01モノ

2020年1月17日 (金)

クリッカート(No.4826)

202001081254440 ノック式水性カラーペン。

空気中の水分を吸収する新インクを採用しているのでペン先が乾かない。

特殊インクの採用によりキャップを無くした商品。湿度の変化によって、水分の吸収と蒸発を繰り返し、適度な状態に保つので、ペン先が乾かないらしい。中学生の頃「ノック式万年筆」が大ヒットした記憶があります、時代を経てその水性サインペン版が生まれたとは。その色の数のバリエーションも驚きで36色もある。「好きな色をたくさん選んで、楽しく書くことができる」、「キャップがない、乾かない、色きれい」とPRされている。

【KAZの視点】速乾性に価値を見出すこともあるのに逆のことも要求、人間は勝手だねぇ。

【今日のダジャレ句】 キャップない 期待技術と ギャップない

2020年1月15日 (水)

カッパの足(No.4824)

201912011645170 携帯用長靴。

ビニール製で簡易底とファスナーのついたカバーからなる。

用途としてはガーデニングや自転車・バイクの乗車時、通勤・通学、急な豪雨・雪道、洗車時、またはスポーツ観戦などが考えられている。靴を履いたまま使えるのがミソ、というか靴の機能は別に必要で、雨とか泥よけの機能を付加するイメージ。携帯用〇〇とか簡易型〇〇という表現をよく見かけますが、常時必要で無い機能をその時だけアシストすると商品化できる例。ソール部の滑り止めや後部の反射シートもついている。

【KAZの視点】「水、雨」から連想される「カッパ」がネーミングに使われたのは面白い。

【今日のダジャレ句】 長靴を 携帯すると 名が苦痛 (>_<)

2020年1月13日 (月)

ロコモーティブ3D立体パズル(No.4822)

201912011706310 写真のような木製立体パズル。

木を材料として精密にレーザーカットされた部品を組み立てる楽しみが味わえる。

レーザーで焼き切る際に断面が焦げるので、あたかもツートンカラーでエッジが強調されたおしゃれ感もある。複雑な部品をマニュアルに沿って組み立てるらしい。男女共用で6歳以上の年齢層向きとあります。作業中に手、目、頭が鍛えられ、コーディネーション、応用力、集中力、理解力、思考力、創造力などのトレーニングの役に立つとのこと。実際にギアが連動して動くのが特徴で大きなセールスポイントだと思います。

【KAZの視点】材料のみが与えられた工作でこそ、本当の創造力や思考力が養われるはず。

【今日のダジャレ句】 組み立てる 過程楽しむ 見たて良く

2020年1月11日 (土)

スタンドペンケース(No.4820)

202001081259240 写真のような外観の商品。

やわらかく手触りの良いシリコン製のペンケース。持ち運びも据え置きも可能。

十分な深さを持つが、スタンド式で使う場合はペンが外にはみ出しとりやすくするため、弾力性のある底の部分がかさ上げされる。スタンド式で使用時はカバーの必要は無いが、持ち運び時にはキャップが出来るのがポイント。キャップ部にキャラクターを描けばファンシーグッズになる。チャックの部分が首輪に相当するので自然な外観になる。シリコンのように弾力のある素材はあれこれと便利な点がある。

【KAZの視点】キャラクターの顔の部分を購入者が自由に描けるようにできないか。

【今日のダジャレ句】 ペンケース スタンド式で いざ立たん

2020年1月 7日 (火)

アロマデガード(No.4818)

201912011653380 汗汚れを防止するシート。

Yシャツの襟の内側に貼って使い、使用後捨てるもの。いくつかの香りを含ませてある。

襟の汚れは厄介で洗濯にも骨が折れる。そんなニーズから生まれた商品。部分的に補強するとかカバーするという発明の手段がありますが、まさにその方法で発想されたたといえる。汚れたら剥がして別なものを貼れば良い。但し昨今の使い捨て文化への警鐘に対しては弱いかも。香りを含ませるのは自然の成り行きで、清潔感を香りにより助長する意図がある。かつ香りを長続きさせることは難しいのでこのような使い方がフィットする。

【KAZの視点】数枚重ねたタイプができれば、一枚ずつ剥がして使えるようになる。

【今日のダジャレ句】 襟汚れ アロマデガード 香りまで

2020年1月 5日 (日)

折りたたみ式メガネ(No.4816)

