« Mr.TEA(ミスターティー) | トップページ | Bug Lock(バグロック) »

2013年7月 6日 (土)

書店の配架区分

20130418_g_030様々な分類の図書区分け。

書店の区分は時流によって変化する。「少子高齢化」も出現している。

書籍の背表紙を見なくても、本棚の横から眺めると区分を認識できる。小説では昔から作家ごとに仕切られており便利ですが、一般書籍にも様々な区分が現れてきました。「少子高齢化」は私の所属するNPOの関連テーマなのでじっくり研究できました。それにしても個々の書籍はいくつかの区分にまたがる内容が多いはずで、どのように区分けされ配架されるのかな?

【KAZの視点】書店でどのような区分があるかを研究すれば論文が書ける。

【今日の一句】 書架区分 社会情勢 反映し

« Mr.TEA(ミスターティー) | トップページ | Bug Lock(バグロック) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

02コト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 書店の配架区分:

« Mr.TEA(ミスターティー) | トップページ | Bug Lock(バグロック) »