2018年8月20日 (月)

ハッピーアイスクリーム(No.4380)

20180723124156アイスクリーム専用金属容器。

ホルダー(カップ)は二重構造、スプーンは形状に特徴がある。いずれも独特な色合い。

セットでも単独でも販売、元々のステンレスの色に着色された物は若干値段が高くなる。金属製品で有名な新潟県燕市の金属加工技術が生んだ製品。光の加減で茶色く見えたり黄色く見えたりするものや青や紫系の要素もあり、その独特な色合いが魅力的に思えました。いわゆるメッキ処理の一種と思われますが、薬品の調合や処理工程により生み出されるのでしょう。

【KAZの視点】入れるものの温度によって色合いが変化したらもっと価値が出る。

【今日のダジャレ句】 金属の 色合い変えて 満足し

2018年8月19日 (日)

三面ディスプレイ(No.4379)

20180719191373三種類の表示面を変化させられる。

三角柱を横方向に多数並べ、120度ずつ回転させると画面を変更できる。

東京ドームバックスクリーンで遭遇。ビールの広告が二種類あり、もう一面は緑色単色で何も広告の無い状況。タイミングをみて広告に切り替えると観衆の目に触れる機会が増える。やはり変化があると人は気を引きつけられる。上部のオーロラビジョンはその最たるもので動画表示さえ可能で注目される。その差は歴然ですが費用の差も想像に難くないです。

【KAZの視点】単純な広告でも、時折煙が出るような仕掛けをすれば注目されよう。

【今日のダジャレ句】 三面で 表示切り替え 全面に

2018年8月18日 (土)

kitoki(No.4378)

Kitoki写真のようなリフレッシュツール。

「木工バイタルセンシング型呼吸デバイス」と紹介されている。JTとの共同開発品。

ヒノキ材の本体を持ち、吸い口をくわえて呼吸する。精神性発汗検出センサーがリラックス状態になったことを検出して振動で知らせてくれるらしい。JTの若手メンバーが「新しい嗜好品」を考える活動として開発したもの。「呼吸と所作が心を安定させる」との仮説に基づき、それを振動により知らせる機能を付けたようです。いやはや凄いものがあるなとビックリです。

【KAZの視点】タバコに代わる嗜好品として、電子タバコ以外の機器の開発が進む。

【今日のダジャレ句】 呼吸して 安定はかる 訴求して

2018年8月17日 (金)

いろはきんつば(No.4377)

2018072320写真のような手作り作業。

手前の「あんこ団子」を「白色の液体」に浸けた後放置、これを鉄板上で焼き上げる。

結果として「円柱型のきんつば」が出来上がる。過去に見た四角いきんつばの手作り作業は、液体に一面ずつ浸けては焼く動作を繰り返して衣を厚くしていました。本作業はかなりシンプルで効率化している。鉄板に乗せる際の方法が面白く、下方に向かって投げつける。垂直方向に力がかかり潰れて円柱形になる仕組み。それぞれの流儀があるのだなと感心しました。

【KAZの視点】外側の材料をシート状にしておきこれで包んでから焼く方式はだめか。

【今日のダジャレ句】 きんつばの 手作り作業 勤を継ぐ(>_<)

2018年8月16日 (木)

アルコールガジェット(No.4376)

20180720121208学習型アルコールチェッカー。

左が本体、これとスマホをIoTでつなぎ「学習型ガジェット」と位置づけている。

写真では分かりにくいですが、側面は簡易ディスプレイとなっていて、「30分経過後測定しよう」とか「酔いが覚めるまで○○分」とかの表示が出る。連動させたスマホには「過去のデータログ」とか「酔い覚めタイマー」などが表示される。要はデータを蓄積学習し、ユーザー用にパーソナライズされる。モノのインターネット化、IoTがこのような分野にも進出しているとは。

【KAZの視点】本人の行動状況を判断し本製品の使用を督促するAIガジェットが出る。

【今日のダジャレ句】 酒飲み時 酩酊するの 避けようね

2018年8月15日 (水)

