« 香時計 | トップページ | ライフル射撃場 »

2012年1月24日 (火)

バスクリン調合体験

2012_0118j0153原料に色素と香料を混ぜて完成。

ビンに入っているのが原料。手前の二つの容器が香料と色素。バスクリン工場見学で体験。

粉末状の色素をビンに加えて振るとだんだん均一に混ざる、液状の香料も同様に混ぜることができる。完成品はお土産になるので楽しさ倍増、見学後の実体験はとても好印象でした。見学時には見られない混合の様子が自分の目で確認できるからです。工場見学を受け入れる会社は多いですが、このような体験をさせてくれるところはそう多くは無いと思いました。

【KAZの視点】見学時のサービスとして、何らかの体験をさせる工場が増える。

【今日の一句】 やってみて 印象強し 見学会

« 香時計 | トップページ | ライフル射撃場 »

02コト」カテゴリの記事

宣伝」カテゴリの記事

コメント

理事長の前職での工場見学は可能でしたか?
当方、工場では小学生の見学があるそうです

小生も海外(東南アジア)地区関係者への見学説明を
経験した事があります(若さで強引に説明した記憶あり)
※設備技術者同士の会話なので意思疎通は楽でした

to:温水プール♪さん

はい、前の会社では見学コースが整備されておりました。
年代、性別問わず多くの方が訪れていたようです。

やはり相手によって説明内容は変えないとわかってもらえない
でしょうね。同じ素性の方には専門用語も通じるので楽だったの
では?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バスクリン調合体験:

« 香時計 | トップページ | ライフル射撃場 »