« メディアビジョン | トップページ | 魚がし鮨ボランティア車 »

2017年7月20日 (木)

解剖モデル

20170607133393写真のような置物。

単なるモデルではなく一部が透明で中が見える。分解して立体パズルとしても楽しめる。

小学生の頃、カエルの解剖をした時のことを思い出します。なかなか抵抗がありましたが、このようなモデルであれば遊び感覚で内部が理解できて面白い。身の回りの電化製品等の大半は内部が見えませんが、中には見えると面白いものもあるはず。商品のラインナップは多く、主要な動物はほとんどある。わけても人間は一番人気かもしれません。

【KAZの視点】政治家の脳内解剖モデルが出来れば嘘のつき方が分かるかも。

【今日のダジャレ句】 解剖を モデルで可視化 待望し

« メディアビジョン | トップページ | 魚がし鮨ボランティア車 »

01モノ」カテゴリの記事

アミューズメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 解剖モデル:

« メディアビジョン | トップページ | 魚がし鮨ボランティア車 »