2019年10月15日 (火)

公式スポンサーショップ(No.4748)

201909201709320 ラグビーボールが大きな目印。

オランダのビールメーカー、ハイネケンが写真のようなブースを出展、ファンゾーンにて。

今回のワールドカップの公式スポンサーは22社、そのうちのひとつがこのビールメーカー。ラグビーはビールを飲みながらの観戦が主流だそうで、スポンサーにとっても投資するだけの価値はあるのでしょう。店頭の人の背丈ほどもあるボールが印象的、これが何か分らない人はまずいない。球体は安定、楕円球は不安定、まあ先人は凄い道具を発明した物です、安定してしまうものはつまらない!?

【KAZの視点】もう少し斜めにして倒れる直前のイメージで設置すればもっと目立つ。

【今日のダジャレ句】 ハイネケン スポンサーにて high値付けん(>_<)

2019年10月14日 (月)

バルーンライト(No.4747)

201909301322330 大きな風船状のライト。

工事現場やイベント広場でよく見かけるタイプ。災害現場、お祭り広場、キャンプ場でも使える。

投光器は一方向しか照らせませんが、本ライトは360度ぐるりと照らせる。それもLED製なので発光量の割に消費電力は低く、寿命は長い(240wで26000ルーメン)。まさに技術進歩による恩恵を受けていることになる。三脚スタンドや台車を使えばどこへでも移動でき使い勝手が良い。防水、防塵。虫は紫外線に集まるが本ライトの紫外線成分が少ないので近寄らないらしい。

【KAZの視点】夜何らかの活動をしたいなら灯りは必須、ライトの技術は進化を続ける。

【今日のダジャレ句】 風船状 バルーンライトは 欲張るん(>_<)

2019年10月13日 (日)

屋外喫煙所(No.4746)

201909201713340 写真のような喫煙施設。

屋外にテントを張って内部に灰皿を設置し、喫煙所と明示する。ファンゾーンで遭遇。

社会全体の禁煙化が進み、分煙が当たり前になっていくのは良いことです。喫煙ゾーンは通常屋上とか、屋外に設置することも多く、このような屋外広場で特別に設置するのは少々奇異にも感じました。煙の排出については排気設備は不要ですが、特別なゾーンであると意識させるためには透明な窓もどきを有したテント施設は似合うかもしれない。人が多く集まる場所に準備しないと一部の方からクレームがつくのでしょうか。

【KAZの視点】建物内の通常施設である、会議室や視聴覚室などの屋外版もうまれる。

【今日のダジャレ句】 喫煙所 屋外に出来 奥がいい

2019年10月12日 (土)

折り畳み式ハンドトラック(No.4745)

201909301318100 写真のような道具。

レバーを握りハンドルを伸ばして荷台を広げると車輪もでるカート。

車輪の上に荷重をかけ引き回すだけで重い物も容易に運ぶことが出来る。この商品はそのキーとなる機能だけを取り出した商品といえる軽量アルミ台車。荷台と車輪、そこにつけられたハンドルは伸縮して1メートルくらいまで伸ばせる。使用しない時にこのくらいの大きさに折り畳めるのはありがたい。荷台の大きさは40×27センチ、耐荷重は68キロ、本体重量3.4キロとのこと。

【KAZの視点】超小型モーターを内蔵した電動車輪が装備されればもっと楽になる。

【今日のダジャレ句】 アルミ製 軽量台車 価値ある身

2019年10月11日 (金)

日本文化体験コーナー(No.4744)

201909201717030 ファンゾーンでの外国人向け企画。

写真のようなエリアにコマ、羽子板、けん玉、竹馬などが展示され遊べるようにしてある。

世界中からラグビーファンが集う状況なので日本のことを紹介する良い機会です。外国人観光客としても目的を特化したゾーンで未知なる体験ができれば楽しめるはず。海外にも似たような道具はあるでしょうが、日本固有の遊びを感じられるでしょう。ところで日本人でも若い方達には馴染みが薄いものもありそうで、彼らにとっても楽しめるのでは。「日本文化」と銘打つにはちょっとオーバーかも。

【KAZの視点】単に体験してもらうだけで無く、競わせて賞品を出せば盛り上がる。

【今日のダジャレ句】 観光で 文化紹介 慣行に

2019年10月10日 (木)

