« ロングカクタス(No.4799) | トップページ | 紙製緩衝材の採用(No.4801) »

2019年12月20日 (金)

吸入剤(No.4800)

201912201039260 インフルエンザ処方薬、吸入粉末剤。

一般的な「飲む薬」ではなく「吸う薬」、二種類からなり容器に特徴がある。

昨日処方されて吸引、本日朝には熱が下がりました。このような処方薬が開発されたおかげで、罹患してもそれほど辛い思いをしなくて良く、ありがたいことです。容器に特徴があり二種類の粉末剤を順に吸引する仕組み。はじめから一緒にしておくと反応してしまうとかの理由が考えられます。インフルエンザウィルスはのどや気管支で増殖するので、消化器系を通して体内に入れる一般的な方法より呼吸器系から入れた方が直接届いて効果的らしい。

【KAZの視点】飲む、塗る、が薬の標準ですが、吸うとか嘗める、嗅ぐ、聞く薬も出る?

【今日のダジャレ句】 吸入剤 急にニューなる 座位につく?

« ロングカクタス(No.4799) | トップページ | 紙製緩衝材の採用(No.4801) »

01モノ」カテゴリの記事

技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロングカクタス(No.4799) | トップページ | 紙製緩衝材の採用(No.4801) »