02コト

2019年1月23日 (水)

乗り合いバスの機能表示(No.4525)

201901071500120乗車口に様々なステッカー。

使用可能なICカードの明示やUSB充電端子やアイドリングストップ機能を開示してある。

新型バスになればなるほど機能が増していく可能性が高い。これからバスに乗ろうとしている人間に車内の機能を伝えることはサービスとして受け入れられる。ベビーカーや車椅子がOKの表示はそれを使わない乗客にも心構えを持たせるために有効。全ての車両が同一仕様であれば明示不要でしょうが各車個性が出てしまうためにこのような表示が必要になる。

【KAZの視点】多様化で今後表示したい項目が増え、窓一面がステッカーで覆われる。

【今日のダジャレ句】 バス内の 仕様明示に 使用され

2019年1月21日 (月)

客寄せ人形(No.4523)

201812261256110写真のような状況。

空気で膨らまされた人形の片手部分が風でバタバタ動き手招きしているようにも見える。

台の下部にブロアーがついており空気を吹き込むと人形は膨らむ。腕の先を解放状態にしておくと空気が吹き出す際に流れが不安定になり先端が不規則に動き招き寄せているようにも見える。最初から意図的に作った仕掛けなのか、偶然穴でも開いてしまって思いついたモノなのか。空気は膨らませるだけでなくバタつかせる働きもするものだと感じます。

【KAZの視点】人工声帯を持たせ空気の力で呼び込みの声を発生させれば面白い。

【今日のダジャレ句】 客寄せに 空気の力 食う器かな

2019年1月17日 (木)

ショーケースの煎餅展示(No.4521)

201812261009240写真のような商品展示。

各種煎餅が積み重なっているが、あるものは立った状態で見える方向を変えている。

いわゆる食品サンプル、通常は蝋で作られます。いつもその質感の表現には感心していますが、これはその姿勢に特徴がある。バランスがとれず通常はそのような静止姿勢はとれないものがサンプルでは表現できる。これによりお客さんの視線を呼び込むことができれば成功。サンプル制作者としてもその点に関してあれこれ考えておられると思います。

【KAZの視点】空中を飛んでいる分解写真のような配置のサンプル展示ができないか。

【今日のダジャレ句】 煎餅の 商品展示 消費せん

2019年1月15日 (火)

銀河シート(No.4519)

201812261456300寝そべる鑑賞シート。

左下部分がイメージ図、一人用と二人用がある。プラネタリアTOKYOのDOME2で遭遇。

飛行機のファーストクラスにもフルフラット式があるようにこれは贅沢な印象を与えられる。実際スペースをとるので料金は後方に見える一般席より約3割高い。ほぼ真上にプラネタリウムが投影されるので見る姿勢としては自然。プレミアム家具特注のメーカーで一部西陣織を使い「きらめく銀河につつまれる新体験」を演出している。間違いなく居眠り者が出る。

【KAZの視点】磁力を使い、立ったままでも寝たような重力場ができないものか。

【今日のダジャレ句】 銀河席 寝そべる姿勢 因果あり

2019年1月13日 (日)

書店のセルフレジ(No.4517)

201812261001110写真のような設備。

書店の一角に有人レジと共に設置されており、お客さんの意思によりこちらも選択可能。

①商品をスキャン、②金額を確認、③カードをタッチ、の三段階で完了。後は下部の棚にある書籍カバーや袋を使って包装し持ち帰れば良い。スーパーを中心にセルフレジが普及していますが、書店にも進出。完全セルフにするにはまだハードルが高いですが、有人レジの近くにあれば、いざとなったら店員が対応できるので導入はそれほど難しくは無い。

【KAZの視点】ヒューマノイドロボットが店員を演じ、セルフレジと感じさせなくなる。

【今日のダジャレ句】 セルフレジ せりふ言うなら 0時頃(>_<)

2019年1月11日 (金)

銀座ソニーパーク(No.4515)

201812261532040ソニービル跡地に一時的にできた公園。

開放的な吹き抜けがある垂直立体公園。ソニービルがリニューアルした新スポット。

「変わり続ける公園」をコンセプトに、2020年秋までの期間限定で開園中。フラットな地上フロアと地下4層のローワーパークで構成される。地下には吹き抜けがあり開放感のある「垂直立体公園」となっている。様々な体験型イベントが開かれているとのこと。地上の公園部には世界各地から集められた様々な植物が植えられている。

【KAZの視点】郊外の山林から光ファイバーで日光を送れば地下公園にも日が当たる。

【今日のダジャレ句】 吹き抜けの 垂直空間 付記されて(>_<)

2019年1月 9日 (水)

ひとり参加旅企画(No.4513)

201812261233310ひとり参加を基本とする企画。

一般的には二人で参加するパタンが多いのでこのようなニーズを発掘している。

旅の楽しみ方は様々、一人が一番気楽かもしれない。但しパックツアーの場合効率を考え費用を削減するには、二人以上が企画しやすいと思われます。そこを敢えて一人用に絞っているのはニーズがあるから。参加する側としても同行する人が全て一人となると気軽さが増すのかも。自己紹介の時間などが組み込まれているのも特徴。

【KAZの視点】性別や年齢層、趣味などで限定された人用の企画が登場するかも。

【今日のダジャレ句】 一人旅 行く度思う 気楽さか

2019年1月 7日 (月)

指先フォトスポット(No.4511)

201812261550520微細加工をアピールする展示。

スマホ用電子基板に微細な穴をあける技術によるアートを展示している。

写真左下のような照明と拡大鏡とセットで展示、自分の指を背景に置いてスマホで撮影すると指先に乗るくらいの基板に微細な絵画が描かれた写真が撮れる。三菱電機の技術をピーアールするメトア銀座で遭遇。単に微細加工の技術を写真を拡大して伝えても分かりにくく、このように自分の指の大きさとの比較でサンプルを見て撮影してもらえれば納得度は高まる。

【KAZの視点】大きなものを強調するのにウルトラマンと共に撮影する企画が登場か。

【今日のダジャレ句】 指先の 微細絵画で 優美咲き

2019年1月 5日 (土)

断面によるアピール(No.4509)

201812261012390写真のような商品が並ぶショーケース。

各種サンドイッチが販売されており、その断面で商品の購買意欲をかき立てる。

上部にはマンゴー生クリーム、ショコラいちご生クリームなど、中段以下はヒレカツ、コロッケ、コーンなどが並び、カラフルで多様で思わず選びたくなる。長方形を半分に切って並べると商品として安定し売りやすい。作る際は中央の切断部分に具材をボリューム多く配置することが肝要。幕の内弁当等平面上に配する際は具材を薄く切って大きく見せる方法と考え方は類似。

【KAZの視点】人間も外見だけで無く断面の如く内面をアピールできれば良いのだが。

【今日のダジャレ句】 断面で 内部アピール 段々と

2019年1月 3日 (木)

空間の有効活用(No.4507)

201812261023350極小コンビニのレジスペース。

床から頭部の手が届く位置まで、目一杯効率的に空間を使っている。

対面テーブルの下にレジがあり表示およびタッチパネルが配置されている。これにより対応店員一人あたりの横幅を狭くでき、本件の場合3人で同時に対応が可能となる。田舎では考えられないことですが都会ではスペース効率を最大限活かすことが必要。実際この店ではひっきりなしに客が出入りし3人の店員さんがフル稼働、このような配置の効果が感じられました。

【KAZの視点】国内でも一部で試行されている無人レジが都市部で一気に普及する。

【今日のダジャレ句】 空間を 活用したい 勝つように

より以前の記事一覧