« 駅のベンチのデザイン | トップページ | 斜めに傾いた扉 »

2008年11月 4日 (火)

ペコッぱ

2008_1013n0017 話かけると3種パタンでうなづくおもちゃ。

「KYテクノロジー搭載」「くうきをよめる不思議な草」というコピー。話かけると言葉の強弱、間を感じとる仕掛けらしい。

’うなづき理論’はコミュニケーションの研究の結果生まれたもの、’バイオメタル’とは電流を流すと筋肉のように動く繊維状の駆動装置とのこと。これらの技術とアイデアを生かして生まれた商品です。またKYというキーワードには世相も反映されていて興味深い。人とのコミュニケーションが苦手という若者が増えているそうです、一人でこのおもちゃに向かって会話して済まさないことを祈ります。

« 駅のベンチのデザイン | トップページ | 斜めに傾いた扉 »

01モノ」カテゴリの記事

アミューズメント」カテゴリの記事

コメント

ところで、KAZさんは話し掛けたのですか?(笑)

to:山ちゃん

はあ、「し掛け」を色々研究していたら「話し掛け」るのを忘れました(^^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ペコッぱ:

« 駅のベンチのデザイン | トップページ | 斜めに傾いた扉 »