« 炭酸茶 | トップページ | パンダ弁当 »

2011年10月14日 (金)

さんまの売り方

2011_0914f0008様々なパック売りがある。

左下が未加工状態、その右が頭と尾が切られた状態、上は三枚おろしと刺身状態。

さんまは未加工状態で売られるものとばかり思っていましたが、料理する立場からすると選択できた方が便利です。 まとめて加工すれば消費者が個々に処理するより安くできるはず。しかし問題は読みがニーズと外れると売れ残りがでてしまうことで、未加工状態で売ればそれを防げます。工業製品同様「多品種少量化」の流れが進んでいると解釈できます。

【KAZの視点】大根売り場に、皮むき品、輪切り品、等加工済み品が並ぶ。

【今日の一句】 スーパーが 消費を刺激 加工売り

« 炭酸茶 | トップページ | パンダ弁当 »

02コト」カテゴリの記事

ショップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さんまの売り方:

« 炭酸茶 | トップページ | パンダ弁当 »