンケートの回答、目覚ましのセット、等にも使える。流石にテレビのリモコンは別にあり、本タブレット端末には組み込まれていない。強引に組み込めないことは無いが、複雑化して使いにくくなるからと想像される。あくまで使う身になって開発が進む。

【KAZの視点】誤動作で他の部屋の機器に影響したら一大事、技術の要と考えられる。

【今日のダジャレ句】 客室で 操作容易化 良いそうさ

2023年1月31日 (火)

アムールデュショコラ(No.5720)

202301301631081 日本一のバレンタインの祭典。

23回目の開催となるジェイアール名古屋タカシマヤのバレンタインイベント。

全国のバレンタイン催事の中でも売上・規模ともに日本一を誇り続けており、前回は入場制限を設けて開催したにも関わらず24億円の売上を達成したとのこと。たまたま遭遇してその混雑ぶりに驚きました。約150ブランド(初登場約15ブランド)が出店、約2,500種類(限定商品約100種類)のスイーツが登場する予定だとか。1ヶ月弱の期間で集中的に売上があるとは驚くべきこと、そしてチョコに群がる女性の多い状況にただただビックリしました。

【KAZの視点】一回仕組みができてしまえば、マイナーチェンジで盛り上げられるのかな。

【今日のダジャレ句】 祭典は チョコ売上で 採点し 

2023年1月28日 (土)

すくってちょ!(No.5718)

202301021600300 写真のようなキャッチャーゲーム。

景品が水流の中を流れているのが特徴。景品は水に浮かび、濡れてもよいものに限られる。

本ゲーム機の場合景品はスーパーバウンドボールでしたが、他のゲーム機ではウーパールーパーや水鳥のように水中で生活するものの模型などもあるもよう。一見すると難易度が高そうにも見えるが、景品をすくうバケット部分は水流に沿って傾くため、あとから流れてきた景品がうまく乗ることも多く、意外に取りやすいのだとか。狙う景品の大きさによってコツがあるようです。ゲーセンにキャッチゲームは溢れ差別化に知恵が絞られている。

【KAZの視点】メンテナンスや清掃の手間が掛かりやすく、あまり普及していない模様。

【今日のダジャレ句】 ゲーム機に 水流使い 酔狂ね 

2023年1月26日 (木)

トレペ巻きだし方向表示(No.5716)

202301011058400 写真のような準備段階のトレペ。

公衆トイレにセットする際方向を間違えないようにする工夫、高速道路SAで遭遇。

通常販売されているトレペにこのようなマークは付いておらず、担当者のアイデアと想像します。テキパキとセットする際に巻き方向をチェックする時間はもったいない。矢印スタンプを予め捺しておけば容易に判断出来る。薄いトレペは真っ白で端が見つけにくい、見つけたとしても方向をすぐに判断できるとは限らない。少量であれば何ら問題無いのに、一度に多数を処理するとなるとこのような工夫をしないとロスが発生するのだと分りました。

【KAZの視点】生産工程を考えれば梱包を解く際にひとつだけ見分ければ後は同じでOK。

【今日のダジャレ句】 巻き方向 スタンプ捺して 推し量る

2023年1月24日 (火)

セルフ注文(No.5714)

202212051126070 写真のような店内のコーナー。

①商品を選び②手続きし③レジで会計して終了。各自店内で商品を注文できる、ニトリ新宿店で遭遇。

セルフレジは急増中ですが、端末を使いセルフ注文するシステムがあるとは初めて知りました。端末を使って自分で注文するのであれば、自宅からでも可能なはずで、お店でやるほども無いと思うのですが。本件、お店で展示されていなかったものも買える、その場で支払いを完了できる、等のメリットがあるのかも。いくら技術が発達しても商品現物は物理的にユーザーに届かないと商売が成立しないことを配慮してシステムが設計されると思われる。

【KAZの視点】セルフレジ、セルフ注文、次は客が自分で工場から運ぶセルフ輸送か。

【今日のダジャレ句】 注文も セルフ化したい 付加したい (>_<) 

2023年1月19日 (木)

ピックアブリック(No.5712)

202301011630590 レゴ部品の販売方法。

規定の容器の中に詰められるだけ詰めて購入する方式、レゴブロック専門店で遭遇。

ステップとしては、(1)アルコール消毒&ビニール手袋を着用、(2)色々考えながら部品を詰め込む、(3)蓋をぴったり閉める、とシンプルです。しかし少しでも欲しいパーツを多く入れるためには試行錯誤が必要。何せ容器はストレートの円柱では無く傾きがある、底部は上げ底となっていてフラットではない、蓋にも出っ張りがありここを有効に使いたい。レゴを組み立てる際にも色々頭を使うことでしょうが、部品調達も頭の使い方次第です。

【KAZの視点】単なる量り売りでは面白くなく、遊び心で採用されたのではないか。

【今日のダジャレ句】 詰め放題 うまく入れたら 魔法だい

2023年1月17日 (火)

ポケモンスタンド(No.5710)

202212311807190 写真のような自販機。

ポケモンセンターオリジナル商品が購入できる自動販売機、東名海老名SAで遭遇。

まあ大きな自販機があるものです。奥行きを見ると理解出来ますが、ぬいぐるみなど大型の商品を扱うので仕方無い。前面の説明表示には「ポケモンスタンドはポケモンGOのジムになっている、「ジムバトル」や「レイドバトル」に挑戦しよう」とあり、スマホを使って双方向にアクションできる付加的な仕組みがあるようです。ちなみに左隣には「ポケモンカードスタンド」が設置されている。こちらはポケモンカードが購入できる自動販売機です。

【KAZの視点】ネットでの購入が当たり前の世の中でも自販機の需要は無くならない?!

【今日のダジャレ句】 自販機に 機能付加され 孵化される

2023年1月14日 (土)

爬虫類と暮らす家(No.5708)

202212311215470 写真のような展示場。

爬虫類との快適ライフが提案されている。動物園iZOOで遭遇。

ソファに座りながら、飼育する爬虫類を見て楽しむことができる。飼育空間は断熱性を高め、空調やライトなどで爬虫類により適した環境に調整できる。強化ガラスの厚みを変えることで、爬虫類以外の動物も飼育できるらしい。ペットの多様化で一般家庭で爬虫類を飼育する人が急増していることを受け、全国に先駆けて画期的なモデルルームを造ったという。犬や猫といったペットを飼育するのとはかなり異なり、維持運用にもお金がかかりそう。

【KAZの視点】爬虫類が暮らす家に人間が間借りして住むイメージになるかも?!

【今日のダジャレ句】 爬虫類 共に暮らすの Sクラス

2022年12月29日 (木)

ベビー休憩室(No.5706)

Img_4040 写真のような駅構内の設備。

「実証実験中」の表示。入り口には授乳、おむつ替え、離乳食、男性可、と表示。

内部は左下方の写真のように赤ちゃん用ベッドとか、照明、非常ボタン等が整備されている。「赤ちゃんケアにお使い下さい」との表示、原則20分以内。設備自体は「mamaro」という商品名で市販されているらしく、ショッピングモール等にも設置が進んでいるもよう。赤ちゃんと一緒の母親が外出時には必要になるセミプライベート空間。口コミ情報が広がっているもよう、概ね好評価だが空調が無いので夏場は辛い等の書き込みも。

【KAZの視点】ビジネスマン用BOXも最近増えており、各駅では場所の取り合いが心配?

【今日のダジャレ句】 駅内で 私的空間 指摘され (>_<)

※本年もお付き合いありがとうございました。良いお年を。(一週間お休みです)

より以前の記事一覧