« すがもんのおしり(No.4373) | トップページ | VR体験(No.4375) »

2018年8月14日 (火)

かぐや(No.4374)

20180723161298写真のような和菓子。

竹を使った容器に見せたプラスチック容器に入れたみつまめと栗小豆。

もしも竹をそのまま使ったら様々な大きさとか色合いとなり統一性が保てない。自動生産や大量生産するには、人工的に作った規格品がモノを言う。もちろん本物とは差がつくが、その分、形を自由にしたり色を変えたり細工が可能。写真の二種は同じ金型を使用し、プラスチックの色を変えただけで異なるものができ、作る側には好材料と分かる。

【KAZの視点】質感や香りをプラスチックに付与する技術が開発され本物に近づく。

【今日のダジャレ句】 竹容器 らしき商品 陽気だね

« すがもんのおしり(No.4373) | トップページ | VR体験(No.4375) »

01モノ」カテゴリの記事

飲食物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かぐや(No.4374):

« すがもんのおしり(No.4373) | トップページ | VR体験(No.4375) »