« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007年8月31日 (金)

ヨーグルトシュー

2007_0818n0004 シューの中にヨーグルトが入ったもの。

冷凍庫で冷やすと程よい食感になるようです。

「シュークリーム」という呼称があるのに何故「シューヨーグルト」と呼ばないのでしょうか。自分が食したものは果肉も入っており美味でした。何を入れるかを考えれば、「グラタンシュー」とか「シューカレー」とかもどこかで売られているのでしょうか。ソバやうどん、スパゲティーと組み合わせたらいけるのでは。名前はもちろん、「スパゲッシュー」。

2007年8月30日 (木)

PLMフォーラム

2007_0830n0002 PLM(Product Lifecycle Management)に関するフォーラム。

数百人の技術者が集結、非常に熱気のこもったもので、内容、雰囲気全てに刺激を受けました。

PLMとは最近製造業で大きな関心を集めている概念、商品の寿命の中でいかにして効率的に技術管理をするかを考える仕組みです。そのためにはIT技術を有効に使うことが必須。事前に問題の芽を摘み、無駄を最小限にする努力は大切です。

2007年8月29日 (水)

宙吊り広告

2007_0829n0018 本日山手線内で見かけた広告。

電車の形をしたビニール製のパスケース状のもので、カード類の広告用。

やはり目立ちます、色々と考えるものです。中央部にあるポケットに広告を抜き差しできるので、中味だけ変えれば何回も使える。緑色は山手線を意識したもので、多分他の路線では違う色を使っていると予想されます。

2007年8月28日 (火)

ダイナボディー

2007_0824n0002 マッサージ入浴用沐浴剤。

「お湯がとろみマッサージローションに」「お湯につかってマッサージ入浴!!」等の表示がある。

少々割高ですが自宅で試してみました。通常の沐浴剤と異なり、かなり濃度と粘度が高い印象です。確かにモミモミし易くなる感じで気持ちよかったです。水温と水圧の相乗効果もあると表示されていますがこれはどうでしょうか?ちなみに3種のラインナップです。

2007年8月27日 (月)

エスカレーターの使い分け

2007_0822n0009 時間帯によって方向を変える駅のエスカレーター。

左側の表示灯の下にあるものは、通常は下りだが朝のラッシュ時は上りとなる。

平日の7時半から9時半は乗降客のバランスが極端に崩れるのだと思います。マイナーな方向に動きたい人は若干不利益をこうむりますが、民主主義の世の中では仕方ないことでしょうか。また人の負荷を下げるためには下りより上りを優先的に使うのでしょうが。

2007年8月26日 (日)

カプセラ

2007_0804n0002 ビタミンカプセル飲料。

液内に粒状のゼリーが入った飲み物、カプセルの形状にこだわり、ガラス瓶に段部をつけている。

飲料市場は百花繚乱、商品寿命も短いと思います。この中で差別化するには容器や中身の状態にも配慮せざるを得ないのだなと感じます。ゼリーの粒の比重を調整し、常に浮いた状態になるように設定しているのにも感心です。

2007年8月25日 (土)

鍋島村の風景

2007_0825n0010_3 島田市鍋島村より大井川を望む。

特に観光地となっているわけではありませんが、田舎の美しい景色があります。

本日友人たちと川原でバーベキューを楽しみました。自然の中で童心にかえり水遊びにも興じました。文明の進歩で生活はとても便利になりましたが、そんなことはおかまいなしに自然の営みはゆったりとしています。身近でこれだけの自然が味わえる事をとても幸せだと思いました。

2007年8月24日 (金)

OISIXのビジネス

2007_0824n0006 社長の高島氏のお話を聞きました。

全国1000軒の契約農家さんのこだわりの野菜をネット販売している。

メインは上記ビジネスですが、牛乳の宅配業者と提携してチラシを配り、注文を受けるというアナログ的な事も進めておられるようです。このように両面作戦で行けば、デジタルデバイドとかいわれる負の問題はある意味で解消されるなと思いました。なるほど!

