2020年10月24日 (土)

通路の衣服展示(No.5064)

202010120851340通路のショーケースに入った商品展示。

近くのテナントさんが通路に展示して店へ誘導、静岡駅ASTYで遭遇。

近くのお店が他にも広告的に展示していましたが、このような衣服の展示が新鮮。マネキンを使うのが一般的ですが、通路に置いたら邪魔者扱いされる。一定の大きさのショーケースが整然と並べばそれほど抵抗感は無い。といって平面的に商品を広げるのでは伝わりにくく、このようにハンガーにかけそれを天面のフックに吊せば分かり易い。表示板にはワイシャツとニットそれぞれの価格と店名が表示されていました。

【KAZの視点】将来は人型ロボットがファッションショーをやりながら客寄せする。

【今日のダジャレ句】 ショーケース 衣服を展示 福念じ  

2020年10月23日 (金)

マスコットドレスタオル(No.5063)

202008201525270 マスコットがデザインされた子供用タオル。

タオルハンガーに吊るして使う可愛いドレスタオル。本キャラクターはミニオン。

子ども達に人気のマスコットであれば何でもタオルに変身可能。頭の部分は様々な形状が可能、胴体部分は長方形。実際に商品化されているものを調べると、アンパンマン、トイストーリー、ディズニーキャラ、ムーミン、等多数ある。それぞれ裏返すと後ろ姿がデザインされており、どちらを向けても使える。パイル地の肌触り等も工夫されているようですが、子ども達にはやはり描かれているキャラクターが最も訴求効果がある。

【KAZの視点】大人にはアイドル歌手や俳優のそれができても売れないよなぁ。

【今日のダジャレ句】 マスコット ドレスタオルは どーれ(で)すか (>_<)

2020年10月22日 (木)

道にはみ出した階段(No.5062)

202010041729240 写真のようなステップ構造。

斜めの面に三種類の構造体を順に設置してある、東海道新幹線保全エリアで遭遇。

上部に見えるネット部の中に入るために基礎部のコンクリート部分に上がりやすくするための階段。階段といえばステップ状に同一形状が繋がったモノが普通。これは直角方向に向かって階段を作ると道側にはみ出してしまう、1ステップくらいなら許容できるので、1ステップの出っ張りを平行方向に並べて配置し高さを変えてある。結果として人は横を向いて普通の階段と同じようにのぼることが出来る。ステップの幅を変えてあるのがミソ。

【KAZの視点】常時使用されないので、このように遠慮がちに設置されることになる。

【今日のダジャレ句】 階段の はみ出し方法 編み出した

2020年10月21日 (水)

アーチスタンド(No.5061)

202010081717070 厚手の用紙を展示する道具。

中央にスリットのあるアーチ型のスタンド、絵本画家赤羽末吉展で遭遇。

お気に入りの絵画のレプリカや絵はがきを立てて置くことが出来る。写真立てでは仰々しくなるような場合にシンプルに飾れる。厚さが少々薄くてもアーチ型に曲げると倒れにくくなる原理を応用している。フラットな状態で鑑賞するのも良いですが、手前に向かって湾曲した状態にすればこちらの視点側にその円弧の中心があるので、ちょっと臨場感が増すかも。パノラマタイプの横長の絵を飾る際には価値が上がりそう。

【KAZの視点】アーチの凸側を見る側にして鑑賞するか、本人の好みで決められる。

【今日のダジャレ句】 アーチ型 あっちを向かず 自立する (>_<)

2020年10月20日 (火)

自動検温消毒機器(No.5060)

202010081539360 ちょっとおしゃれな装置。

左は自動消毒、右は自動検温装置、設置台やブルーの照明がちょっときどっている。

コロナ禍の今、各施設は感染防止対策に腐心している。本件日本平ホテルで遭遇、二つのドアそれぞれにセットで設置されている。消毒装置は手を下にかざせばアルコールが自動噴射され、検温装置はディスプレイに本人の顔と体温が表示される。非接触温度計を使用して人手で実施するの場合が多い中、専用の装置を設置して差別化している。現在は必需品でしょうが、コロナが収まった後はお蔵入りになるのかな。

【KAZの視点】検温値異常時は検知できるが、消毒をしたかどうかも検知するのかな?

