« 無線LAN+衛星回線 | トップページ | 接客の優先順位 »

2008年12月12日 (金)

厨房見学会

2008_1113d0016 日本人対象に開催された見学会。

3000人分の食事を準備する工程を15分間ほど見学。下ごしらえ、デザートコーナー、等分業されており圧巻。

新造船ということもあり、ピッカピカの設備の中で多くのコックさんが忙しく動き回っていました。メニューの管理、要求に合わせた材料の運搬、残飯の処理、各種厨房機器の扱い、全ては過去のノウハウが生かされ連携プレーで作られているのだと実感できました。食材の消費量の話を聞いてただただ唖然としてしまいました。

« 無線LAN+衛星回線 | トップページ | 接客の優先順位 »

02コト」カテゴリの記事

CRUISE特集」カテゴリの記事

コメント

ご参考までに一日の食材消費量の一部です。
一日に調理される平均的な魚の量680kg
肉の量:鶏類820kg 仔牛180kg 牛950kg 羊210kg 豚450kg
一日に出される平均的なサラダの量730kg
マヨネーズ130㍑ 小エビ140kg
パンに使われる小麦粉770kg 
一日に作られるケーキ類の数6000 アイスクリーム410㍑ 
フルーツ3180kg
一日の平均的な食器洗浄量(皿)70000
(グラス)21500 洗剤の量260㍑  などなど。
通常は、クルーズの始まる日に110トンから115トンもの食材を積み込むそうです。

1クルーズの始まる日に110トンから115トンもの食材を積み込んで、廃棄食材や残飯の量は?
まさか日本のホテルバイキングでのそれと同じく、食べきらない量を皿に盛って残りはポイ!。だとしたら考えちゃうけど…

to:温水プールさん

本件、関心を持ちながらも調査未了であります。怠慢をお許し下さい。
一部資料によるとゴミを出さない環境配慮がされているとか。しかし残飯は海に排出すれば魚の餌になり、海を汚すことにはならないかも。
しかし食べ残しが多かったことは残念ながら事実です。私も考えちゃいました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 厨房見学会:

« 無線LAN+衛星回線 | トップページ | 接客の優先順位 »