2007年8月23日 (木)

Lala Pado(フリーペーパー)

2007_0822n0013 女性のための美追求F.P.(月刊)。

青山・銀座版と新宿・池袋版の二つの版がある。

○○サロン、△△クリニック、等の広告が多い。上記二つの地域にこれらが偏在するということなのか、他の地区は何故仲間に入れてもらえないのか気になります。「若さで勝負はもうおしまい!26歳から始めるキレイへの近道」というキャッチコピーが印象的、”美”を追求するビジネスは大きなマーケットです。

2007年8月22日 (水)

ご当地ポテトチップ

2007_0818n0008 地方の名前を冠した菓子。

埼玉限定・深谷ネギ、新潟限定・カニ、群馬限定・下仁田ネギ、山梨限定・ほうとう味、のポテトチップ。

実際のネギやほうとうを食べていない方には、そのネーミングの価値はよく分からないと思います。通常の食卓にのる食材の味はほぼ商品化され、苦し紛れの「味」の限定のような気がします。この手の商品は最後の調味粉(鼻薬)で多種のものが簡単に出来てしまうわけで・・・

2007年8月21日 (火)

ジャンポップ

2007_0629n0012 伸縮するシャープペン。

「飛び出すボディー、小さく携帯伸ばして書く」とあります。

携帯する際は小さいほど良いというニーズを満たしつつ、使用時の不都合を解消というコンセプトです。折りたたみ傘を筆頭に、カメラの三脚、携帯電話、自転車など身の回りにたくさんあります。今後期待するものとしては、自動車など大きな設備のようなものでしょか?もう、ドラえもんの世界になってしまいますが。

2007年8月20日 (月)

子供のための交通安全教室

2007_0811n0005 先日地区のイベントで実施された。

模型の信号機を設置し、交差点を描いた場所で婦警さんが指導されるもの。

勉強では実習が効果的。実際の信号灯を模したセットで行い少しでも現実に近づけている。内輪差が原因で人を巻き込む実験は、樹脂製のマネキンを使いタイヤの下敷きにさせるもの。恐さはいやでも感じられます。安全意識向上のポイントは「危なさ」の仮体験かもしれません。

2007年8月19日 (日)

食べる竹炭

2007_0801n0021 落花生が竹炭でコーティングされたもの。

まろやかな風味のヘルシー豆菓子とあります。

竹炭が何故健康に良いかは知りませんが一つのブームでしょうか、竹炭入りフランスパンなども売られています。このように周りを包む、練りこむ、以外にジャム状にして入れ込むという方法がありますが、探せばあるのかしらん。試食してみましたがあまり印象に残らない味でした。

2007年8月18日 (土)

駅のフードコート

2007_0802n0014 郡山駅内にあったフードコート。

そば、ラーメンなど定番の店が軒を連ねる。

ショッピングモールでは大規模フードコートが当たり前になりましたが、駅にも進出という感じです。椅子と机が共有化でき効率的にスペースを使える、同じテーブルで異なったメニューを楽しむことができる便利さがあります。人が集まりある程度滞留する場所には今後もこの流れが続くのではないでしょうか。

2007年8月17日 (金)

いわな煎餅

2007_0731n0088 いわなを模した煎餅。

ザラメなど様々な味付けのものがセットになり、紐で縛られている。大内宿山形屋さんにて。

各種煎餅はどこでもあり、魚の形をしたお菓子も色々ありますが、この組み合わせが妙に新鮮に感じました。山間の宿場町で売られていたからだと思います。マーケティング理論ではありませんが、「どこで売るか」は大切です。

2007年8月16日 (木)