【今日のダジャレ句】 体温の 自動測定 平穏に

2020年10月19日 (月)

ほうじ茶ミルクティー(No.5059)

202007301104570 インスタントタピオカほうじ茶ミルクティー。

カップ形状の容器にタピオカとインスタント粉末とストローが同梱されている。

別に容器を用意し、タピオカと粉末を入れ熱湯を注ぐとホットが出来上がり。アイスにする場合は湯を少なめに後から氷を入れて待つ。商品本体は底の無いカップ形状の入れ物を必要としないが、イメージを訴求するには外観をカップにした方が良いと考えられている。単なるほうじ茶ミルクティーではなくタピオカ入りがミソ。但しタピオカ人気は既に大分衰えたようで、熱しやすく冷めやすい日本人の性向を象徴しているかのようです。

【KAZの視点】飲み物の容器は一般的には円柱、円錐台、何故角柱が無いのか?

【今日のダジャレ句】 カップ型 容器で売れば 陽気かな

2020年10月17日 (土)

チラシ広告(No.5058)

202008080837120 写真のように細工されたチラシ。

折りたたんで弱接着されている、剥がすことでクーポンチケットが分離される。

新聞折り込みチラシはかなりのボリューム、目を通してもらうのはなかなか大変です。カラフルにする、大型にするとか皆さん知恵を絞っています。本チラシは家電量販店のもの。弱接着を剥がして見るという行為では何か特別な情報があるかもという期待感が湧いたりする。一部にミシン目を入れておくと特典チケットが分離され、お店に持参しやすくなる。本チラシの場合、5種類もの特典があるので思わず内容の詳細を確認したくなります。

【KAZの視点】芳香が漂う用紙を使えば差別化できそう、でも目立つのはたいへん(>_<)

【今日のダジャレ句】 新聞の 折り込みチラシ 知恵散らし

2020年10月16日 (金)

スクラバウォッシュバッグ(No.5057)

202009241319460 持ち運べる洗濯機(器)。

袋の内部にある弾力性のある洗濯板がミソ、水や洗剤を入れて力をかける。

中身を入れて、巻いて、クリップを留めて、空気を抜いて、もみ洗いをして、すすいで、乾かすだけ、とPRされている。昔使っていた洗濯板を曲げられるようにして袋の内側に作り込んでいる。旅先や、キャンプ場で、出張先でも洗濯機を持ち運びしている気分になるかも。災害時の避難所での洗濯も想定して防災品コーナーで展示されている。洗濯機は日常生活に完全に溶け込んでいるが災害時には無力になる可能性があります。

【KAZの視点】冷蔵庫の機能を携帯、持ち運びできるコンパクトボックスが生まれる。

【今日のダジャレ句】 洗濯に 選択する気 なれるかな

2020年10月15日 (木)

撮影推奨マーク(No.5056)

202009241411540 カメラを赤丸で囲った表示。

ムーミンマーケットで遭遇、撮影禁止の表示はよく目につくがこれは珍しい。

リトルミイがムーミンのしっぽを持つ飾りで笑える。推奨マークの下には「いっしょにしゃしんをとろう!」と表記さてており、子ども達を意識している。スマホや携帯電話にカメラがついてからは、撮影機会は急激に増え厳密に禁止するのは無理がある。最近はSNSでの情報拡散を期待して敢えて撮影禁止しない動きも。「やるな!」と言われるとやりたくなるのが人の常、「しゃしんをとろう!」と言われると撮りたくなくなるかも。

【KAZの視点】人の心理を読み解き、敢えて禁止せず自重を促す表現はできないものか。

【今日のダジャレ句】 撮影を 推奨されて どうしよう

2020年10月14日 (水)

お菓子のケース(No.5055)

202009241430450 写真のような外観のペンケース。

実在するお菓子のデザインを使っている。子ども達には人気があるのかも。

使い道はペンケースとなっていますが、何に使っても問題は無し。『本物のパッケージのような「円筒型ペンケース」マチ付きでぺんなどたっぷり入る大収納タイプ おもしろ文具いろいろあるのでお気に入りを揃えてね』って感じでPRされている。子ども達にとってはお菓子は身近な存在でその包装容器もどきを文具として使うのは楽しくなれるはず。但し外観が認知されるブランドや図柄になるまでには苦労がありそう。

【KAZの視点】これはケース会社と菓子会社とのコラボ商品、今後どこがコラボするのか?

【今日のダジャレ句】 見慣れてる お菓子のケース 可笑しいな

2020年10月13日 (火)

ループ型歩道橋(No.5054)

202010131057040 写真のようなデザインの歩道橋。

本日東海道ウォーク中に磐田市内で遭遇。自転車も通れるように通路の中央はフラットスロープ。

自転車も通れるようにするためには階段だけのものより傾きを小さくせねばならず、高さをかせぐためには距離が必要になる。そのためには一旦折り返すスイッチバック式を採用するのが一般的。これはほぼ一周を使ったスパイラル方式を採用している。円の中心部がデッドスペースになってしまうし、曲線を作る構造物は制作が面倒で高価になると考えられる。それでもこのデザインにこだわったのは凄いと感心します。

【KAZの視点】上空からみるとS字型で点対称、メガネ型の線対称もありかな。

【今日のダジャレ句】 ループ式 高価デザイン 効果的

2020年10月12日 (月)

センサーゴミ箱(No.5053)

202008201348540 写真のようなちょっと大きめのゴミ箱。

センサーに手をかざせば自動的に蓋が開き、約5秒後に自動的に閉まる。

世の中様々な分野で自動化が進んでいますがゴミ箱にも適用されている例です。実際に使った方のブログを拝見すると、最初は機能よりコストダウンをして欲しいと思ったそうですが、使うほどにその便利さが実感でき買って良かったとのこと。マニュアルに設定しておくと開閉スイッチにタッチして使うこともできるらしい。子供さんが面白がって一生懸命ゴミを拾って捨ててくれるのだとか。ゴミ箱に投資する手もあるかもです。

【KAZの視点】ペダル式が大先輩でありますが、こちらは洗練され今風でおしゃれな印象。

【今日のダジャレ句】 ゴミ箱に センサー付けて ミスせんさぁ (>_<)

2020年10月10日 (土)

猫カフェ(No.5052)

202009241421140 猫と触れあえるカフェ。

好きな猫ちゃんを抱っこしたり写真撮影したりと遊べる、静岡パルコ3階で遭遇。

ペットとは縁の無い生活を送っている者にはすぐには馴染めそうもないですが、まさに癒やしの空間なのでしょう。本施設は全面ガラス張りなのでお客さんがどのように過ごしているかが分かります。ドリンクを楽しみながら猫と会話されている方、備え付けの道具を使ってちょっかいを出している方、と楽しみ方は多様。同フロアに近く犬カフェもオープンするらしく、ペットに関係する市場が広がっているようです。

【KAZの視点】普段は飼えない動物、イグアナ、蛇、狐、・・・等のカフェはできないか。

【今日のダジャレ句】 猫カフェの 癒やし空間 キ(ャ)ット良い (>_<)

2020年10月 9日 (金)

ジェットストリームエッジ(No.5051)

202009241437150 最新の油性ボールペン。

超・低摩擦「ジェットストリームインク」により、超極細ボール径0.28㎜で今までにない細字が書ける。

油性ボールペンカテゴリでは世界で初となる、世界最小、超極細のボール径で描線幅はより細くなる。 速乾性に優れ、濃くはっきりとした描線を、なめらかに筆記可能とのこと、黒、赤、青の3色。描線幅を小さくしたいユーザーもいるでしょうが、通常は0.5㎜で十分な気もします。筆記具業界はデジタル化の波の中で市場がシュリンクしているようで、生き残りをかけたニッチ市場に新規技術を投入している模様。

【KAZの視点】極太のニーズはあまりなかろうが、技術的に可能な最大ボール径は?

【今日のダジャレ句】 極細の 筆記具機能 発揮グー

2020年10月 8日 (木)

ハニカムスクエア(No.5050)

202010061618540 車道空間の一部を歩行者に提供する。

先月から静岡市内で始まった社会実験、今年度いっぱい設置される。

休憩、軽食、仕事、待ち合わせなど、思い思いの形で自由に活用可能、賑わいづくりへの効果や交通への影響等を検証する。車道の一部を転用して作られた人のための空間のことをパークレットと呼ぶらしい。サンフランシスコ発祥で日本では平成28年に神戸市で初めて設置されたとか。本件は県内初、ハニカムスクエアはこの愛称。正六角形と四角形のユニットで構成されることから命名された。どんなデータを採るのか興味深い。

【KAZの視点】街全体をモールやデパートと見なせばあって当然かも、ちょっとおしゃれ。

【今日のダジャレ句】 ハニカムを 歯で噛むように 味わおう (>_<)

2020年10月 7日 (水)

ドライシャンプー(No.5049)

202009241322530 水が不要な頭洗い具。

手袋型ウェットタオルで頭皮まで拭ける、洗い流し拭き取り不要とPR。

使用を推奨する場面として、介護が必要な方、病気やケガで入浴できない時、アウトドアやスポーツの後、防災用、が挙げられている。裸になれず水やお湯を使えない、水やお湯が手に入らない、のいずれか。ドライといっても本体の手袋はウェットでわずかの水分で汚れを拭き取る発想。使用後、拭き取る必要はないが、気になる場合はタオルで拭き取るか、ドライヤーで乾かすと良いと書かれている。

【KAZの視点】ウェット素材を使うのでドライとは言えない?そこはドライに割り切る。

【今日のダジャレ句】 水不要 洗い可能に 意気浮揚 (>_<)

2020年10月 6日 (火)

津波救命艇(No.5048)

202009211015310 津波防災対策のひとつ。

大井川港漁業協同組合敷地内に、県内では初めて配備された(H27)。

ステップ左下の防災ボックスに鍵が入っており、震度5弱以上の地震で自動的に解錠されるらしい。長さ約9m、定員25名(最大搭載人員35名)、FRP製で対衝撃性が高く、逆さになってもすぐ戻る高い復元性をもっている。遭難時に電波を発信、船体上部は滑り止め加工されヘリコプターによる救助の際の待機場所として使用できる。内部には考え得る防災用品が多数配備されている、実際に使われる事が無いよう祈るだけです。

【KAZの視点】ハードは完璧でもソフトが気にかかる。詳細マニュアルがあるのだろうが。

【今日のダジャレ句】 救命艇 最善策を 究明し

2020年10月 5日 (月)

つむモスグミ(No.5047)

202008300958320 積んで遊べるハンバーガーグミ。

バンズ・パティ・トマト・レタス型のグミを積み上げて遊べる商品。グミはカラフル。

バンズがオレンジ味、パティがコーラ味、トマトがストロベリー味、レタスがマスカット味で、自分だけのオリジナルの組み合わせを楽しみながら食べられる。基本はコイン型だが表面にちょっとだけそれなりの凸凹がある。モスフードサービスとUHA味覚糖との初コラボレーション商品。セブンイレブンと「モスバーガー」で販売。私も積んでみましたが、結果は右のようになり縦横比が異なりハンバーガーらしくなかったです。

【KAZの視点】本型の「よむグミ」やサンダル型の「ふむグミ」も商品化されるかも。

【今日のダジャレ句】 積むグミで 意を紡ぐ身で 遊び食べ (^_^)v

2020年10月 3日 (土)

アルコール洗浄用品の氾濫(No.5046)

202009171206430 棚に所狭しと陳列されている。

ジェルタイプ、液体タイプ、ティッシュタイプ等、どれを選んだら良いか選択が難しい。

今年前半コロナが広まると同時に店頭から姿を消し、入荷待ち状態が続いたが今はどこでも必要なだけ購入できる。ジェルタイプが多いように感じますが消費者の好みによるのかどうか。今後当分の間コロナとの共存が続く限り需要はあるのでしょうが、問題は終息後。各社が一斉に供給したために市場にだぶつき、値崩れや処分の問題が出るのではないか。需要と供給のバランスをとるのは難しいとつくづく思います。

【KAZの視点】消毒以外の用途開発が進む、または異なる商品への変換技術が生まれる。

【今日のダジャレ句】 洗浄品 市場だぶつき 戦場に

2020年10月 2日 (金)

ハロウィンおおかみ人間(No.5045)

202009171827470 写真のようなちょっと恐い飾り物。

205cmの高さで、毛皮と詳細な彫刻が施された顔はリアルで、ゲストをとても驚かせそう。

頭と体は左右に動き、口も怖い音を出しながら開く。目はLEDで光り、とてもリアル。日本でもハロウィンの飾り、イベント、商品が年ごとに盛んになっていく中、これはかなり本格的です。コストコ製、昨年この場所には「呪いスープを調合している魔女」が陳列されており、本ブログで取りあげました。毎年少しでも恐い印象を与えるようなキャラクターを商品化しようと考えている方がおられるのだと思います。

【KAZの視点】視覚聴覚以外、振動や空気の流れ等で恐怖を感じさせる商品が生まれる。

【今日のダジャレ句】 おおかみが 恐怖生み出し おお神よ (>_<) 

2020年10月 1日 (木)

円形バスターミナル(No.5044)

202009171145590 浜松駅前にある大型ターミナル。

正十六角形の円形バースで乗り場が16番まである、反時計回りに一周半するうちに乗り降り。

写真の左側隅が入路、右上隅が出路。二車線部と三車線部があり、最内周は停車部。乗降客は全て地下を通ってサークルの内側から乗り場に向かう。円内の地上には待合室、案内所、乗車券センターなど、地下には市民サービスセンター、交番などが配置されている。このように鳥瞰すれば全体の構成と考え方が手に取るように分ります。「円形」と「地下」構造が設計のポイント、かなりの規模の工事だったことでしょう。

【KAZの視点】車が右側通行の国で同じ方式を採用すると回転は時計回りになる。

【今日のダジャレ句】 円形の 遠景把握 鳥瞰で 

2020年9月30日 (水)

オパールタンブラーダイヤ(No.5043)

202009171130480 写真のようなデザインのタンブラー。

ダイヤモンドのような遊び心のある形状がユニークなタンブラー。倒れそうで倒れない。

ドリンクはもちろん、スイーツやアートフラワーを入れて使うのもおすすめ、とPRされている。上部は正八角形と特徴的ですが置いた際に中心線が垂直にならないのは斬新。といって底面上に重心があるので倒れることはない。デザイン重視のため飲み物を飲む際は使いにくそうで、飾りやペン立て等の使い方が合っているかも。光の反射等から高級感を感じることもでき、これをデザインした方に拍手です。

【KAZの視点】起き上がり小法師になる容器もあるようで、これは動きを楽しめる。

【今日のダジャレ句】 不安定 そうは見えても ファンになる

2020年9月29日 (火)

氷の自動販売(No.5042)

202009211011500 氷(砕氷)がいつでも購入できる施設。

左奥に見えるパネルにコインを投入すると天井から所定量の氷が落ちてくる。大井川港で遭遇。

近くの漁協事務所で10Kg用と30Kg用のコインを販売している。コインを予め購入しておけば、自販機は24時間稼働なので好きな時に入手できる。大井川港を基地とする漁船や釣り客が主たる購入層と思われますが、地域のイベント等のニーズもある。二階に製氷機があるのでしょうが、売れた分の水の補充をどうしているのか、10Kg単位の秤量をどのようにやるのか覗いてみたい。ちなみに10Kgのお値段は330円。

【KAZの視点】コインの購入自体は自動化されていない、このバランス感覚が良い。

【今日のダジャレ句】 氷売る 自動の仕組み 買う子居り

2020年9月28日 (月)

特殊タブレット(No.5041)

202008201327190 キーボードがメカ式でないPC?

物理キーボードではなく、スクリーンキーボードを備えたデュアルディスプレイの2in1タブレット。

「E-Inkディスプレイ」という電子パーパーに採用されている先進技術が活きている。写真はキーが白色だがリバースさせることも可能。音とバイブレーション、さらにタッチすると下がるアニメーションにより、物理キーボードに近い操作性を再現。 白黒のみの制約はあるが専用ペンを使って手書き入力と変換が容易。ということで、ちょっと変わったPCが欲しい、未来感のあるPCが欲しい方には魅力。製品名はレノボ製「Yoga Book C930」。

【KAZの視点】SF映画のような空中でインプット動作が可能になるのも遠くはない?

【今日のダジャレ句】 キーボード 固定で動く 奇異なほど (>_<)

2020年9月26日 (土)

フランベ(No.5040)

202009171323590 風味や香りを閉じ込める調理法。

調理の最後にアルコール度数の高い酒を鉄板に落とし、一気にアルコール分を飛ばす調理法。

気化したアルコールに調理具の火が引火すると炎があがり、パフォーマンス要素もある。火を使わない鉄板焼きの場合はライター等で着火する。真っ赤な炎が高く上がり迫力満点、ライブ感もバッチシ。単に調理済みのものをサーブされるより、調理途中の様子をその場で見てからいただくと美味しく感じるものです。実際に自分の口に入ることをイマジネーションした後なのでそうなるのかも。その際このような非日常があると更に効果的。

【KAZの視点】延焼のリスクはまず無いのでしょうが、慣れるまで訓練が必要そう。

【今日のダジャレ句】 着火して 炎を見せる 魅せる技 (^_^)v

2020年9月25日 (金)

