« 夢の自販機 | トップページ | 書店の東京駅コーナー »

2013年2月 7日 (木)

ビルのプラモデル

20130104_g_031団地や駐車場の模型。

「彩色済みプラモデルキット」と明示されている。縮尺は1/150。

建物もプラモデルになる。”団地”は高度成長期のシンボル的な存在、懐かしむ大人が多く商品価値があることは想像に難くない。「彩色済み」とはパーツごとに着色済みで、組み立てるだけで本物らしく見えてしまうもの。色を塗って完成させること自体を楽しみたい方には不適ですが、ミスの心配がなくそこそこ本物のイメージに近いものが欲しい人には適しています。

【KAZの視点】当時の日用品や三種の神器のプラモデルも出る。(ある?)

【今日の一句】 懐かしい 団地の模型 現地なみ

« 夢の自販機 | トップページ | 書店の東京駅コーナー »

01モノ」カテゴリの記事

アミューズメント」カテゴリの記事

コメント

懐かしい 団地の模型!
新婚時代に過した公団型の戸田社宅 (2DK)
242号室 屋上の給水(貯水)タンクその頃を
思い出します

そう言えば理事長様が学生時代はこの近
くで合宿されたそうですネ~!

to:温水プール♪さん

私も昭和40年頃、父親の勤める会社の社宅で
過ごした経験があります。静岡の田舎でしたが
ちょっぴし都会的な気分になったものです。

戸田での生活も今は昔、我々の合宿所も建て替え
になりました。

時は移ろいますなぁ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビルのプラモデル:

« 夢の自販機 | トップページ | 書店の東京駅コーナー »