大釜をかき混ぜる魔女(No.4743)

201909301311470 写真のようなハロウィーングッズ。

魔女がスープを作るためにかき混ぜるシーンを再現する大型オモチャ。コストコで遭遇。

毎年この時期になるとハロウィーングッズが出回ります。年々浸透するにつれ、このように本格的な商品も売れているようです。魔女はハロウィーンには欠かせないキャラクター。この商品は釜の中にモーターが付いていて杖の先端を動かし、結果として魔女がかき混ぜているように見える。赤外線モーションセンサーが反応してLED製の目が光り、魔女の口が動いて不気味な声が聞こえてくる。高さ182cmはインパクト大。

【KAZの視点】魔女が作るとされる、蛇やコウモリを入れたスープのオモチャもできる?!

【今日のダジャレ句】 かき混ぜる 魔女の人形 まぁえーじょ(>_<)

2019年10月 9日 (水)

LEDトラックビジョン(No.4742)

201909201703050 写真のようなトラック一体型ディスプレイ。

大型液晶や自家発電装置を搭載し、どこでも大勢の人で映像を楽しめる。

ラグビーの試合ではパブリックビューイングが行われており、現在各地で引っ張りだこだと想像します。液晶技術が発達し、野球場や競馬場では大型ビジョン花盛り。それが今やトラックに乗せられ必要とあらばどこへでも出張サービスができる。この車の場合左側がディスプレイ側、右側は荷物用スペースでした。画面をせり上げてかつ日よけが張出していて、見やすくする工夫がされている。

【KAZの視点】大型搭載トラック二台が合体する移動式巨大ディスプレイもできるかも。

【今日のダジャレ句】 移動式 巨大画面を みな眺めん

2019年10月 8日 (火)

水洗トイレ用芳香洗浄剤(No.4741)

201909301250460トイレタンクの排水口の上に設置して使う。

中央にある白い容器にセットして使う。液体が滴下して洗浄、芳香効果を発揮する。

三種類の香りが提供され、好みに応じて楽しめる。白い専用容器にカセットを押し込みセットすると適量がタンク内に滴下して所期の効果を発揮するらしい。効能としてうたわれているのは、洗浄、防汚、黒ずみ防止、ピンク汚れ防止、芳香と欲張りです。専用容器2個と付け替え品6個がセットになって割安で販売されている。1個で約1ヶ月使えるらしい。流れる水は無色とのこと。

【KAZの視点】セット販売するとカラフルで目立ちやすく、個々に包装するより無駄が無い。

【今日のダジャレ句】 芳香剤 今後に示す 方向性

2019年10月 7日 (月)

仮設洗面台(No.4740)

201909201702150 写真のような一時的施設。

仮設トイレの前に壁で仕切られ設置されている。ラグビーWCファンゾーンで遭遇。

給排水設備が無いことが前提で作られており、事前に清水をストックさせて使うもの。常に使うわけでは無いのでレンタルが前提と思われます。マラソン大会の会場等で仮設トイレにはいつもお世話になりましたが、最近は洗面台も提供されていると知りました。排水タンク容量を清水タンク以上にしておけばトイレ同様に回収可能となる。材質は衝撃や腐食に強いプラスチックが採用されている。

【KAZの視点】仮設浴場や仮設カプセルができればセットにして仮設宿泊施設ができる?

【今日のダジャレ句】 仮設式 レンタル使い 廉価たる

2019年10月 6日 (日)

セラミックエッグストア(No.4739)

201909301241400 鶏の置物で売られているジャムセット。

中央に8つのジャム瓶が挟まれて売られている。置物は卵の保管用として使える。

「ニワトリが先か、ジャムが先か」そんな声が聞こえそうな商品でコストコで遭遇。ジャムは4種類が2個ずつある。ベルギー製のブランドものらしい。1瓶は28gと少なく高級品のイメージを高めている。何故ジャムがニワトリの陶器と共に売られるのかは不明ですが、容量は明らかにニワトリの方が大きく、買い手もそちらの魅力を感じて購入するのかも。羽根の色が黒と茶の二種類が売られていました。

