« ブタの落としぶた | トップページ | 小さなパン大きなパン »

2009年2月 7日 (土)

タッチ式入場ゲート

2009_0117z0005 スイカをタッチして通過するゲート。

鉄道博物館のエントランスゲート。チケット売り場でスイカを登録し入場料を引いた状態とし、認識できるようにするもの。

電車の乗り降りは自動改札の普及で大きく変化しました。何せ「鉄道」博物館ですから同様なシステムを使うのは当然かも。磁気式の切符ができて確実な管理ができるようになり、これがICカードになって通さなくても良くなった。次にくるのはかざさなくても良いタイプでしょうが、実用化は時間の問題でしょうか。

« ブタの落としぶた | トップページ | 小さなパン大きなパン »

02コト」カテゴリの記事

技術」カテゴリの記事

コメント

何気なく通過している自動改札ですが、ここで素朴な疑問に気付きませんか?
必ず右手を使わないといけません。左手を使って切符を入れたら、隣のゲートが開いてしまいます。私の彼は左利き~♪は不便です!
慣れない人にも不便です!

to:温水プールさん

なるほど、このテの不都合はその身にならないと気がつかないですねぇ。

一つ妙案が浮かびました。左利きの方は後ろ向きに通過すればいい・・・ダメ?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タッチ式入場ゲート:

« ブタの落としぶた | トップページ | 小さなパン大きなパン »