« 観光(5)『レリーフ製作販売』 | トップページ | 観光(7)『顔だしパネル』 »

2013年6月 8日 (土)

観光(6)『間口の超狭いビル』

06dsc_30198e間口が105cmしかないビル。

両側のビルに挟まれるように建っている6階建て。スペインのバレンシアにて遭遇。

どのくらい有名なのか気になるところですが、珍しいことは確か。たった105cmの幅で6階建てとは、一体内部の構造がどうなっているのか気になります。階段はどうなっているのか、トイレや厨房はあるのか等々。それでも写真中央に見られるように、狭いことを自己主張しているし、2階より上部にはしっかり窓がついているので建物としての空間は内部にあるようです。

【KAZの視点】奥行きが極端に浅いビルを作れば観光の対象に使える!?

【今日の一句】 珍しさ 肩身狭くは 無い存在

« 観光(5)『レリーフ製作販売』 | トップページ | 観光(7)『顔だしパネル』 »

02コト」カテゴリの記事

西地中海クルーズ特集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 観光(6)『間口の超狭いビル』:

« 観光(5)『レリーフ製作販売』 | トップページ | 観光(7)『顔だしパネル』 »