【KAZの視点】卵の形をした容器に何かを詰めてセットにすればもっと統一感がある。

【今日のダジャレ句】 ニワトリに ジャムが挟まれ 収まれば

2019年10月 5日 (土)

フォトスポット(No.4738)

201909291655070 パネル前で記念写真が撮れる仕掛け。

ラグビーボールが描かれているのでそれを持ったようなポーズが撮れる。

JR愛野駅前のおもてなしゾーンで遭遇。SHIZUOKAとRUGBYの文字と共に、富岳百景をベースにした構図に競技場のエコパを配している。外国から来られた方には魅力的な撮影背景だと思いました。もちろん県外から訪問された日本の方にも喜ばれるはず。競技場におりたつとか、ボールを持ってプレイするとか、普通ではできないことを疑似体験させていただけるかも。

【KAZの視点】後ろ側に立つ顔出しパネルは至る所にありますが前に立つのもありと認識。

【今日のダジャレ句】 撮影用 なりきりパネル これ、えーよう!

2019年10月 4日 (金)

メディリフト(No.4737)

201909101704550 ウェアラブル美顔器。

マスクをつけてスイッチを押すと電気的に顔の筋肉を刺激する。

顔のケアに重要な筋肉をトレーニング、トリートメントできるらしい。右側のものは「メディリフトアイ」で顔の眼の部分に働きかける美顔器。自分で行うハンドトリートメントは皮膚への摩擦が不安材料、電気的に刺激すると肌へ負荷をかけにくいとか。「アイ」の方は目力筋を鍛えるものらしい。いずれにせよ親からいただいた顔を変えることは大変なこと、でも少しでも効果があれば買ってみたくなるのかも。

【KAZの視点】ほとんど見えない特殊素材ができれば常時ウェアの美顔面が実用化する?

【今日のダジャレ句】 ウェアラブル 助けを借りて 美顔ぶる

2019年10月 3日 (木)

ラインアウトの練習(No.4736)

201909291626450 投げる練習と使う道具。

ボールをどの位置でキャッチさせるかをイメージして投げる、試合前の練習で遭遇。

ラインアウトを成功させるためには、作戦通り進める必要がある。ボールの受け手は長い柄の付いた網を頭上に掲げてキャッチする。投げ手はそこにジャンパーの手が来るとイメージして投げる。実際の距離感、高さ感をつかみながらの練習が必要なことは理解できる。当たり前の練習風景なのかも知れませんが、ラグビー素人の私にとってはとても興味深かったです。どの世界にも専用の道具が考案されているものです。

【KAZの視点】ドローンが自動制御され空中でキャッチして投げ手に戻す練習風景も近い。

【今日のダジャレ句】 網でとる 練習方法 編み出して

2019年10月 2日 (水)

スノーバイク型ソリ(No.4735)

201909301257200 写真のような子供用のソリ。

ハンドルとブレーキがついている、6歳以上40Kgまで対象。

スノーバイク(モビル)は雪上を走る乗り物としてちょっと運転してみたくなる対象です。子供としても同様の願望をもつと思われ、動力を有さない、重力あるいは牽引により走るおもちゃとして開発されたのでしょう。しかしなかなか格好が良い。モデルとなる本物がヤマハから販売されているのでブランドを活用。使用しない時はコンパクトに収納できるので持ち運びにも便利らしい。

【KAZの視点】同様に水上バイクの子供用おもちゃに期待するが、坂のある水面は無く・・・

【今日のダジャレ句】 バイクソリ 反りが合わねば アイムソーリー(>_<)

2019年10月 1日 (火)

太鼓カム(No.4734)

201909291640010 合成画像による盛り上げ。

ラグビー試合開始前のひととき、観客席を撮影し電光掲示板に合成画像を映し出す。

競技場の巨大ディスプレイの使い方は、会場を盛り上げるために色々工夫されています。観客席を撮影して投影すると、自身が映っていると気付いた観客がはしゃぐ姿が楽しいです。本事例は観客の前に太鼓の写真を配置し、場内アナウンスでは「太鼓を叩いて下さい」と呼びかける。映った事にびっくりするあまり、叩くポーズをとられる方はごく少数でしたが、それはそれなりにサマになり楽しめました。