201910281326460 写真のようなメガネやサングラス。

中央で折り畳めコンパクトになる。専用のメガネケースも共に販売されている。

折りたたみ式の物は世の中に溢れており小さくなれば持ち運びや収納に良いことが多い。メガネは元々大きなものでは無いですがそれでも小さくしたいニーズがあることを示している。使用時の力のかかり方を考えるとこのように中央部から手前に向けて曲がるように設計するのが自然かと思いました。若干デザイン上悪化するとか重さが増すとかデメリットもあるでしょうがそれ以上にコンパクトさを大切にする消費者には受け入れられる。

【KAZの視点】ワンプッシュで閉じたりひろがったりする機構ができたら凄い。

【今日のダジャレ句】 折りたたみ 購入許可が おりたかな

2020年1月 3日 (金)

マルチスポーツGPSウォッチ(No.4814)

201909301302000 多数のスポーツに適した機能を持つ腕時計。

主な用途はゴルフ、ランニング、登山、バイク、プールスイム、スキー、筋トレ等と多種あり。

まあこれだけのスポーツをやる方はまれでしょうが、この腕時計をしてやることで楽しみが増えることは確実らしい。ミュージックプレイヤーや非接触決済機能を搭載、ナビゲーション可能な地図が装備されている。要は音楽を聴きながらスポーツできる、屋外であれば場所を特定してその場に必要な情報を得られる、心拍数の変化を記録できる、等々。後は組み合わせ次第、スマホと接続してアプリを活用することも可能。いやはや凄いです。

【KAZの視点】「スポーツ用」があるのなら、「芸術用」のマルチウォッチはできないか。

【今日のダジャレ句】 スポーツ用 機能はマルチ 丸リッチ

2020年1月 1日 (水)

エコ湯たんぽ(No.4812)

201912011715360 かわいい外観の蓄熱式。

20分間の充電で最長8時間ぽかぽか。カバーはふわふわとしたもこもこ素材で肌触りが良い。

湯たんぽは既に死語だと思っていましたがまだ使われている。但しお湯を入れて使う原始的な方法からかなり進化している模様。充電と蓄熱の詳細仕様は不明ですが、蓄熱材として「弱塩化ナトリウム水溶液」を使っている模様。要は塩水だと思うのですがその温め方と保温にどのようなノウハウが隠されているのか興味深い。持ち歩きが自由になるように熱や電気を貯める仕組みを考えた成果だと思います。外観はバラエティー化可能。

【KAZの視点】電気ならぬ元気を体内に貯めておける方法を身につけたい。

【今日のダジャレ句】 蓄熱し ぬくぬくできる 群を抜く

2019年12月30日 (月)

ロータリーペーパートリマー(No.4810)

201912011650410 紙への三種類の加工ツール。

ストレートに切ったり、折り目をつけたり、ミシン目加工ができるステーショナリー。

全てロータリー刃で交換は容易。基本は押し切りで直線状にカットする。切れるまで押し込まなければ折り目を付けられる。部分的に刃が欠けたような形状の刃を使えばミシン目にでき、後から切りやすくなる。押しても引いても機能し、多数枚重ねても使え、カットは8枚。折り目は3枚、ミシン目は5枚まで同時に処理可能。スクラップブックや手作りカードに使える。刃が剥きだしでなく安全上の配慮もされている。

【KAZの視点】カットとミシン目加工時、所定のカーブが付けられたら凄い。

【今日のダジャレ句】 回転刃 紙への加工 良く行こう

2019年12月28日 (土)

メディキュア(No.4808)

201912060857430 写真のような入浴剤。

「特に疲れがたまった時に」と呼びかけ、「高濃度炭酸」効果を訴求している。

通常のバブより一回り大きな固形剤で、確かに若干泡の発生量が多く感じました。但し疲れへの効果はなかなか実感レベルでは感じられない。世の中の商品には特別にパワフルな仕様にしたと訴求するものが多いです。やはり効果に満足しきれず、強い成果を期待する人間の心理の表れでしょう。外観が大きいとか、見た目に分るようにしないと消費者にはメッセージが届かない。メディカルとキュアの造語のメディキュアもしかりです。

【KAZの視点】「強さ×長さ」で総量が決まるので持続時間の長さもうたって欲しい。

【今日のダジャレ句】 高濃度 効果高める 効能度(^_^)v

より以前の記事一覧