« 駅構内のガチャ | トップページ | 縮小された券売機エリア »

2015年4月20日 (月)

d-torso(ディートルソ)

2015_0302j0002段ボールクラフト。

レーザーで切り出された段ボール部材製の断面を、等ピッチで差し込み嵌合させ立体にする。

表面には段ボールの端面が露出し非連続的に連なる。鑑賞者は欠けている部分をイメージで補完しひとつのフォルムとして認識する。写真は恐竜ですが、干支や動物、ディズニーキャラクターなどをモチーフとしたものがたくさんある。自由な曲線を容易にカットできるレーザー切断装置のおかげ。厚みのある段ボールを使うのがミソ、組み立ててよし、飾ってよしの商品です。

【KAZの視点】段ボールの代わりにプラスチックや木材にしても質感が違って面白い。

【今日のダジャレ句】 断面を 重ねて端面 表面に

« 駅構内のガチャ | トップページ | 縮小された券売機エリア »

01モノ」カテゴリの記事

アミューズメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: d-torso(ディートルソ):

« 駅構内のガチャ | トップページ | 縮小された券売機エリア »