« パンダの鼻くそ | トップページ | 米ピタ!クリップ »

2011年5月19日 (木)

3Dテレビゲーム

2011_0501f0008 立体的な画像で楽しむゲーム。

特殊メガネをして画面に向かうもの。第3回秋葉原PCゲームフェスタで人気を集める。

3Dは劇場映画を筆頭に普及途上にあります。ゲーム機の世界でも当然その波は押し寄せている。ゲームはそもそも仮想体験の世界なので、よりリアリティーを高めることが要求されます。CGソフトとPC環境の進歩による画像そのものの精巧さには目をみはります。更に立体視できるようになれば確かに魅力が増すものの、やって疲れないかと心配になります。

【KAZの視点】特殊マスクをしてその場のにおいを嗅ぎながらやるゲーム機が登場する。

【今日の一句】 人工の 現実感は ゲームにも

« パンダの鼻くそ | トップページ | 米ピタ!クリップ »

02コト」カテゴリの記事

アミューズメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3Dテレビゲーム:

« パンダの鼻くそ | トップページ | 米ピタ!クリップ »