« 背もたれの高い座席 | トップページ | USAの看板 »

2010年4月 5日 (月)

エッジの効いた建物

2010_0328n0042 楔の様な鋭角部のある家。

写真は左右の道路に挟まれた状態を楔の先端部から見たもの。もしも車が突っ込んだら真っ二つにされそう。

土地の形に合わせて作った結果だと思います。本来家の形は四角形が基本になっていますが、それにこだわることは無い見本だと感じました。多分世の中には探せばあらゆる形の家があるに違いない。ところで住み心地はどうなのかが気になります。住んでみないと分からない長所短所があるのでしょうな。

« 背もたれの高い座席 | トップページ | USAの看板 »

02コト」カテゴリの記事

未分類」カテゴリの記事

コメント

関東地方?のTV番組で「空から散歩」が
あります。東京のように土地が狭く限られ
ている所では、この様な建物があります。

きっと、仕方なくorこだわりで建てたと
想像しますが、広い土地があってもこの
様な建物は何か理由があるのかな?
(鋭角部分は何に使っているのかな?)

to:温水プール♪さん

やはり事情は個々に異なるでしょうね。
確かに鋭角部の内側がどうなっているのか気になります。
子供の頃、かくれんぼなんぞで狭いところを好んだこともありますが、一般的には使いにくいかな?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エッジの効いた建物:

« 背もたれの高い座席 | トップページ | USAの看板 »