« 北海道ふりかけ | トップページ | 青と緑のビール »

2011年9月22日 (木)

ヘルプカー

2011_0805f0019構内サービス用電動車。

新千歳空港内、国際線と国内線ロビーを繋ぐサービス。運転士以外に4名乗車可。

ちょっとおしゃれなデザイン、運転士も若い女性だったので乗りたくなりました。しかし高齢者や妊婦さんなどが対象でしょうから気楽に利用するわけにもいかず自重しました。 モノを搬送するには連続的に行う「コンベア方式」と、まとめて間欠的に行う「バッチ方式」があり、これは後者の典型です。足腰の丈夫な方は「動く歩道」、弱い方はこの「ヘルプカー」と使い分けていただければよいわけです。まだ苦痛無く歩け、どこへも行けることに感謝です。

【KAZの視点】コンベアに椅子が付いた形態の新搬送システムが開発される。

【今日の一句】 足腰の 衰え助く ヘルプカー

« 北海道ふりかけ | トップページ | 青と緑のビール »

02コト」カテゴリの記事

未分類」カテゴリの記事

コメント

パトライトとオルゴールを装備したら 存在をアッピール
出来ますネ!

以前 工場の無人化運搬に この様な材料運搬車を
導入した事があります

to:温水プール♪さん

これは有人運転車なので運転士がホーンを鳴らしたり
声を出したりするのでしょうが。何はともあれ安全第一、
接触検出器などがついているかもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヘルプカー:

« 北海道ふりかけ | トップページ | 青と緑のビール »