« ハロウィンおおかみ人間(No.5045) | トップページ | つむモスグミ(No.5047) »

2020年10月 3日 (土)

アルコール洗浄用品の氾濫(No.5046)

202009171206430 棚に所狭しと陳列されている。

ジェルタイプ、液体タイプ、ティッシュタイプ等、どれを選んだら良いか選択が難しい。

今年前半コロナが広まると同時に店頭から姿を消し、入荷待ち状態が続いたが今はどこでも必要なだけ購入できる。ジェルタイプが多いように感じますが消費者の好みによるのかどうか。今後当分の間コロナとの共存が続く限り需要はあるのでしょうが、問題は終息後。各社が一斉に供給したために市場にだぶつき、値崩れや処分の問題が出るのではないか。需要と供給のバランスをとるのは難しいとつくづく思います。

【KAZの視点】消毒以外の用途開発が進む、または異なる商品への変換技術が生まれる。

【今日のダジャレ句】 洗浄品 市場だぶつき 戦場に

« ハロウィンおおかみ人間(No.5045) | トップページ | つむモスグミ(No.5047) »

02コト」カテゴリの記事

ショップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ハロウィンおおかみ人間(No.5045) | トップページ | つむモスグミ(No.5047) »