【KAZの視点】投影した場面の写真を帰りに貼り出し当事者にお土産にプレゼントして欲しい。

【今日のダジャレ句】 太鼓カム めでたい行動 ウエルカム

2019年9月30日 (月)

どら焼きベッド(No.4733)

201909301248350 ペット用のベッド。(≠ベッド用のペット)

どら焼きの外観をしているのが面白い、一口かじったような形でペットが餡に見える。

柔らかさと居心地にこだわっているとPRされていますが、ペットがどう受け止めているかは不明。内部は厚みのあるポリウレタンで型くずれしにくいしっかりとした作り。底面は床やフローリングでも滑りにくい滑り止め加工をしてあるとのこと。閉じられた空間は保温性があり、これから冬にかけペット達には人気かもしれません。意匠登録等なされていないのか、類似品が販売されている。

【KAZの視点】夏用には水ようかん状外観のオープンタイプのクッションベッドはどうか。

【今日のダジャレ句】 どら焼きが ベッドになって どやペット!

2019年9月29日 (日)

空中カメラ(No.4732)

201909291653400 球技場で試合を撮影するカメラ。

4本のワイヤーで吊り下げられており、巻き上げ量を個々に制御する。

昨日エコパで遭遇し、通常テレビで何気なく見ている映像がこのように撮影されるのかと理解しました。ラグビーの場合スクラムを真上から撮影すると、構成する選手の動きがよく分る。観客席の固定カメラからではとても撮影は無理です。写真のようにペナルティーキックの場合はほとんど地上すれすれの人の目線くらいからの映像も撮れる。「スパイダーカム」と呼ばれ2010年のサッカーWCから採用されたらしい。

【KAZの視点】人が乗れるようになれば空中観客席も夢では無い。究極の臨場感!

【今日のダジャレ句】 空中で 自由に止まる 宇宙人

2019年9月28日 (土)

ワイヤレス骨伝導ヘッドフォン(No.4731)

Img_8329  写真のような商品。

ブルートゥースを使ってワイヤレスで使える。充電も置くだけの非接続方式。

顎の付け根付近にヘッドを当てて音を聞き取る方式。耳が塞がっていないので通常の音はそのまま耳に入ってくる。充電もケーブルが不要ということで徹底したレス化商品だと思いました。調べると類似商品は多数出回っており、ヘッドフォン業界として付加価値をつけた差別化に必死で取り組んでいることが分ります。耳を覆うパッド式を頭の上からかぶり、ごついケーブルとデッキを繋いでいた頃が懐かしいです。

【KAZの視点】顎で味見ができるとか、頬で匂いを嗅げるとか、そんな機器も開発される?

【今日のダジャレ句】 骨伝導 第二の耳で 殿堂入り?

2019年9月27日 (金)

顔認証技術のデモ(No.4730)

201909212031280 ラグビーワールドカップファンゾーンでPR。

カメラに向かって思い切り笑ってもらい、笑顔レベルを判定するデモンストレーション。

単に特定の個人を認識できることのPRでは一般受けしないので、体験参加者の笑顔を点数化して興味を持ってもらう。私も挑戦しましたが60点台で順位は上がらず。口角がどのくらい上がっているか、等のアルゴリズムで笑顔を点数化するのは可能でしょうが、感情の内容を把握するのはまだ機械には難しいはず。「目が笑っている」状況を把握させる場合、正答率はどのくらいなのか関心はあります。

【KAZの視点】表情の微妙な分析技術を用いた嘘発見機が開発され裁判で使われる。

【今日のダジャレ句】 顔認証 笑顔は私 一人称

2019年9月26日 (木)

磁器製歯ブラシスタンド(No.4729)

201907201245380 写真のような商品。

シンプルな形状で各種の色が揃っている。磁器製が売り?

磁器は洗いやすく衛生的とのこと。洗面所に置いて使う道具には適しているようです。本製品は天草陶石を使っているとあるので調べてみると、日本で産出される陶石(磁器原料)の8割を占めるとのことでとりたててアピールする程では無い。ネット上にはキャラクターや図柄がプリントされた物も多数出回っており、選択肢の多い市場だと感じました。プラスチック製は何倍もあるのでは。

【KAZの視点】そもそも汚れの付着しない材料は開発されないものか。

【今日のダジャレ句】 磁器製の 歯ブラシ用具 次期主役?