VR体験(No.4375)

20180723143678VRによる疑似体験。

長野県野辺山の宇宙電波観測所とか、チリのアルマ望遠鏡を体験できる。

VRの特徴は首を振って上下左右好きな方向を見られること。テレビ等の映像ではこうはいかないので楽しさが倍増する。本企画で見られるものは通常は入れない観測所施設の映像とか、海外ツアー旅行では決していけない砂漠内の施設を見られるのが魅力。VR体験できるのはゴーグルの数で制約されるので大型スクリーンにも映像が出る。メトア銀座で遭遇。

【KAZの視点】私的な特殊端末で撮影中の現地映像をVR気分で見られるようになる。

【今日のダジャレ句】 疑似体験 ゴーグル着けて ぐるぐるゴー(>_<)

2018年8月14日 (火)

かぐや(No.4374)

20180723161298写真のような和菓子。

竹を使った容器に見せたプラスチック容器に入れたみつまめと栗小豆。

もしも竹をそのまま使ったら様々な大きさとか色合いとなり統一性が保てない。自動生産や大量生産するには、人工的に作った規格品がモノを言う。もちろん本物とは差がつくが、その分、形を自由にしたり色を変えたり細工が可能。写真の二種は同じ金型を使用し、プラスチックの色を変えただけで異なるものができ、作る側には好材料と分かる。

【KAZの視点】質感や香りをプラスチックに付与する技術が開発され本物に近づく。

【今日のダジャレ句】 竹容器 らしき商品 陽気だね

2018年8月13日 (月)

すがもんのおしり(No.4373)

20180720092253ご当地キャラのお尻の部分展示。

巣鴨地蔵通り商店街の入り口にある小屋に展示され、これを触ると恋が実るとか。

「すがもん」は巣鴨のご当地キャラで「鴨の国」からやってきた男の子の設定。黄色い大きなくちばしが特徴でぬいぐるみにもなっている。全体を展示せず、お尻の部分だけとし、そのふわふわ感触を味わってもらいつつ、触るとご利益があるとPRするのはうまい。地蔵通りはシニアの街として赤パンツ等が有名ですが、このような仕掛けも良く考えていると感心。

【KAZの視点】出世大名家康君の「うなぎ製のまげ」に触ると出世できるとかPRしたら。

【今日のダジャレ句】 すがもんの お尻にタッチ それカモン!

2018年8月12日 (日)

Kaze guru ma(No.4372)

20180719124525写真のようなオブジェクト。

カラフルで小さなな風車の軸にマグネットが付いており画鋲などにセットできる。

風車は和のイメージ、ちょっとした空気の流れができれば回転して目立つ。おもわず息を吹きかけたくなり、実際この展示台には息を吹き込んでみる仕掛けがある。写真やカードを飾ったり小さなオブジェとしても楽しめるとPRされていました。「made in Japan」とことさら強調されているのは、昨今アジア諸国で生産される製品が増えているせいでしょう。

【KAZの視点】材料を提供するキットとし、組み立て工程も楽しめる商品も良い。

【今日のダジャレ句】 風車 風が来るまで ちょっと待ち

2018年8月11日 (土)

ビズ広告(No.4371)

20180720094299時差BIZとキュウリビズが並ぶ。

左は東京都が仕掛けている混雑緩和、右はJA全農福島の売り込み宣伝の吊るし広告。

「クールビズ」は省エネを目指して薄着をしようというキャンペーンで定着している。それをもじって東北六県がキャンペーンに使ったのが「キュウリビズ」らしい。片や慢性的な都会の通勤ラッシュを解消するには利用時間帯の分散しかないという小池都知事の公約に基づく今年始まったキャンペーンを伝えるもの。左はそこそこビジネスに通じるが右は疑問。