ガーター防止フェンス

2007_0731n0067 ボーリング場でガーター無しにするサービス。

レーンに両端に障害物をセットし、溝に落ちないようにする配慮。

めったにボーリングなどしないので今までお目にかかる機会がありませんでした。ゴルフでも囲碁でもハンディーをつける方法があるのと同様、これも子供大会などで使われる方策のようです。いっそのことレーン中央に磁石を埋め込み、ボールを鉄板で覆ってしまうなんてのはどうでしょうか。

2007年8月15日 (水)

ハエとり棒

2007_0802n0009 粘着剤を使ったハエとり具。

表面の紙をはがして台座に立てて使うもの。台座の穴には黒酢や赤ワインを入れてハエをおびき寄せる仕組み。

ハエとり紙は知っていましたが棒は初めてです。「紙」に比べて「棒」は表面積が少なく効率が悪いと思うのですが。見た感じが棒の方がおしゃれなのかしらん。でも最近はハエとり紙もめったに見なくなりました、そのうち博物館に行かないと見れなくなるかも。

2007年8月14日 (火)

防犯ミラー

2007_0802n0004 ホームセンターの天井につけられたもの。

棚の中央真上にあり、取り巻く部分全体が映る。

大きなお店では防犯ビデオを使うとかなりの費用負担となるからでしょうか。シンプルな仕組みですが効果は制約されます。棚を隔てて反対側の通路から監視が可能程度で、結局は人に頼らざるを得ません。究極の防犯グッズとして格安で革新的なものが何か出来ないでしょうか。

2007年8月13日 (月)

ガーデンスイング

2007_0802n0007 写真のような組立て式二人用ブランコ。

アウトドア商品メーカーのコールマン社製。屋根もついている。

一頃ほどではありませんが、この時期ホームセンターを賑わすのは各種アウトドア商品です。テントや調理道具といった定番以外にこんな感じのものも最近はあるんですね。単なる椅子では満足できない方たち用です。まだキャンプ場で見かけたことはありませんが。

2007年8月12日 (日)

ガラス工芸品展示照明

2007_0801n0016 世界のガラス館内の照明。

照明器具が天井から低く垂れ下がり商品直上から照らしている。

ガラス工芸品の魅力はやはり輝きですからこれを引き立てる配慮は当然です。実際光の散乱はまばゆいばかりのものでした。博物館や美術館での照明もよく考えられているもののひとつです。こちらはスポット照明が多いと思いますが、その効果でかなり見え方は変わるのではないでしょうか。

2007年8月11日 (土)

SWITCH PITCH

2007_0801n0007 一瞬で色が変わるボール。

直径8センチほど、空中に投げ上げ落ちてくると色が変わるおもちゃ。

写真のようなプラスチック製で、リバーシブルな洋服を球体にしたようなもの。構造を研究しようとしましたが空間把握能力がないと理解は難しい。このような商品の開発はニーズからきたのかシーズからきたのか興味があります。一瞬にして表裏が変わる立体を考えようとしたとすると、そのような発想をしたことそのものが驚きです。てえしたもんだ!!

2007年8月10日 (金)

団塊の本音トーク

Nec_0003 本日参加したトークイベント。

デザインコンセプター:坂井直樹氏とトレンドスポッター:砂川肇氏の軽妙なやりとりに触発されること多々あり。

とても示唆にとんだ話がたくさん聞けましたが、モノコト研として取材したいネタも数多く出てきました。例えば坂井氏がデザインしたいという携帯電話の冠は、「六角形の」「透明な」「親子式」「ひび割れした」などだそうで近いうちに製品化されるらしい。「オンライン抱きしめジャケット」「バーチャル試着室」などの話も出てきて、モノコト研究家の先生みたいな方達。ドキターKAZまだまだ修行が足りません。関連記事はこちら

2007年8月 9日 (木)

キャンプ場のゴミの分別

2007_0802n0001 キャンプ場のゴミは17種類に分別。

使用する洗剤も合成洗剤は不可で指定されていました。

森林公園内にあるキャンプ場で、環境保護が徹底され自然との共生の大切さを小さな子供たちにも感じてもらう方針が分かりました。よく「分ければ資源、混ぜればゴミ」と言われます、分別されていることは身の回りの整理も含めて一つの価値だと思います。

