« イタリア展 | トップページ | 倉庫の商品展示 »

2010年10月 7日 (木)

動物ボディータオル

2010_0915n0049 様々な機能的特徴をもったタオル。

「つるつるペンギン」、「がしがしワニ」、「のびのびきりん」、「あわあわひつじ」、とネーミングされている。

要は「きめの細かいもの」、「質感の硬いもの」、「伸縮性のあるもの」、「泡立ちの良いもの」と特徴があるわけです。これを動物にたとえてネーミングし、そのイメージが伝わり易いカラーに仕上げている。良く考えられたものだと感心。しかしこれだけラインアップをしないと消費者は目を向けてくれないのでしょうかねぇ。

★ひんやり感のある「白くマスク」、暖まる「タイガーマスク」はいかが。

« イタリア展 | トップページ | 倉庫の商品展示 »

01モノ」カテゴリの記事

日用品」カテゴリの記事

コメント

赤ちゃん用、若者用、高齢者用などお肌に合わせた商品が開発される!
(最近とみに皮脂不足の為)

ニュースソースは何か忘れましたが、
入浴時にタオルでゴシゴシ洗う事は
あまり感心しないと聞きました。

普通は、手の平に石鹸をつけて洗う
だけで十分だそうです。
このやり方なら「山姉さん」教授に
最適では?

to:山ちゃん

なるほど、顧客のことを第一に考えるとそのような区分の視点がありますね。
やはりナマの声は貴重です!

to:温水プール♪さん

洗うという行為をミクロに分析するとあるべき方法もいろいろ考えられるのでしょうが。
通常は感覚的に、気持ち良いとか悪いとかが優先されて判断材料になりますな。

ご推奨の方法良いのかもしれませんが、手の届かない範囲が最近富に増えている者としてはどうしたものか・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 動物ボディータオル:

« イタリア展 | トップページ | 倉庫の商品展示 »