« タイカンストリーム(No.4318) | トップページ | コンバーチブルベンチ(No.4320) »

2018年6月18日 (月)

自動はけ塗り工程(No.4319)

20180530093851写真のような自動化工程。

焼きあがったパイに味付けをすべく調味液を刷毛で塗る。うなぎパイ工場で遭遇。

自動機械を見るのは楽しいです。特に身近なものがどのような工程で製造されているのかは興味深い。本件右側のオーブン工程から出てきた焼きあがったパイに最終的な味付けをするもので、パイプを通して刷毛部に液が供給され製品が通過する際に一旦下がり左右に動いて塗りつける。基本は人のやる動作と同じですが、調整のノウハウが多くありそうです。

【KAZの視点】パイになった気分で工程を通過したらどんな気分か、想像すると楽しい。

【今日のダジャレ句】 刷毛塗りを 機械に任せ 量はける

« タイカンストリーム(No.4318) | トップページ | コンバーチブルベンチ(No.4320) »

02コト」カテゴリの記事

技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自動はけ塗り工程(No.4319):

« タイカンストリーム(No.4318) | トップページ | コンバーチブルベンチ(No.4320) »