2019年9月25日 (水)

エスカレーター乗り方改革(No.4728)

201908260814550 写真のように呼びかけられている。

歩かずに立ち止まる乗り方が推奨されている。安全上間違いない。

片側空けが定着しており、急ぐ人は歩いて移動することに慣れています。事故が絶えないことや、障害のある人や鉄道事業者からの呼びかけで改革の機運が高まっている。来年の東京五輪やパラリンピックに向けての活動。合理的なようにも思えますが、負の側面が目立つということ。まあ「そんなに急いでどこに行く」というキャッチコピーもありますが。働き方改革が話題になっている昨今、様々な改革が望まれている。

【KAZの視点】関東と関西で空ける側が左右異なり混乱するという問題が解消される。

【今日のダジャレ句】 乗り方を 改革すれば 記事に載り

2019年9月24日 (火)

大閃光ブレード(No.4727)

201908251803110 ペンライトの商品名。

スイッチを押して12色の発光色を選択できる。軽量化が進む。

ライブ会場で使われるペンライトも色々進化しているようです。ずっと手に持って使うため軽量化が求められる。200タイプが単四電池を使っているのに対し100タイプはボタン電池を使いより軽く作られているようです。LED化の影響は大きく、デジタル処理にて多色発行は容易になった。電池の持ちも良くなり長時間使用できる。それにしてもこれだけストックされて売られているということはかなり大きな市場ということか。

【KAZの視点】LEDのコンパクト化、高輝度化が進めばもっと細くなり鉛筆ほどになる。

【今日のダジャレ句】 大閃光 選考されて 先行し

2019年9月23日 (月)

ラグビーふわふわ(No.4726)

201909201639170 写真のようなエア遊具での体験。

左側ではキック、右側ではパスのゲームが出来る。共にラグビーボールを使って楽しむ。

駿府城ファンゾーンの体験エリアで遭遇。通称”ふわふわ”なるエア遊具が様々な場面で使われるようになりました。ラブビーワールドカップのブームに乗って登場か。調べると本装置は「ラグビーキック&パスゲーム」と称して販売されている。中央にゴールに見立てた黄色いオブジェがあり、ここを目がけてボールを蹴る遊びができる。私もトライしましたがあさっての方向に飛んでいきました。

【KAZの視点】超軽量の巨大ラグビーボールを使ったラグビーゲームを楽しめないか。

【今日のダジャレ句】 エア遊具 遊び創出 ユーはグー(>_<)

2019年9月22日 (日)

ルーペメガネ(No.4725)

201907201130510 写真のような商品。

書店で書籍に混じって多種売られている。ハズキルーペが火付け役かも。

老眼鏡とルーペメガネは明らかに異なる物。ネットで調べると「見たい距離が決まっているときは老眼鏡」、「一時的に拡大して見たいときはルーペ」、と説明されている。老眼鏡は近くのものに焦点が合わせにくくなった眼の機能を補う道具なのに対し、ルーペは拡大する道具。拡大すれば誰の目にも見えやすくなるのは理屈に合う。ルーペを持つのは手が塞がってしまうのでメガネタイプにした道具といえる。

【KAZの視点】厚さを変化えられる素材が開発されればルーペと老眼鏡を兼ねられる!?

【今日のダジャレ句】 ルーペメガネ 使えば変わる 見る目がね

2019年9月21日 (土)

アスリートサイン体験(No.4724)

201909212028190 写真のような仕掛け。

カメラの前の透明板にサインをしながらポーズをとり動画と静止画で記録をもらえる。

昨日ラグビーワールドカップファンゾーンで体験。その場で無料申込み、30秒内で行い終了ポーズをとると、その場で静止画としてプリントアウトしてくれる。その写真についた二次元コードを読み取り空メールを送ると撮影した動画がダウンロードできる。「テレビの中の選手たちのような体験ができる」というふれこみ。確かにかっこよく、出来る物ならやってみたいと思っていました♪