【KAZの視点】他の地方のJAはこの時期ナスビズやトマトビズで対抗すれば良い。

【今日のダジャレ句】 キュウリビズ 夏を涼しく 急に売り(>_<)

2018年8月10日 (金)

ニューラビット(No.4370)

20180720135860写真のような脚立。

黄色い部分を握ると部分的に脚の長さが伸びて調節ができる便利な新製品。

フラットな場所で使っていると問題を感じないのですが、実際は障害物等の影響で斜めになってしまうことがある。そんな時個々の長さを調整すれば水平に置ける。最大31cm伸びる。黄色の握り部は左右二つに分かれており、両方同時に握れば左右の足が伸び、どちらか一方であれば一方の足が伸びる。なるほどうまい事を考えたなと感心します。

【KAZの視点】センサーとモーターが内蔵され自動で水平になる脚立も夢ではない。

【今日のダジャレ句】 脚立長 水平保ち きゃ!立つわ!

2018年8月 9日 (木)

鳥避け対策(No.4369)

2018072011写真のような設備。

電極の配線らしきが見られる、多分野生の鳥を寄せ付けないための装置。

都会ではカラスの被害が多いと聞きます。特に生ごみを出す際には注意が必要です。鳩のフン害も大変のようです、マナーを守れと言いつけても通じない。ということで鳥を近づけない工夫が随所でなわれている、ひとつは羽を休めて留まれる場所を無くすこと。他には微弱な電流を流して鳥に不快な思いをさせること、都会の屋上では人間の知恵が試されている。

【KAZの視点】摩擦がゼロの物質や、表面処理技術でゼロ化できれば対策になり得る。

【今日のダジャレ句】 鳥避けは 余計なことも 必要に

2018年8月 8日 (水)

床ワイパー洗浄(No.4368)

20180720132273最新型の自動洗浄設備。

右側の棚下部にあるノズルから洗浄水が吹き出し首を振って床全面を洗浄する。

水で洗浄後、「きれい除菌水」なる洗剤とは異なる成分の水で除菌するのがミソ。汚れの原因となる角質や皮脂汚れも洗い流すらしい。これにより腰をかがめて床面を掃除しなくても良い、浴室へ入る際の一歩が気持ち良い、等の恩恵が得られる。まあ浴室も進化するんだなと感心します。新築やリフォームの際には検討候補に挙がる機能でしょう。

【KAZの視点】垂直壁を登る機能を有する「風呂桶用ルンバ」が登場し普及する。

【今日のダジャレ句】 床洗浄 手作業不要 愉快だじょう

2018年8月 7日 (火)

メニュー翻訳(No.4367)

20180720155738写真のような端末によるサービス。

フードコートで外国人観光客が注文する行為を助ける仕組み。

タッチパネルで選択された言語を使い、フードコート内にあるお店とメニューの中から購入したい物を選ぶとその情報がプリントされる。この用紙をお店に持ち込めば所望の品が確実に食べられる。会計は個々の店で済ます方式。なるほど外国人にはありがたく、店の従業員にとっても日本語でプリントされた情報で確実に判断できる。ダイバシティーで遭遇。

【KAZの視点】将来的にはアプリをその場でDLして各自の端末が使えるようになる。

【今日のダジャレ句】 翻訳は 端末使い 倹約し

2018年8月 6日 (月)

花富士(No.4366)

20180723124233写真のような外観の花火玩具。

左の名称は「花富士」、右は「吹き上げる鯨花火」。上部に着火すると楽しめる。

花富士は地中から吹き上げる活火山のように炎と煙が激しく立ち上がる。途中で炎の状態が数回変化する。鯨花火も豪快に潮を噴き上げる鯨の様子を花火で表現しているようです。家庭で楽しむ花火として珍しくはないですが、単なる筒状の花火では無く、このような外観の紙細工で覆えば、見て楽しむ側のイマジネーションを味方に加えることができる。

【KAZの視点】怒ったオジサンの頭から噴き出す「怒り心頭」なんてのは面白いが。

【今日のダジャレ句】 花富士の 花火が噴火 鼻は無事(>_<)

2018年8月 5日 (日)

カップホルダー(No.4365)

20180719185722写真のようなホルダー。

ベンチをシンプルにするためシートの下に設置する。2シート分を1カ所にまとめる。

劇場等ではいろんなパタンがありますが、前のシートの背もたれや自席のひじ掛けに組み込むのが一般的。しかしこれはシンプルなベンチタイプなので上記の方式は無理、となるとこのように空いている空間を活用するアイデアが湧く。普通に座っていれば邪魔になることもなく、座席の下も座っている人専用の空間とみなせる。東京ドーム外野席で遭遇。

【KAZの視点】図書館等で机上に飲み物を置かせない手段として採用できるのでは。

【今日のダジャレ句】 カップ置き 空間活かし お気軽に

2018年8月 4日 (土)

PeasUSBハブ(No.4364)

20180719124720ユニークな形をしたUSBハブ。

豆を意味する「ピース」という名前のUSBの挿し口4つが付いたハブ。

パソコン周りをすっきり整理できる商品とPRされている。単にUSBソケットが並ぶ形態もありますが、このようなデザインなら生活を楽しめる。曲げて遊ぶとか手のひらマッサージに使うとか?子供の頃凹凸のついた球計のピースを繋げて輪にして遊んだことを思い出しました。これを使えばハッピーになるとしたらそれこそピース気分にしてくれるかも。

【KAZの視点】日常生活で使用する100Vのコンセントでも真似すれば良いのに。

【今日のダジャレ句】 豆形の ハブが連なり HAVE気分(>_<)

2018年8月 3日 (金)

ガンプラ設計体験(No.4363)

20180720162544設計疑似体験ができる。

ガンダムの部品を組み合わせたり、好きな色に着色してイメージを作れる。

「ガンダムベース東京」で遭遇。バンダイ社の製造工程の説明エリアにある。外国人を含む男の子たちが順番を待ちながらあれこれトライしていました。製造業では三次元CADが設計に使われますが、そのおもちゃ版といった感じ。自由に見る角度を変えて出来栄えを確認できたりパーツの色を変えるのは楽しい。将来のデザイナー養成に一役かうかもしれません。

【KAZの視点】女の子用にはリカちゃん人形の活動をデザインする機会が欲しい。

【今日のダジャレ句】 設計の 仮の体験 OKよ

2018年8月 2日 (木)

ヨッポギ(No.4362)

20180720182645写真のようなカップ食品。

自宅で簡単に食べられる韓国グルメ「トッポギ」、電子レンジで簡単に作れる。

中には短い棒状の餅と味付け用の粉末や液体ソースが入っている。これにわずかな水を加えチンするだけ。ちょうどよい硬さに出来上がり美味しくいただきました。韓国風の味付けで5種類あるらしい。カップ食品はヌードルを筆頭に様々なものが出てきます。食感として”もちもち”が人気ですが、元が餅なので間違いない。国を越えてカップ食品は花盛りです。

【KAZの視点】秋田の「きりたんぽ」などフリーズドドライ化してカップ食品にできないか。

【今日のダジャレ句】 トッポギの 即席カップ 足跡に

2018年8月 1日 (水)

車内液晶広告(No.4361)

2018072317荷棚上部の広告が液晶化している。

車内広告がずらりと並ぶスペースががらりと模様替えした気分になる。

山手線の新型車両E235系で遭遇。3年近く前から導入され、当初一編成のみだったものが昨年から投入が進み始めたとのこと。荷棚が従来より5センチ低く画面が見やすくなっているようです。宙吊り広告は残っており一安心?!一車両当たり最大36画面も液晶パネルを搭載し、「お客様、社会とコミュニケーションする車両」とされているようです。

【KAZの視点】紙のように薄い液晶シートが普及すれば宙吊り広告も液晶化する。

【今日のダジャレ句】 変化する 車内広告 しゃーないか(>_<)

2018年7月31日 (火)

ラクラクスマート水栓(No.4360)

20180720132418多機能洗面用台用の水栓装置。

手をかざすと水が出る自動水栓、「きれい除菌水」なるものが自動で出る機能等を搭載。

公共の洗面台では当たり前になった自動水栓が家庭用にも採用され、更に棚の下方には自動手元照明がついたり進化している。シンク部も微妙なスロープがつけてあり、排水の流れを良くしているらしい。まあ、あれこれ考えて機能を増やしていると感心します。除菌水なんて出なくても不便は感じないですが、これが当たり前になる時代がくるのでしょうか。

【KAZの視点】洗面台の上部で口を開けると自動で歯を磨いてくれる装置もつくかな。

【今日のダジャレ句】 水栓に あれこれ付いて 推薦し

2018年7月30日 (月)

亀の噴水(No.4359)

20180720181804写真のような噴水。

噴水というより噴霧といった感じ。上から見ると長円形で亀の形をしている。

甲羅内に整列配置された多数のノズルから、統制されたタイミングで霧状の水が吹き出す。通常の噴水と異なり水を貯める部分が無く、噴き出したものは周囲を湿らせたり空中に吸収される。街中には頭上から霧を吹き通行人を涼しくさせる仕組みが多数見られる。同様の効果があり、現在のような酷暑の夏にはありがたい存在だが冬はどうか。カレッタ汐留で遭遇。

【KAZの視点】粒の小さな氷を噴き出す「噴氷」を作っていただくとありがたい。

【今日のダジャレ句】 噴水に 甲羅があるが 凍らない(^_^)v

2018年7月29日 (日)

かっとばし隈取り箸(No.4358)

20180723102163くまどり屋一門とのコラボ商品。

箸の上部にくまどりマークがついている。折れたバットのリサイクル品。

箸の上部はバットの形をしてユニークさを強調している。売り上げの一部はバット用の木の育成に使われるとのこと。外国人用の土産を意識して左側に英語の説明がある。それには「日本語のHASHIは、BRIDGEの意味もあるのでこのギフトは愛する人に幸せをもたらします」とあり、上手な売り込みだと思いました。歌舞伎座ショップにて遭遇。

【KAZの視点】古い枕木をチップ化して枕に使い、末端(はし)まで使っているとPRを!

【今日のダジャレ句】 かっとばし 飛ばした結果 カット端

2018年7月28日 (土)

体験型シアター「人工衛星の旅」(No.4357)

20180723140975所定の場所に立ちシアターを体感する。

ヘッドフォンを装着し映像を鑑賞、足元から映像に合わせた振動が伝わってくる。

人工衛星を乗せたロケットの発射映像を見ていると、ヘッドフォンの音以外に床からの振動がおこる。映像、音響、振動の三要素で紹介するシアターで臨場感が高まる。4DXという特殊映画館でも椅子からの振動や風、水滴等の効果により、リアリティーを増す仕組みがあります。そこまで本格的ではないものの実感がわく。METoA銀座で遭遇。

【KAZの視点】匂いを伝える技術はあるようで、次は味覚も含めた体験に期待。

【今日のダジャレ句】 体験は 身体で感じ 拝見し  

2018年7月27日 (金)

ロボット芝刈り機(No.4356)

20180720135460_2写真のような機械。

走行輪で移動しながらカッティング刃で芝を刈り揃える機能を有す。

家庭内ではロボット掃除機が人気、これは壁にぶつかると方向を変えて進むことで限られたエリアのゴミを吸引する。芝刈りとなるとエリアが広く、起伏もあるので複雑。GPSを内蔵し作業範囲をマッピングしながら芝の刈り残し領域を無くすらしい。時間や場所を問わずに稼働させられる。安全対策として衝突センサーやリフトセンサーが付いている。

【KAZの視点】ホテルや駅での床磨き作業も専用ロボットにより行われるようになる。

【今日のダジャレ句】 芝刈りを 無人でこなす 意志ばかり

2018年7月26日 (木)

都市対抗野球の応援(No.4355)

2018071919社会人野球における応援合戦。

応援席の前に特設ステージが設けられ、応援団員により統率される。

都市対抗野球には高校野球やプロ野球には無い独特の雰囲気があります。特に応援合戦が最たるもので、各チームのオリジナリティーを出した対抗合戦となる。男性団員と女性団員のパフォーマンスの違いは楽しい。写真はJR西日本チームの様子で、時折白煙が上る。ヤマタノオロチの張り子が登場しこれを退治するパフォーマンスもありました。

【KAZの視点】攻撃側時のみのパフォーマンスで、サッカー競技への適用は難かな?

【今日のダジャレ句】 応援に 趣向を凝らし 試行する

2018年7月25日 (水)

ホワイトボードテーブル(No.4354)

20180720131643写真のようなテーブル。

机上がホワイトボードになっており水性マーカーで容易に書いたり消したりできる。

コミュニケーションの場で話の論点を整理したりする場合に、白板や模造紙での記録、あるいは見える化は効果的です。机と白板を合体させれば、参加者全員で書いたり消したりできて効率的かもしれません。またこの商品はかなり高さを変えられるので、今時流行の立ったままのミーティングにも使える。一部円弧状にカットされているのも面白い。

【KAZの視点】床一面をボード化し、杖状の長い筆記具と靴底イレーザーを使うのは?

【今日のダジャレ句】 白板を 机上に使い 気丈だね

2018年7月24日 (火)

打ち水日和(No.4353)

2018072310打ち水をするイベント。

東京都が推進中、各団体にイベント的に実施することを呼びかけている。

打ち水は昔の方の知恵、「江戸の知恵、東京のおもてなし」とPRしながら意識アップを狙う。写真は昨日歌舞伎座前で遭遇、通りがかりの人が見つめる中、柄杓を使って乾ききった路面に打ち水をしていました。団体に参加申請してもらう、見た人にはSNSで情報を拡散してもらう、等、東京都は地道にはたらきかけている。それにしてもこの酷暑、何とかならないものか。

【KAZの視点】会話中”暑い”を発しない、マスコミは暑さに関する報道を最低限に!

【今日のダジャレ句】 打ち水で 熱気冷めれば うちわ見ず

2018年7月23日 (月)

電動インフレーター(No.4352)

20180614145437電動式空気入れ。

いくつかの部品がセットして売られている。本体、エアチューブ、ノズル、等。

充電器がついており家庭用充電器や車の充電器で充電できる。空気を入れる対象はタイヤ、ゴムボート、浮き輪、ボールなどの身の回りの商品が可能。希望の空気圧を設定しスイッチを入れると数分で充填を完了して自動的に停止する優れもの。LEDやバックライトが付いているので夜間でも使える。子供用プールなどへの需要が高まっているように感じます。

【KAZの視点】身の回りに空気を入れて使う物が増えこの商品のニーズが高まる。

【今日のダジャレ句】 空気入れ 需要が増せば 資金要れ

2018年7月21日 (土)

外貨両替機(No.4351)

20180625131395写真のような機械。

空港ではお目にかかりますが街中でもよく見かけるようになった。

訪日外国人数は年々増えており、毎月200万から250万人に上るらしい。となるとニーズが高まり設置が増えるのは道理。利用者の変動は避けられず人手で対応するのは非効率、となれば投資費用はかさんでもこのような自動機に頼りたくなる。通常の自販機等とは異なり、お金が商品みたいなものなのでセキュリティー対策はかなり高度と想像されます。

【KAZの視点】電子マネー化が究極まで進み現金が不要となれば、この設備も不要。

【今日のダジャレ句】 両替機 費用がかかり 量が益

«ベビー飲料(No.4350)