« 電気バリア | トップページ | 食材の顔だしパネル »

2013年8月 6日 (火)

戦国武将キャップ

20130805_g_015写真のようなキャップ。

伊達政宗の兜をイメージしたお土産品。ゴム製のあご紐がある。松島の土産物店にて遭遇。

親子が楽しげに会話した後購入していました。我々が子供の頃に遊んだチャンバラごっこには最適なグッズですが、最近の子供はどのように使うのかな?家紋らしきマークも入りイメージを高めている。大人はパーティーグッズとして、なり切り用に使える。本来重くて扱いにくいものを、遊び心で軽くして使い易くしたので商品として価値が出る。

【KAZの視点】鎧の図柄がプリントされた「戦国武将エプロン」が商品化される。

【今日の一句】 変身用 兜帽子を 被っとけ

« 電気バリア | トップページ | 食材の顔だしパネル »

01モノ」カテゴリの記事

アミューズメント」カテゴリの記事

コメント

お土産にしてはとても良く出来てますねぇ。
エプロンあったら欲しいです。
外国の人にもウケそう(^^)

to:Rayさん

パーティーグッズとして開発したものを「お土産」として売ったらどうか
と土産物店に並べた・・・というのが実情かもしれません(想像ですが)。

外国人の方にどう受け取られるか、この視点は面白いですね(^_^)/~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戦国武将キャップ:

« 電気バリア | トップページ | 食材の顔だしパネル »