« 連台による川越え | トップページ | シュラフの模型展示 »

2013年9月19日 (木)

縄跳び名人

20130906_g_002跳びやすくなる跳び縄。

持ち手の部分に錘が入っている。重みで腕を自然に定位置で動かせるようになるので飛びやすくなる。

中の様子が見えるので何となく効果がありそうに思えるのかもしれません。実際に使ってみると確かに違いが感じられました。モノづくりの現場において、一般的には少しでも軽く作りたいというニーズが多いのにこれは逆で興味深いです。複雑な点は一切なく、コストもそれほど上がらないはずでグッド、「シンプルイズベスト」を地でいっています。

【KAZの視点】運動用Tシャツの袖の部分に錘を入れれば脇をしめやすくできる?!

【今日の一句】 錘入れ 縄の跳び方 軽くなり

« 連台による川越え | トップページ | シュラフの模型展示 »

01モノ」カテゴリの記事

アミューズメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 縄跳び名人:

« 連台による川越え | トップページ | シュラフの模型展示 »