2007年8月 8日 (水)

元気ボーン

2007_0804n0002 木を削って骨の形にしたもの。

ペット用のお土産として観光地で販売されていました。

ペット市場は相当大きいと思いますが、土産品にも波及しているようです。我が家では犬を飼った経験が無いのでよく分かりませんが、骨の形をした木を犬は喜ぶのでしょうか。留守番をしていた犬君は土産を喜ぶとは思いますが、やはりXX饅頭や△△煎餅のほうが実利的ではないでしょうか。当事者に聞いてみたいワン。

2007年8月 7日 (火)

ガスの自動販売機

2007_0801n0001 キャンプ場の炊事棟でのサービス。

100円入れると20分間ガスコンロが使えるサービス。

世の中には数多くの自動販売機がありますが、この手のものは初めて見ました。大体形のあるもの、持ち帰れるものですが、これはその場で使い価値を味わうもの。でも自動マッサージ機なんぞは心地よさの自動販売機と表現できるかもしれません。

2007年8月 6日 (月)

塩バニラ

2007_0731n0075 チロルチョコのニューフェース。

ホワイトチョコの中にクリームと粒塩状のものが入っている。

甘いものの中に塩とはちょっと奇異でしたが、それなりの味わいがありました。料理の味付けで塩も砂糖も入れるのと同じ理屈でしょうか。カラシやケチャップ入りのチョコレートがそのうち誕生するかもしれません。

2007年8月 5日 (日)

看板の配色

2007_0801n0015 福島の五色沼近くのコンビニの看板。

通常「7」の字はオレンジと赤の配色だが、ここではこげ茶色になっている。

観光客の我々にはちょっと奇異に感じられますが、現地の方たちの景観に対する配慮と思われます。この後那須を訪問した折、通常緑の「i」の部分もこげ茶色と徹底していました。普通目立ち度が看板の生命ですが、場合により変化するものだと感じました。

2007年8月 4日 (土)

花炭

2007_0801n0008 木の実を炭にしたもの。

まつぼっくりの形はすぐに分かる。

観賞用のほか、消臭・防臭、除湿効果、マイナスイオン、電磁波を弱める効果があるらしい。単なる炭と何が異なるのか分かりませんが、少なくとも形を保ちながら炭にする工夫をしないとこの商品は出来なかったことは確かです。

2007年8月 3日 (金)

饅頭手作り体験

2007_0802n0012 薄皮饅頭を作れるサービス。

薄皮に餡を入れる体験ができ、それを食べられる。

デパ地下で良く食品の実演を見ることがあります。見るだけでなく自分で体験できればもっと楽しい。これはその企画です。百聞は一見にしかず、百見は一行にしかずだと思います。その難しさなど体験により分かるものです。

2007年8月 2日 (木)

ゴリラの鼻くそ

2007_0731n0071 あずきの甘納豆。

商品名がユニークです。

同じものを販売するのに、このようなかわったネーミングは効果的だと思います。ゴリラとしたのは、その色と大きさから連想される動物からでしょうか。東北のほうに「かもめのたまご」という銘菓がありますがこちらは品の良さを狙っています。XXの△△のネーミングはまだいくらでも出来そうです。

2007年8月 1日 (水)

高遠そば

2007_0731n0082 ねぎを箸代わりにして食すそば。

昨日会津の大内宿にて体験、食べながら薬味を補充することができる。

ねぎでそばをすくいながら口に運ぶ、ねぎにかじりつくと薬味が口の中に広がる。昔から伝わる食べ方だそうです。観光地で、古い街並みの家屋で食べるのは独特の体験でした。お箸が食べられる材料として他に何か考えられないでしょうかね。ふつうのレストランで開発すればヒットの予感。

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »