« 足裏健康器具の氾濫 | トップページ | 本の無人販売 »

2010年3月11日 (木)

日本一怖いトイレットペーパー

2010_0311n0008 商品名「ドロップ」。

標記のようなキャッチコピーと「トイレで読む体験ホラー」の説明。トレペの表面に小説が印刷されている。

トイレという閉鎖された空間で、ホラー小説を読むと恐怖効果が高まるのでしょうか。トレペの表面に文章やクイズ等の印刷されたものは面白商品として多種売られていますが、これは著者を前面に出した中身を強調する商品です。包装紙の黒色が目を引きます、商品本体は黒でなくてほっとします。

« 足裏健康器具の氾濫 | トップページ | 本の無人販売 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

01モノ」カテゴリの記事

コメント

静かな個室、暖かい便座 手を伸ばせば、
そこにはこのペーパーいつの間にか長居
して読み、ロールエンドになったりして。

おまけに「続きは№2のロールを読んで
下さい」この流れは【お笑い】ですネ!

to:温水プール♪さん

確かに。

でも長居すると被害にあう同居者もいるのでは。その場合は「お笑い」では済まないかもです♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本一怖いトイレットペーパー:

« 足裏健康器具の氾濫 | トップページ | 本の無人販売 »