« 様々な八ツ橋 | トップページ | バラエティーかるた »

2011年7月28日 (木)

果物の包装

2011_0717f0041ネットや箱で飾られている。

贈答用を意識した販売方法、いかにも高級果物といわんばかりの外見。

衝撃から守る機能もありますが、本来もっている価値を包装により高めているわけです。何も箱に入れなくてもいいではないか、金色のラベルは不要ではないか、なんて感じます。要はいただいた人は果物を食べる価値とともに、包装から得る高級感、普段はない満足感を得られるというわけです。果物の側にたつと、「馬子にも衣装」という気分になるのかしらん。

【KAZの視点】一部の野菜も希少価値や高級感を演出する包装形態が採用される。

【今日の一句】 果物も おしゃれをしたい 高級感

« 様々な八ツ橋 | トップページ | バラエティーかるた »

02コト」カテゴリの記事

ショップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 果物の包装:

« 様々な八ツ橋 | トップページ | バラエティーかるた »