« クリッカート(No.4826) | トップページ | Real fake tear(No.4828) »

2020年1月20日 (月)

ゲーム機の電子マネー化(No.4827)

201912011545520 写真のような端末がUFOキャッチャーに付く。

プリペイドカードを使いその場での決済が可能、キャッシュレス化が加速している。

ゲーム機も現金がいらない時代になりつつある。電子マネー化の目的としては、①利便性の向上、②外国人にも使いやすくする、③従業員の金銭管理負担軽減、顧客サービス向上、などが挙げられている。まあごもっともでキャッシュレス化しないのが不自然と言えるかも。面白いところでは、柔軟な価格設定によるゲーム価値の多様化も目的に考えられている。1円単位でのゲーム料金の設定も可能、日ごとに料金が変化するかも。

【KAZの視点】UFOキャッチャーでキャッチするのは商品では無く電子マネーになるかも。

【今日のダジャレ句】 ゲーム機も 電子マネーで 真似される

« クリッカート(No.4826) | トップページ | Real fake tear(No.4828) »

02コト」カテゴリの記事

アミューズメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クリッカート(No.4826) | トップページ | Real fake tear(No.4828) »