【KAZの視点】満員の野球場でホームランを打ってダイヤモンドを一周する体験がしたい。

【今日のダジャレ句】 アスリート サイン体験 したいけん

2019年9月20日 (金)

フエキハンドクリーム(No.4723)

201909091833020 写真のような商品。

懐かしいフエキ糊の容器にハンドクリームが入っている。

「さらっと!しっとり保湿。保湿成分シアバター配合のハンドクリーム。」とPRされている。とはいっても我々世代には糊としてのイメージの強い外観なので「これはハンドクリームです」と明示したラベルが貼られて売られている。製造会社としては糊の売り上げが落ちたので代わりにハンドクリームを商品化し、ブランドイメージを維持できる容器に入れて販売しているようです。

【KAZの視点】手を汚さないために糊の形態が液体や固体にシフトしたことを感じる。

【今日のダジャレ句】 フエキ糊 容器維持して 陽気だね

2019年9月19日 (木)

ロデオマシーン(No.4722)

201909111501160 写真のようなゲーム。

騎乗し固定レバーを持ちそのボタンを押している間不規則な動きをする。

家庭用の運動具は結構流行しましたが、このような遊具もあると知りました。床面はもちろん、ぐるりとクッション材で囲まれているので落ちても恐くは無さそう。ゲームに参加するには備え付けのヘルメットを着用するのが義務。特に動きの強度とかを設定することは無いらしく、運動神経が良い人なら最後まで落ちずに済むかも。つーか、やはり落ちることを本人もギャラリーも楽しむのでしょう。

【KAZの視点】もっと広いところで牛ロボが突撃してくる闘牛ゲームが出現するかも。

【今日のダジャレ句】 ロデオマシン ぶざま乗りより 落ちるがましン (>_<)

2019年9月18日 (水)

日本のお土産(No.4721)

201908251248400 写真のような商品。

ラグビーワールドカップの公式グッヅのひとつとして売られている。

袖の無い羽織とでも呼ぶのでしょうか、柄や襟の形、縁取り等が和の雰囲気で外人さんには好まれそう。ベストとか羽織とかちょっと上から着るタイプの服は各種ありますが、これは保温性や風をよける機能はほとんど無く一種のアクセサリーのような物。但し身にまとうことにより、自己主張は可能。胸に公式エンブレムが付いているので価値が増す。やはり応援に来日する外国人には価値がある?

【KAZの視点】外観がラグビーボールに見える上着のデザインはできないものか?

【今日のダジャレ句】 お土産に 和風の羽織 吾は居り(>_<)

2019年9月17日 (火)

鯨の彫刻展示(No.4720)

201909091834440 写真のような展示。

鯨の頭部と尾の部分を床から立ち上げている。誰でも下で繋がっていると受け取る。

全体を見せなくとも主要部を見せれば後は人間の脳が補完してくれる、人間の脳は素晴らしいと思わせる実例です。但し本来繋がっていないものを現わしたかったとすれば、間違った解釈をしたことになる、となると脳は錯覚をおこしやすい厄介なものだという結論。まあ難しいものですが、上記二つを理解して認識していれば何ら問題は無いです。ちょっと考えすぎたかな???

【KAZの視点】二頭の鯨が隣り合っていると解釈する方がどのくらいおられるかな!

【今日のダジャレ句】 鯨像 目くじら立てず 凄いぞ~

2019年9月16日 (月)

柿のタネ菓子(No.4719)

201909091829370 柿のタネをベースにしたバラエティー菓子。

上段は各種コーティング、下段は各種ミックスによりバラエティー化している。

上段はA製菓製、わさび味のNo.003,チーズペッパー味のNo.004,カレー味のNo.005といった感じ。下段はO珍味堂製、×豆×かりんとうの「柚三昧」、×あげパスタ×チーズスナックの「スパイシー三昧」といった感じ。成熟した社会では単なる「柿のタネ」だけでは飽きられてしまい、様々な味付けや、多種菓子とのミックス品が欲しくなるものでしょうか。組み合わせにより品種数は増します。

【KAZの視点】A製菓製の7種類のうちから3種類をピックアップしてミックスした商品は!?

【今日のダジャレ句】 柿のタネ 夏季は無くとも よかったね(>_<)

«ゲーセンのサービス(No.4718)