人感ミュージックバード(No.5039)

202009171132320 写真のようなおもちゃの鳥。

人感センサーが反応して鳥がさえずり、首が動く。様々なデザインがそろっている。

オブジェとしてデスクに飾ったり、クリップを使って好きな場所にとめたり、自由な楽しみ方ができる。童謡が6曲と、鳥の鳴き声が6パターン入っているとのこと。クリスマスシーズンにはサンタのような鳥のクリスマスバージョンが出回り、クリスマスソングを奏でるとのこと。通常は静かに停止しているものが、人が近寄ると音を発するのがミソ。いわゆる癒やし系の商品、子供や女性には人気かも。

【KAZの視点】落語を話したり漫才の相手になる”寄席バード”が出来れば楽しい。

【今日のダジャレ句】 人感で さえずり動く 敏感に

2020年9月24日 (木)

子供服簡易試着(No.5038)

202009171217350 子供服売り場にあった鏡と目盛り。

鏡の前に立つとおよその身長が分かり、試着品の品定めがしやすい仕組み。

子ども達は特に着替えるまでもなく、袋に入れたままで似合うかどうかを確かめるレベルで良い。但しある程度大きさの確認が必要、ということで鏡の前に立てばおよその身長を読み取れる。大人の試着室は空間確保が必要ですが、この場には不要、鏡くらいは壁に設置すれば良い。それではサービスとして不足感があるので考え出されたのかもしれません。水平スペースセービングをしつつ、壁という垂直スペースは活用している。

【KAZの視点】画像合成等デジタル技術により多彩化精度向上可能だがアナログが良い。

【今日のダジャレ句】 試着せず 身長測る 新調時 (>_<)

2020年9月23日 (水)

多機能ミキサー(No.5037)

202008201335550 一台七役のミキサー。

きざむ、おろす、する、まぜる、くだく、ひく、あわだあてる、の七つができる。

簡単、時短、コンパクトなミキサー。後片付けもラクちんで、お料理の面倒を解決。いろいろな食材もワンプッシュたったの10秒で下ごしらえができる。とPRされている。要は回転するブレードの形状の違いにより、調理に必要な機能を各種持たせることができる。類似品が各社から販売されているようですが、七役もこなすとはそれを聞いただけで凄いと感じてしまう。付属品の数を見ると収納スペースが必要でこれは難点かも。

【KAZの視点】一人七役の仕事がこなせ、後片付けが簡単な人材がいたらこりゃ凄い!

【今日のダジャレ句】 多機能な 調理の魅力 他器にノー

2020年9月22日 (火)

船の立体看板(No.5036)

202009210955460 店の前の駐車場に展示された看板。

廃船を切断した前半分が台座の上に設置され、切断部分に絵と文字が描かれている。

大井川港「浜料理、みなと家」さん前の駐車場で遭遇。船の舳先部分には小型のクジラ張り子が乗せられ、イルミネーションランプが巻かれており夜には更に目立つのかも。海の幸を提供するお店には漁船は象徴的なもの、船が陸に上がって展示されていればアピール効果は抜群。といって丸ごと展示するにはスペースが無いので、操舵室を残した前半分を採用したと思われます。元実物には大阪の道頓堀界隈の立体看板にも負けない力がある。

【KAZの視点】屋上に廃飛行機、店内に廃自動車を展示している類似発想の店もあるな。

【今日のダジャレ句】 廃船を 使う発想 排除せん

2020年9月21日 (月)

車中泊用防災バッグ(No.5035)

202008201536220 25点がセットになって売られている。

車中泊エアベッド(空気入れ付き)、プラカップ、歯ブラシ、ナイフフォークセット、等。

先日の台風では避難勧告が出ましたが、最近は自然災害の規模が大きくなっている。車を使って避難すれば、少々遠くても安全な場所を選べる。その際、車中泊ができれば選択肢は広がるわけで本製品はそのニーズに応えるものといえます。一般的なもの以外に、アルミブランケット、ラバー手袋、保温保冷トートバッグ、折りたたみバケツなども入っている。実際に体験した方の意見も参考にして内容物を選定したのでしょうか。

【KAZの視点】歯磨き粉や電池は別売となっているのは理解できるが工夫の余地あり。

【今日のダジャレ句】 車中泊 防災避難 ゴーサイン

«ご当地ラーメン大集合(No.5034)